わんたす|無添加ドッグフードと犬の健康のお悩み解決

無添加ドッグフードと犬の健康のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし

市販のドッグフードは危険
「無添加ドッグフード」と言っても本当にたくさんあって、どれが良いのか悩みますよね?

あなたがどんな点を重視するのか?によって選ぶべきフードは変わってきます。

そこで、「国産」「安い」「市販で安全なもの」「グレインフリー」「低カロリー」「子犬用・シニア用」など、色々な切り口で無添加ドッグフードをご紹介します♪

当サイト管理人(犬)の「わんたす」です。このサイトでは、無添加ドッグフードや犬の健康について、ドッグヘルスアドバイザーが解説しています。管理人プロフィールはこちら

【超重要】ペットフード安全法の「無添加」と「国産」とは?

まず始めに、ペットフード安全法で定義されている「無添加」と「国産」の定義についてお伝えします。

この定義を理解しておかないと、本当の意味での「無添加」「国産」フードが選べないからです。

その「国産ドッグフード」は本当に「国産」なの?
ドッグフード

ドッグフードの原産国の定義ですが、ペットフード安全法では最終加工をした国を原産国とするように定められています。

だから、中国や韓国で製造して最終的な加工だけを日本で行い「国産」と表記してるドッグフードもありますから注意が必要です。

近所のスーパーやコンビニやホームセンターで販売されている格安国産フードは、実は中国の工場で製造されたものかもしれませんよ?

この「国産」の定義について詳しくは、こちらの記事をご覧下さい↓
「国産」「無添加」ドッグフードに注意!2つの問題点と危険な添加物とは?

    • 中国や韓国の工場で製造しても、日本国内の工場で最終加工すれば「国産」と表記できるんだよ!「原材料が国産」という意味ではないから注意してね!

その「無添加フード」は本当に「無添加」なの?キャリーオーバーって?
吐いてる犬

ペットフード安全法では、原材料自体に強力な添加物をいれてもそれを表示する義務はありません。

ですから、ペットフードの原材料表を確認して化学合成された添加物が記載されてなくても、実際には原材料自体に含まれている可能性があります(これをキャリーオーバーと言います)

例えば、低価格のフードによく使われる「動物性油脂」や「チキンミール」は自然界でそのまま存在するわけではありません。

この「動物性油脂」や「チキンミール」という「原材料そのもの」を製造する必要があるわけです。その原材料の製造過程で、どれだけ強力な添加物を使用しても、それを表示する義務はありません!

ですから、ドックフードの原材料表に酸化防止剤や着色料が表示されてなくても、実は原材料の製造過程(原材料自体)で添加物として使われている可能性があります。

※「キャリーオーバー」と「国産」表示については、こちらの記事をご覧下さい↓
「国産」「無添加」ドッグフードに注意!2つの問題点と危険な添加物とは?

    • 原材料自体(動物性油脂やチキンミールなど)に強力な添加物をいれても、表示義務はないよ!

ですから、このような現状を踏まえて、このサイトでは「無添加」や「国産」と表記のあるドッグフードについては、このように考えています。

国産について

最終加工した工場の場所(国)だけでなく、原材料の原産地まで日本産なのか?詳細に調査します。

無添加について

化学添加物が入っていないフード、さらにキャリーオーバーが無いか?原材料の詳細まで調査します。

本当の意味での「無添加」と「国産」にこだわって選んでるよ!

おすすめの無添加ドッグフードを比較

「無添加ドッグフード」と言っても、どんな点を重視するのか?によって選ぶべきフードは変わってきます。

当サイトでは、あなたのニーズに合った無添加フードを探すために色々な切り口でご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

まずは、総合的におすすめの無添加ドッグフードをご紹介します。

リズムドッグフード
おすすめ度:(4.5)
リズム

・体脂肪計タニタの元会長・谷田大輔さんがプロデュース
・魚が主原料でヘルシー
・総合栄養食としての基準をクリア
・穀類不使用(グレインフリー)
・1日当たり310円(体重10kgの柴犬の場合)
・返金保証がある

評価項目評価
採点:10点満点
◎=2,◯=1,△=0,×=-1
7/10点
良質なタンパク質
主原料として良質の肉が使用されているか?
無添加
合成保存料や合成着色料など人工的な添加物が含まれないか?
ヒューマングレード
人間でも食べられるか?
栄養素
犬に必要な栄養素が十分に摂取できるか?
価格
継続して購入できる価格か?
いぬひかり
おすすめ度:(4.0)
いぬひかり

・人間用国内食品工場で製造(熊本県玉名市)
・100%無添加。化学添加物だけでなく、天然由来の保存料(ローズマリーなどのハーブ)も含みません
・100%国産原材料(九州産若鶏が主原料)
・野菜や雑穀など全粒穀物(玄米・黒米・ハト麦など)も豊富
・1日当たり267円(体重10kgの柴犬の場合)

評価項目評価
採点:10点満点
◎=2,◯=1,△=0,×=-1
7/10点
良質なタンパク質
主原料として良質の肉が使用されているか?
無添加
合成保存料や合成着色料など人工的な添加物が含まれないか?
ヒューマングレード
人間でも食べられるか?
栄養素
犬に必要な栄養素が十分に摂取できるか?
価格
継続して購入できる価格か?
アランズナチュラルドッグフード
おすすめ度:(3.5)
アランズナチュラルドッグフード

・10種類だけのシンプルな原材料だけのナチュラルフード
・100%無添加
・生ラム肉(生後12ヶ月未満の子羊)を55%も使用
・玄米・全粒大麦・ハーブ・野菜も含み、オメガ3・6脂肪酸まで入って栄養十分。
・1日当たり248円(体重10kgの柴犬の場合)

評価項目評価
採点:10点満点
◎=2,◯=1,△=0,×=-1
7/10点
良質なタンパク質
主原料として良質の肉が使用されているか?
無添加
合成保存料や合成着色料など人工的な添加物が含まれないか?
ヒューマングレード
人間でも食べられるか?
栄養素
犬に必要な栄養素が十分に摂取できるか?
価格
継続して購入できる価格か?

「国産」の無添加ドッグフード

海外産でも品質の高いフードはたくさんありますが、やはり国産(日本産)フードの人気は高いです。

国産と海外産の最大の違いは、流通経路です。

海外産フードは赤道付近ルートを通る船のコンテナに載せる事が多いので、対策をしてないフードは酸化する可能性が高いです。

国産は日本で製造してそのまま国内の飼い主さんのもとへ届きますから、品質の劣化(酸化)の心配はほとんど無いですね。

いぬひかり
おすすめ度:(4.5)
いぬひかり

・人間用国内食品工場で製造(熊本県玉名市)
・100%無添加。化学添加物だけでなく、天然由来の保存料(ローズマリーなどのハーブ)も含みません
・100%国産原材料(九州産若鶏が主原料)
・野菜や雑穀など全粒穀物(玄米・黒米・ハト麦など)も豊富
・1日当たり267円(体重10kgの柴犬の場合)

評価項目評価
採点:10点満点
◎=2,◯=1,△=0,×=-1
7/10点
良質なタンパク質
主原料として良質の肉が使用されているか?
無添加
合成保存料や合成着色料など人工的な添加物が含まれないか?
ヒューマングレード
人間でも食べられるか?
栄養素
犬に必要な栄養素が十分に摂取できるか?
価格
継続して購入できる価格か?
このこのごはん
おすすめ度:(3.5)
このこのごはん

・愛犬の「涙やけ」「におい」「毛並み」が気になる方
・九州産の鶏肉(ささみ・レバー)が主原料
・北海道産の鹿肉、静岡県産のまぐろ肉など良質のタンパク質と脂質が豊富
・玄米・大麦など全粒穀物も使用
・人間用国内食品工場で製造
・獣医師推薦
・総合栄養食の基準をクリア
・1日当たり432円(体重10kgの柴犬の場合)

評価項目評価
採点:10点満点
◎=2,◯=1,△=0,×=-1
7/10点
良質なタンパク質
主原料として良質の肉が使用されているか?
無添加
合成保存料や合成着色料など人工的な添加物が含まれないか?
ヒューマングレード
人間でも食べられるか?
栄養素
犬に必要な栄養素が十分に摂取できるか?
価格
継続して購入できる価格か?

「安い」無添加ドッグフード

現在更新中です。

「グレインフリー」の無添加ドッグフード

グレインフリー
穀物アレルギーのわんちゃんは多く、穀類不使用(グレインフリー)は非常に人気があります。

スーパーやホームセンターなどの市販の格安ドッグフードは、主原料に穀類(小麦・とうもろこしなど)を使う事でコストを安くおさえています。

しかし、小麦やとうもろこしは炭水化物含有量が高く、ペットの肥満・糖尿病その他の健康問題の原因と言われています。

これは人間でも同じですよね。小麦や米などの高GIの穀類をさけて、玄米・大麦などの低GIの全粒粉穀類が注目されています。

そもそも、犬は穀類(炭水化物・でんぷん質)を消化する酵素(アミラーゼ)がほとんどありません。だから、穀類の消化は苦手です。

リズムドッグフード
おすすめ度:(4.5)
リズム

・体脂肪計タニタの元会長・谷田大輔さんがプロデュース
・魚が主原料でヘルシー
・総合栄養食としての基準をクリア
・穀類不使用(グレインフリー)
・1日当たり310円(体重10kgの柴犬の場合)
・返金保証がある

評価項目評価
採点:10点満点
◎=2,◯=1,△=0,×=-1
7/10点
良質なタンパク質
主原料として良質の肉が使用されているか?
無添加
合成保存料や合成着色料など人工的な添加物が含まれないか?
ヒューマングレード
人間でも食べられるか?
栄養素
犬に必要な栄養素が十分に摂取できるか?
価格
継続して購入できる価格か?
カナガン
おすすめ度:(4.5)
カナガン

・平飼い(地面を自由に走り回れる育て方)チキンが主原料
・平飼いチキンなど動物性原材料が60%も使用
・野菜やハーブなどが40%
・穀類不使用(グレインフリー)
・粗タンパク質は33%と子犬に十分
・カロリーは361.25kcal/100gと運動量の多い子犬でも問題無し
・1日当たり233円(体重5kgの柴犬子犬の場合)

評価項目評価
採点:10点満点
◎=2,◯=1,△=0,×=-1
7/10点
良質なタンパク質
主原料として良質の肉が使用されているか?
無添加
合成保存料や合成着色料など人工的な添加物が含まれないか?
ヒューマングレード
人間でも食べられるか?
栄養素
犬に必要な栄養素が十分に摂取できるか?
価格
継続して購入できる価格か?

「市販」の安全な無添加ドッグフード

現在更新中です。

「低カロリー」の無添加ドッグフード

現在更新中です。

サンプルやお試しのある無添加ドッグフード

現在更新中です。

安全なドッグフードメーカー

現在更新中です。

主原料別の無添加ドッグフード

現在更新中です。

ラム(羊)

鹿肉

馬肉

症状別の無添加ドッグフード

現在更新中です。

涙やけ

心臓病

年齢別の無添加ドッグフード

ここからは、年齢別のフードについて解説します。可能な限り、年齢にあったフードを与えてくださいね。

人間でも、成長期の中学生・高校生と70歳の高齢者では食事の量と質は違いますよね?それと同じです。

子犬・パピー用


生後1歳未満の成長期の子犬にとって重要な栄養素は、筋肉や骨をつくるための「たんぱく質」です。

生後1歳未満の子犬は急激に体(筋肉や骨など)が成長するので、肉や魚などのたんぱく質がたくさん必要です。

しかし、子犬はまだ胃や腸などの消化器官が未発達で、しかも元気で運動量も多いです。

だから、高カロリーで消化が良くて良質のたんぱく質が主原料の無添加ドッグフードが必要です。

カナガン
おすすめ度:(4.5)
カナガン

・平飼い(地面を自由に走り回れる育て方)チキンが主原料
・平飼いチキンなど動物性原材料が60%も使用
・野菜やハーブなどが40%
・穀類不使用(グレインフリー)
・粗タンパク質は33%と子犬に十分
・カロリーは361.25kcal/100gと運動量の多い子犬でも問題無し
・1日当たり233円(体重5kgの柴犬子犬の場合)

評価項目評価
採点:10点満点
◎=2,◯=1,△=0,×=-1
7/10点
良質なタンパク質
主原料として良質の肉が使用されているか?
無添加
合成保存料や合成着色料など人工的な添加物が含まれないか?
ヒューマングレード
人間でも食べられるか?
栄養素
犬に必要な栄養素が十分に摂取できるか?
価格
継続して購入できる価格か?
オリジン(Orijin)パピー
おすすめ度:(4.0)
オリジンパピー

・鶏肉と七面鳥が主原料
・鶏肉・七面鳥・全卵・天然魚などの動物性原材料を85%も使用
・粗タンパク質は38%と子犬に十分
・穀類不使用(グルテンフリー)
・396kcal/100gと運動量の多い子犬でも問題無し
・1日当たり306円(体重5kgの柴犬子犬の場合)
・全額返金保証あり

評価項目評価
採点:10点満点
◎=2,◯=1,△=0,×=-1
7/10点
良質なタンパク質
主原料として良質の肉が使用されているか?
無添加
合成保存料や合成着色料など人工的な添加物が含まれないか?
ヒューマングレード
人間でも食べられるか?
栄養素
犬に必要な栄養素が十分に摂取できるか?
価格
継続して購入できる価格か?
公式サイト
デイリースタイル(子犬用)
おすすめ度:(4.0)
デイリースタイル

・鹿肉が主原料でヘルシー
・獣医師が開発
・粗タンパク質は33%と子犬に十分
・400kcal/100gと運動量の多い子犬でも問題無し
・1日当たり369円(体重5kgの柴犬子犬の場合)

評価項目評価
採点:10点満点
◎=2,◯=1,△=0,×=-1
7/10点
良質なタンパク質
主原料として良質の肉が使用されているか?
無添加
合成保存料や合成着色料など人工的な添加物が含まれないか?
ヒューマングレード
人間でも食べられるか?
栄養素
犬に必要な栄養素が十分に摂取できるか?
価格
継続して購入できる価格か?

子犬のドッグフードの選び方については、こちらの記事にまとめていますので、ぜひごらんください↓

>>生後3ヶ月~6ヶ月~1歳未満の子犬のドッグフード選び3つのポイント

シニア・老犬用

老犬フレンチブルドック
犬もシニア期になると基礎代謝と消化能力が低下します。

ですから、消化の良い良質のたんぱく質が主原料で、カロリーの低いフードが必要です。

老犬・シニア犬のドッグフードの選び方については、こちらの記事にまとめていますので、ぜひごらんください↓

>>7歳以上の高齢犬に与えるドッグフード選び3つのポイント

迷ったらコレ!おすすめランキング

タニタ会長プロデュース・無添加ドッグフード

[特集記事]

売れ残った犬はどうなるの? 市販のドッグフードは危険

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ