わんたす|犬の健康とドックフードのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

トイプードルがドックフードを食べなくなった発端は病気(腎不全)でした

トイプードル
はじめまして。私は主人と5歳の息子の3人家族で、2匹のトイプードルを飼っている33歳の主婦です。トイプードルはそれぞれオスとメス、2匹とも5歳です。それまで与えていたフードは小型犬用の小粒のドライフードでした。

食べなくなったのはメスの方で、病気がきっかけでした。昨年6月に腎不全を患い、1週間ほど入院しました。入院当初は検査結果もひどい数値で、獣医さんに「覚悟しておくように」と言われたのです。

奇跡的に持ち直しましたが、点滴のみで過ごしていたためなかなか食べ物は受け付けず、造血ホルモンに異常があるため酷い貧血状態でした。

それでも薬を処方してもらい、「レバーなど鉄分の多いものを食べさせるように」と指示をいただき、なんとか退院はできました。

ネットで犬用の手作りご飯のレシピを調べてレバーを買い込みました

それから早速、肉屋に行って新鮮なレバーを買い込みました。湯がいて細かく刻んだレバーは食べてくれましたが、それ以外のものは食べないのです。

それ以外にあげたものは、子犬の時にあげたようなドックフードをお湯でふやかしたもの。ペットミルクの粉末をかけたりをもしましたが、食べてはくれません。

肉だけでは栄養が偏るのでは?と思い、なんとかドックフードを食べてくれないかと刻んだレバーと混ぜてみたりもしました。しかし、少し大きめなレバーを拾って食べるだけで、細かくフードと混ざっているレバーは食べ、純粋にレバーしか食べてくれない日が続きました。

なんとか栄養が偏らないようにと、WEBで犬用の手作りご飯のレシピを調べてみたりもしましたが、なかなかレバー以外のものは食べてくれませんでした。そして、レバーなら、食べられる量は徐々に増えていき、なんとか回復しているのだと実感できることが心の支えでした。しかし、その一方で「このまま一生レバーしか食べなかったらどうしよう」と不安に感じていました。

藁にもすがる思いで奮発して缶詰のウェットフードを与えました

そんなとき、昔オスの方が体調を崩していた際に、缶詰のウェットフードを食べさせていたことを思い出しました。少ししか食べられないので、少しでも食欲のわく物をあげようと、当時の我が家としては奮発し、初めて缶詰のフードを買ったのです。

その時の食いつきがとてもよく、2匹とも大喜びで食べていたのを思い出したのです(メスの方は当時体長は悪くなかったのですが、やきもちを妬かれないように2匹とも与えていました)。

「ドライフードをふやかしたり、素人の私がレバーに野菜を混ぜたりしてみるより、最初から栄養バランスと美味しさを考えて作られた缶詰の方が、この子たちにしてみたら美味しく感じるかもしれない。食べてくれるかもしれない」と、再び缶詰を購入しました。

藁にもすがる思いでした。無事、食べてくれた時、とてもホッとしたことを今でも覚えています。

缶詰フードとレバーを混ぜました

それ以来、今まで与えていたレバーと同等程度の量の缶詰のフードを食べさせることに。食後のデザートにレバーという感じで与えていき、食事量も順調に増えていきました。

通院して検査も何度かしましたが、そのたびに検査結果もよくなっていき、貧血も治まっていきました。貧血が治まってからは、レバーの量や回数を減らしていき、ウェットフードに徐々に今までのドライフードを混ぜていくようにしました。

最初はドライフードは残していましたが、食欲は戻っているため、根気よく混ぜ続けたらそのうち完食するようになってくれたのです。

栄養バランスを考えた食生活

その後、徐々にドライフードの割合を増やしていきましたが、まだ完全にはドライフードに戻れません。しかし、よかったこともあります。

この病気になるまで、留守番させる際はドライフードと何種類かのおやつをあげて留守番させていました。だけど、ウェットフードをあげるようになってからは、フードだけで喜んで食べてくれるようになったのです!

今までの「ドライフード+おやつ」より「ドライ+ウェット、でもフードのみ」のほうが、栄養バランスを崩さずに済みそうです。

今では、食欲も健康状態も落ち着いているます。なので、この子たちの食生活はこのまま完全にドライフードに戻さなくてもいいかなとも考えています。要は、健康でいてくれればいいのですから。

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ