わんたす|犬の健康とドックフードのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

8歳になるチワワちゃんがドックフードを食べない。嗜好の変化には穀物不使用と手作りを混ぜてます

チワワ
私は、旦那と一人娘と暮らしながら、8歳になる愛犬のチワワを飼っています。以前は、ペットショップでごく普通のCMでよくみかけるドッグフードを買っていました。

なるべく国産のもので、保存料は入ってないもの。ということくらいしか気にしていなかったのですが、最近チワワちゃんの食欲が落ちてきました。

もともと胃腸が弱いほうで、吐きやすい体質ではありました。今までは朝、夜と食べていたのですが、朝は食べず、夜もちょっと食べるけど残すようになったのです…。

それが2日も続き心配していたら、今度は夜も食べなくなってしまいました。おやつも食いつきが悪く、いつもだったら大喜びで食べるチーズも、少しかじってやめてしまうので、とにかく心配になり急いで動物病院へ行きました。

血液検査もしましたが病気はみつからず。ネットで調べて手作りしてみたところ…

病院では、血液検査と触診をしましたが、特に大きな病気はみつからず、獣医さんからは「年齢や季節的なものもあるのかもしれないね。」ということでした。

確かにここのところ急に冷え込んできたし、チワワちゃんももう8歳。人間だと44歳の年になるので、食の変化が現れる頃なのかなと思い、ドッグフードを変えてみることにしました。

食べない日が3日になり、さすがにまずい…と思いました。そこで、鳥のささみを茹でたものをあげてみたところ少しだけ食べました。

手作りのほうが良いのかな?と思い、ネットで調べて鳥胸肉とキャベツにんじんを茹でたものをあげてみたところ、ゆっくりですが全部食べてくれました!嬉しかったです。

ドックフードの穀物が原因でアレルギーや肥満になる可能性もある

これから全部手作りするのは大変なので、どんなドッグフードが良いのかわからず、ネットで調べることにしました。すると、消化力の弱いワンちゃんには穀物不使用のグレインフリーというドッグフードが良いということが分かりました。

穀物不使用とは、小麦やとうもろこし、米などのことをいうそうです。また、穀物が原因でアレルギーや肥満になる可能性もあるらしく、ドッグフードには普通に入っているということでした。

今まで食べていたものの原材料をみてみると、思いっきり穀類(トウモロコシ、小麦粉)が入っていました。さらに、犬は唾液中に消化酵素のアミラーゼが人間のようにたくさん入っていないので、穀物を消化し辛い体のつくりになっているそうです。

ただでさえ消化力が弱かったチワワちゃん、高齢になりさらに消化力が弱ってるとしたら、穀物入りのドッグフードはしんどかったのかもしれません。

食事の様子をみながら上手に変えてみよう

それからは、ペットショップで穀物フリーのドッグフードを探しました。やはり値段がお高いです。食べるかわからないという状況なので、できればサンプルのようなものがあったらよかったのですが、なかったので、ちょっと悩んみましたが購入してみることに。

カリカリだけだと抵抗があるみたいなので、手作りのフードと混ぜてみました。すると、少しづつですが、食べてくれました。

わんちゃんも年齢で食が変わるようなので、これからも食事の様子をみながら、上手に変えていけたらいいなと思います。

サイトマップ