わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

病気じゃないのに食べない時はドッグフードの質に注意しよう

雑種
私は、デザイナーの仕事をしている29歳女性です。現在は実家住まいで、父と母と妹と共に暮らしています。

ペット可のマンションで8歳になるオスの雑種犬を飼っています。そんな愛犬が4歳の時、突然ドッグフードの食いつきが悪くなったのです。

これまで普通に食べていたのでとても心配になりました。そのとき与えていたドッグフードは、ペットショップで購入した国産のものです。

栄養バランスが良いのかなという理由で選んでいました。

病気が心配になり病院に行きましたが

与えていた当時は知らなかったのですが、そのドッグフードにはBHAなど発がん性が指摘される防腐剤が配合されていたり、穀物配合量が多かったりする事を後から知りました。
犬の食欲が落ちてしまったとき、まずは病気が心配になったので動物病院を受診しました。検査をした結果、どこも悪くなく病気ではないとのことで安心しました。

でも、病気ではないのにどうしてドッグフードを食べなくなってしまったのか?とういう疑問が残りました。

そこで獣医さんに相談したところ、与えているドッグフードの質が問題ではないかということを言われたのです。

化学的な防腐剤や犬がアレルギーになりやすい原料が配合されていました

食べなくなってしまったドッグフードには、化学的な防腐剤や犬がアレルギーになりやすい原料が配合されていました。

こういったものを摂取し続けることで、病気というほどではなくても犬の体調が悪くなってきたのではないか、そして本能的に避けて食べなくなってきたのではないか、とのことです。

そこで、もっと健康によさそうなドッグフードを探してみるこにしました。

犬の健康を考えた質のよいドッグフード

調べてみたところ、発がん性が指摘されている成分や人間が食べられないような原料を使ったドッグフードがドラッグストアなどでは普通に売られていることを知りました。

本当に質がよいドッグフードは、通販でないと手に入れるのは難しいそうです。

通販で調べてみると、人間が食べられるような原料を使用していたり、穀物不使用だったり、化学的な防腐剤を使用していないものが見つかりました。

口コミを見ると「食いつきがよくなりました」というものがあります。これは期待できそうだ!と思い、さっそく購入しました。

愛犬に長生きしてもらうために

質がよいドッグフードは費用が高いので、食べてくれなかったらもったいないなという気持ちがあったのですが、愛犬は喜んで食べてくれました。

やはり、質がよいものだと味やにおいが違うのでしょうか。ドッグフードの質には気をつけないと…とこのときの経験で感じました。

ドッグフードを安さで選んでいるのなら、犬の健康を考えた質のよいドッグフードに変えることをおすすめします。

食いつきが悪くなくても、質が悪いものを与え続けていると犬の健康が心配です。愛犬に健康に長生きしてもらうためにも、ドッグフードの質に気をつけてみてください。

[合わせてよく読まれている記事]

愛犬がドッグフードを食べない!対策と子犬・成犬・老犬別の工夫とは?

【閲覧注意】市販のドッグフードは危険!マスコミが絶対に報道しないドッグフード業界の闇とは!?

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ