わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

病院やペットショップで推奨しているドックフード=「品質が良い、安心である」ではないんだなあと実感しました

パグ
私は旦那と2人暮らしの37歳事務員です。現在、パグ犬(オス・4歳)を飼ってます。うちに来てから1年ほどで、穀物アレルギーであることが発覚しました。

それまであげていたのは、世界的に有名なメーカーのフードです。動物病院にもよくサンプルで置いてありますし、譲り受けたブリーダーさんからも薦められたものでした。

何より味が気に入ったのかすごく食いつきがよかったし、お腹も丈夫だったのでフードについての心配は特にしていなかったのです。

穀物アレルギー発覚にともないフードの成分を確認

しかし、アレルギー発覚にともないフードの成分を確認したところ、しっかり穀物が入っていました。ちなみに原産国はフランス、原材料は米、肉(鶏・七面鳥)動物性脂肪、加水分解動物性タンパク、植物性繊維、ビートパルプ、魚油、大豆油、フラクトオリゴ糖、ルリチシャ油など。

あとから調べてわかりましたが、動物性脂肪や加水分解動物性タンパクなどはかなり危険な成分です。結構いろいろな危険な物質が入っていました。特に油類が…。言われてみれば、フード自体が少し脂っぽかった気がします。あと匂いが脂くさかったような…?

でも何より気になったのが「BHA」、「没食子酸プロピル」、「ソルビン酸カリウム」など耳慣れない成分です。調べてみたところ、「発がん性がある」と書かれており驚きました。

味が気に入らないのか食いつきがイマイチ

同じメーカーで穀物不使用のものもありましたが、添加物が心配だったので、ほかのメーカーのフードに替えることにしました。まず、試してみたのが市販の穀物フリーのフードです。

今までのものと見た目も匂いもかなり違いました。味が気に入らないのか食いつきがイマイチでした。そのうち残すようになってしまったので、他のメーカーのものに替えてみましたが改善せずでした。

いくつかのフードを試しましたが、食いつきが良くなりません。なので、鶏のささみや胸肉をゆでたものをトッピングしてみたところ、やっと食べてくれるようになりました!

しかし、依然としてフードの味は気に入らない様子。トッピングの肉だけ食べてフードを残すこともしばしばありました。そのうち、もともとお腹は丈夫だったのに頻繁に壊すようになってしまいました。トッピングの肉がいけないのかな?消化に良くないのか?整腸剤を与えながら様子をみつつ、どうすればいいだろう?と途方にくれていました。

穀物不使用のあるドックフードの試供品を与えたら‥

そんなとき、穀物不使用のフードを試供品でいただいたのです。もう、どんなフードも喜んで食べてくれないのではないか…と不安に思っていたのでが、すごく食いつきがよかったので「これだ!」と思いました。

最初はささみなどのトッピングを少量乗せていましたが、そのうちフードだけで食べてくれるようになりました。お腹も壊しません。「ああ、やっと…」とひと安心しました。

今は1年ちょっと、このフードにお世話になっており、病気もせず元気に過ごしております。添加物も少なく成分的にも安心できます。アレルギー発覚がなければフードを変えることもなかったし、添加物について知ることもなかったと思います。

病院やペットショップで推奨しているもの=品質が良い、安心である。ということではないんだなあと実感しました。アレルギーがなくても、将来のワンちゃんの健康のために、「添加物の少ないもの」「粗悪な原料を使っていないもの」を選ぶべきだと思います。

 

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ