わんたす|犬の健康とドックフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

キャバリア専用フードから無添加・高たんぱく・低脂肪のドックフードに切替

キャバリアキングチャールズスパニエル
私は34歳の夫と4歳の息子と8ヶ月の娘と一緒に暮らしている31歳専業主婦です。現在、飼っているのはキャバリアキングチャールズスパニエルの2歳の男の子です。

キャバリアは心臓病の発症率が極めて高い犬種なので、以前は心臓病や皮毛、瞳によい成分が含まれているキャバリア専用フードをインターネットで購入していました。

国産のチキンを使用しているものでしたが、コーンや小麦粉などの穀物もかなり含まれており、犬に必要なたんぱく質がやや少なめな配合だったのが気になっていました。

しかし、無着色・無香料のフードはうちのこはあまり好きではなく、食いつきはよくありません。また、キャバリアは太りやすく肥満になってしまうと、心臓にも悪いということもあり、このキャバリア専用フードを与えていました。

フードへの食いつきに悩んでいました

フードを変えようと思ったきっかけですが、ちょうどフードへの食いつきに悩んでいた時期の事です。今までは身体によいものだからと、何とか食べて欲しいと思っていました。
しかし、子犬の頃から美味しくなさそうに仕方なく食べているような様子を見て、いくら身体の為とはいえ可哀想に思ってしまいました。

そんな時、頼んでいたキャバリア専用フードが品薄状態になり、どこに注文しても在庫がないようで確保できなくなってしまった事がきっかけです。

ちょうど1歳半くらいの時でした。買い換える時は、「美味しく喜んで食べてくれるフード」「心臓に負担をかけにくく、たんぱく質がしっかり摂取できて低脂肪なフード」を基準に選びました。

これだ!というドックフードに出会うまでに何十種類と試しました

せっかくの犬生を毎日まずい食事ばかりでは、やはり見ているこちらがわも辛くなってしまいます。しっかりと美味しいものを食べて、1日でも長生き出来るような元気な身体をつくってほしいとの願いです。

また、歯周病の予防にもなるので柔らかい缶詰タイプのフードではなくカリカリタイプを中心に選びました。

食いつきのいいフードもありましたが、着色料が使われていて糞がピンク色っぽくなり心配になりました。また、味付けが濃いのか異常に水を飲むようになりお腹をゆるくしてしまったので残念ながらそのフードを諦めて違うものを探しました。

なかなかこちらの基準を満たすフードと、うちのこが嬉しそうに食べてくれるフードは違っていて、これだ!というフードに出会うまでに何十種類と試しました。

魚が原料の無添加ドックフードに煮干しをかけると食いつきがよくなった

最終的には、こちらが基準を満たしていると思ったフードに煮干しを砕いてふりかけにして与えてあげる方法に落ち着きました。

魚などの匂いが高いものを好むようで、塩分の入っていない犬用の煮干しを入れてあげることでフード自体も美味しそうに食べるようになりました。高たんぱく、低脂肪なメニューを考え、煮干しの他にも木綿豆腐をフードの上から降り潰してかけてあげたり工夫を凝らしています。

これなら余計な添加物も含まれていないし安心です。それに下痢もしなくなり健康的な糞に戻りました。与えたいフードと喜んで食べてくれるフードとの折り合いがついたので、思いきってフードをかえてみてよかったと思います。

大切な家族の一員であるワンちゃんが、毎日を楽しく元気に過ごせる為にもフードの見直しは大切だと感じました。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ