わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

【100人に聞いた】アランズナチュラルドッグフード・ラムの評判や口コミは?ドッグヘルスアドバイザーが解説

アランズ・ナチュラルドッグフード・ラム
アランズナチュラルドッグフード(NDF:NaturalDogFood)・ラムは、イギリス産のラム肉を主原料として、玄米や全粒大麦など全粒穀物を使用した100%無添加のドッグフードです。

人気のドッグフードですが、ネット上には良いクチコミ・評判ばかりで逆に怪しいと感じる人もいるかも知れませんね。

そこで、安全性や栄養面で何か悪い部分はないか?悪いクチコミ・評判は事実なのか?編集部のドッグヘルスアドバイザーが実際に購入して検証してみました。

※クチコミ・評判を先に知りたい方は、下の「もくじ」の【100人に聞きました】をクリックしてくださいね。

評価項目評価
採点:10点満点
◎=2,◯=1,△=0,×=-1
7/10点
良質なタンパク質
主原料として良質の肉が使用されているか?
無添加
合成保存料や合成着色料など人工的な添加物が含まれないか?
ヒューマングレード
人間でも食べられるか?
栄養素
犬に必要な栄養素が十分に摂取できるか?
価格
継続して購入できる価格か?
 
>>公式サイトはこちら

販売元:株式会社レティシアン
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン20F
URL:https://www.naturaldogfood.co.jp/

悪い点・気になる点

獣医師が推薦
本ブログを読んでいる読者の方は、しっかりと原材料などを確認する人が多いので、あまり余計な情報に惑わされる事はないと思います。

しかし、このフードのように「獣医師推薦」や「獣医師開発」とあった場合は、まず疑ってかかるべきです。

獣医師推薦(出典:公式サイトより)

原材料などを全く確認せず、「獣医師が開発した」「獣医師が推薦してる」「有名だから」「芸能人がCMに出てる」「なんとなく良さそう」などの不明確な理由で購入するような人に、興味を持たせるための「客寄せパンダ」としての役割があるからです。

この獣医師が素晴らしい名医であったとしても、このドッグフードが素晴らしい事にはなりません。獣医としての医療技術の良し悪しとドッグフードの品質は無関係です。そこは注意してください。
ダメ!
このブログの読者の方はしっかりと原材料などを確認する人が多いようなので、大丈夫だと思いますが‥。

グレインフリー・グルテンフリーではない(アレルギーに注意!)
全粒穀物
原材料に玄米・大麦などの穀物が含まれますのでグレインフリーではありません。

さらに、大麦にはグルテンが含まれますので、グルテンフリーでもありません。アレルギーのわんちゃんは注意してください!

大麦にはグルテンが含まれる?
こちらの消費者庁の資料にあるように、大麦にはグルテンが含まれます。
(消費者庁・アレルギー物質を含む加工食品の表示ハンドブックより)
消費者庁資料
消費者庁資料
(出典:アレルギー物質を含む加工食品の表示ハンドブック http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin19.pdf)

正確にはグルテンではなく、グルテンとよく似た「ホルデイン」なのですが、非常によく似た分子構造なので、アレルギーの場合は購入は避けるべきでしょう。(参考:専門家が答える大麦Q&A

しかし、玄米・全粒大麦・全粒オーツ麦などのいわゆる全粒穀物は、小麦やとうもろこしなどの穀類に比べて、ミネラル・ビタミン・食物繊維などが多く含まれます。
大麦
人間の食事でも玄米などの全粒穀物の食物繊維・ビタミン、ミネラルの効果が注目されていますよね。

ですから、穀物アレルギーの無いわんちゃんにとっては、とても栄養価が高いフードになっています。

生後7ヶ月未満の子犬には与えない!(タンパク質は20%)
このフードはラム肉(生後1歳未満の子羊の肉)が55%も使われています。しかし、ラム(子羊)なのでマトン(生後1歳以上の羊)よりも筋肉量が少なく、タンパク質は20%となっています。
タンパク質20%

ですから、より多くのタンパク質が必要な成長期の子犬(生後7ヶ月未満)には与えないようにしてください。成犬用のフードとなっています。

パッケージにも「FOR ADULT DOGS OF ALL BREEDS」(成犬・全犬種用)と記載があります。
成犬・全犬種用

公式サイトにも、このように「生後7ヶ月以上の全ての成犬にお使いいただけます」という注意書きがありますね。
生後7ヶ月以上生後7ヶ月以上

しかし、タンパク質が20%なので体の成長が止まった、運動量の少ない成犬・老犬に向いていると言えますが、「ちょっと少ないな」と気になる人もいるでしょう。

原産国が海外(イギリス)
原産国

国産も海外産も優れたドッグフードがたくさんあります。しかし、ヨーロッパは犬などペットの研究や歴史が進んでおり、日本に比べて優秀なペットフードが多いのも事実です。

そして、日本に輸入される海外産ドッグフードはほとんどの場合、船で運ばれてきます。飛行機より輸送コストが安いからです。

その途中で、赤道付近のルートを通る船の高温のコンテナ内に置かれた場合などは、フードの栄養成分が破壊されたり品質の劣化が進んでしまう心配もあります。

それに輸送コストがあるので国産よりも価格も高くなりがちです。ですから、海外産のドッグフードは品質の劣化と高コストが心配です。
コンテナ船

アランズナチュラルドッグフード・ラムの場合は通常の「ドライコンテナ」を使用して輸入されます。温度管理ができる「リーファーコンテナ」だと安心なのですが、残念ながらドライコンテナを使っています。

イギリスからの輸送ルートだと、赤道付近を通ることになり、船の最上段に積みあげられた直射日光が当たるドライコンテナ内は温度が60度くらいまで上昇する事もあるようです。品質の劣化は大丈夫でしょうか?(参考:コンテナ貨物の温度変化について
コンテナ内の温度
結論から言うと大丈夫です。

アランズナチュラルドッグフードの担当者に問合せたところ、「生産時の加熱温度の115℃を超えない温度であれば、栄養素や成分を壊すことはありません」という回答でした。コンテナ内は最大でも60度なので、これは担当者の言う通りです。

ただし、「高温加熱して製造するとビタミンやタンパク質などの栄養素を破壊・変性させ、肉の動物性脂肪(油)を酸化させるからダメなんだ」という議論もあります。

しかし、熊本県畜産協会が発表した「調理による栄養成分変化」の実験結果では、牛肉や豚肉を加熱するとビタミンやタンパク質がやや減少しますが、生肉と比べて栄養素で大きな違いはありません。

(参考:熊本県畜産協会・発表資料)
牛肉と豚肉を加熱しても、生肉と比べてビタミンやタンパク質などの栄養素の違いはほとんどありませんでした。

(出典:熊本県畜産協会・部位別・調理法別のビタミン含量

この結果からも、アランズナチュラルドッグフードラムが115度の高温で加熱して製造しているからといって、肉のビタミンなどの栄養が大きく破壊されているとは言えないでしょう。

また、海外産でありながら、コスト面では国産のナチュラルフードと比べて割高にはなっていません(価格については後で詳しく解説します)

「ドライコンテナでの輸送」については、公式ページに記載はないけど、担当者への電話またはメールでの取材で確認しているよ!

その「国産ドッグフード」は本当に「国産」なの?
ドッグフード
少し話がそれますが、重要な事なので解説しておきます。ドッグフードの原産国の定義ですが、ペットフード安全法では最終加工をした国を原産国とするように定められています。

だから、中国や韓国で製造して最終的な加工だけを日本で行い「国産」と表記してるドッグフードもありますから注意が必要です。

近所のスーパーやホームセンターで販売されている格安国産フードは、実は中国の工場で製造されたものかもしれませんよ?

アランズナチュラルドッグフード・ラムは最初から最後までイギリスで製造されています。

この「国産」の定義について詳しくは、こちらの記事をご覧下さい↓
「国産」「無添加」ドッグフードに注意!2つの問題点と危険な添加物とは?

中国や韓国の工場で製造しても、日本国内の工場で最終加工すれば「国産」と表記できるんだよ!「原材料が国産」という意味ではないから注意してね!

ここが注目ポイント

100%無添加かつ10種類以下のシンプルな原材料(自然食に近いフード)
・生ラム肉55%で良質のタンパク質(ビタミン・ミネラル・鉄分が豊富)
玄米など全粒穀物によりビタミン・ミネラル・食物繊維も豊富
・本国イギリスでは処方食としても利用されてる

100%無添加(着色料・保存料など人工添加物不使用)かつ10種類以下のシンプルな原材料
100%無添加
着色料・保存料・酸化防止剤などの人工添加物は不使用です。その代わりにハーブなど野草を保存料のかわりにしています。

ハーブなど天然由来の保存料は体に優しい反面、効果が持続しないので開封後は1~2ヶ月程度で食べきって下さい。
ハーブジュース
また、原材料が10種類以下の非常にシンプルで自然食に近いドライドッグフードですが、犬にとって必要な栄養素は十分に摂取できます。
シンプルな原材料

今までたくさんのドライフードを見てきたけど、一番シンプルな原材料だよ!

生ラム肉(生後12ヶ月未満の子羊の肉)が55%(ビタミン・ミネラル・鉄分などが豊富)
ラム肉
一般的はドライフードには乾燥肉が使用されていますが、アランズナチュラルドッグフードラムには、生ラム肉が55%も使用されています。

ラムはビタミンA群、B群や鉄分が豊富ですが、生ラム肉を使用することで、乾燥肉と比べてビタミンなどの栄養を最大限に摂取できるようになっています。
羊
ラムは豚肉や牛肉と比べて、カルニチン含量が高いのも特徴です。カルニチンは脂肪をミトコンドリアに運ぶためのキャリアとして働くため、脂肪の燃焼を助けるといわれています。

玄米や全粒大麦など全粒穀物によりビタミン・ミネラル・食物繊維も豊富(低GI)
玄米&大麦
アランズナチュラルドッグフードラムには、全粒穀物(玄米・全粒大麦・全粒オーツ麦など)がバランス良く配合されています。ですからビタミン・ミネラルを添加しなくても、原材料から補えるのです。

玄米:ゆっくり吸収されるので食後の血糖値の急上昇を抑制(低GI)白米よりビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富
全粒オーツ麦: ミネラルやビタミンE、Bが豊富
全粒大麦:「水溶性食物繊維」を多く含み、ゆっくりと吸収されるので消化の負担を最小限にします。 白米よりカルシウムが3倍も多く、人間の10倍以上のカルシウムが必要なわんちゃんに最適。

左が玄米、右が白米です。色が全く違いますね。玄米の茶色い表皮(ぬか)と胚芽にビタミン・ミネラルなどの栄養素が全体の80%以上も含まれると言われています。
玄米と白米の比較
この左側の玄米の茶色い表皮と胚芽(最も栄養を含む部分)を削ったものが、一般的に流通している右側の白いお米(精米)です。

日本では昔から玄米が食べられていました。しかし、多くの人が白米を食べ始めた江戸時代に「江戸煩い(えどわずらい)」として脚気(かっけ)が流行ったのは有名な話です。
浮世絵
これはビタミンB1欠乏症です。胚芽に含まれるビタミンB1をそぎ落としてしまう白米中心の食事が原因です。今もその対策として副食を多く食べる必要があるわけです。

このように、玄米などの全粒穀物にはビタミンなどの栄養が豊富です。人間の食事でも玄米などの全粒穀物の食物繊維・ビタミン、ミネラルの効果が注目されていますよね。

しかも、全粒穀物はゆっくり吸収されるため、食後の血糖値の上昇を抑えることができます(低GI)減量やダイエットを考えているわんちゃんにも最適ですね。

減量・ダイエット中のわんちゃんは、カロリーよりも血糖値の急上昇を気をつけたほうが良いという考えもあるよ。だから低GIの全粒穀物が注目されてるんだ!

イギリスでは処方食としても利用されている
イギリス国旗
公式サイトでもこのように説明があります。

処方食
Qアランズナチュラルドッグフードは処方食の代わりになりますか?
Aワンちゃんの体調や症状にもよりますが、アランズナチュラルドッグフードが作られている本国イギリスでは、処方食の代わりとして食べているワンちゃんもいます。処方食から切り替える際には、必ず獣医さんに相談してください。

アランズナチュラルドッグフードラムはいわゆる療法食ではありません。

しかし、本国イギリスでは、食物アレルギーのわんちゃんの処方食としても利用されているそうです。

これも「100%無添加&10種類以下のシンプルな原材料」という特徴があるからでしょう。

もし、今食べている処方食からアランズナチュラルドッグフードラムに切り替える場合は、予めかかりつけの獣医師に相談してくださいね。
 

公式HP(正規販売サイト)へ >>

販売元:株式会社レティシアン
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン20F
URL:https://www.naturaldogfood.co.jp/

通販で実際に注文してみた!

近所のスーパーやホームセンターなどの実店舗では販売されていないので、公式サイトで注文してみました。

注文してすぐ、佐川急便で到着しました。
アランズ・ナチュラルドッグフード・ラム

箱を開けると簡単なパンフレットや定期購入の案内も一緒に入ってました。
アランズ・ナチュラルドッグフード・ラム

箱から取り出します。袋の表面はこんな感じです。大きさを比較するために、同封のパンフレット(A4サイズ)を横に置いてます。
アランズ・ナチュラルドッグフード・ラム

裏面はこんな感じです。
アランズ・ナチュラルドッグフード・ラム

早速、袋の上部を切って開封してみました。ニオイはほとんど無いですね。鼻を近づけて嗅ぐと、なんとなく肉系のニオイがする程度です。
アランズ・ナチュラルドッグフード・ラム

しかし、犬の嗅覚は凄いですね!袋を開けたら、編集部の看板娘ラッキーちゃんがダッシュで寄ってきました(笑)ニオイに気づいたのでしょうか?
アランズ・ナチュラルドッグフード・ラム

粒の大きさはこのくらいです。形はドーナッツ状になっています。粒の直径は8㎜~1cmくらい。
アランズ・ナチュラルドッグフード・ラム

粒の厚さは4~5mmくらいです。このくらいの大きさ・厚さなら小型犬でも食べやすいのではないでしょうか?
アランズ・ナチュラルドッグフード・ラム

撮影が一通り終わったので、ラッキーちゃんに与えてみました。凄い食いつきです(笑)よほど美味しいのでしょう。
アランズ・ナチュラルドッグフード・ラム
 

公式HP(正規販売サイト)へ >>

販売元:株式会社レティシアン
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン20F
URL:https://www.naturaldogfood.co.jp/

アランズナチュラルドッグフード・ラムの商品情報

原産国
アランズ原産国
イギリス

対象年齢・犬種
成犬・全犬種用
パッケージに「FOR ADULT DOGS OF ALL BREEDS」(成犬・全犬種用)とあるように、犬種の指定はありませんが、成犬用となります。

前述したように、子犬(生後7ヶ月未満)に与えるのはやめましょう

原材料

ラム肉(イギリス産)55%、玄米、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、全粒オーツ麦、亜麻仁、テンサイ、ビール酵母

気になった原材料に色を付けました。前述しましたが、まずは生ラム肉です。生後12ヶ月未満の子羊の生肉(ラム肉)を55%も使用しています。
ラム肉
生ラム肉はビタミンA群、B群や鉄分が豊富です。生ラム肉を使用することで、他のフードに使われる乾燥肉と比べて、ビタミンなどの栄養を最大限に摂取できるようになっています。

さらに、ラム肉は豚肉や牛肉と比べて、カルニチン含量が高く、脂肪の燃焼を助けるといわれています。

アランズナチュラルドッグフードラムには、全粒穀物(玄米・全粒大麦・全粒オーツ麦など)がバランス良く配合されています。だから、ビタミン・ミネラルを添加しなくても、原材料から補えるのです。
玄米
全粒穀物はゆっくりと吸収されて食後の血糖値の急上昇も抑えてくれるので、減量・ダイエットのわんちゃんにもオススメです。

亜麻仁(あまに)の主成分としてはオメガ3の不飽和脂肪酸があります。犬は体内でオメガ3脂肪酸を合成できないので、ドッグフードに必須の栄養素です。

さらに、亜麻仁にはリグナンという化合物群が含まれており、これはポリフェノールの一種で、生活習慣病を改善すると言われています。

100%無添加。着色料・香料・保存料などの合成添加物は不使用

着色料・香料・保存料などの合成添加物は不使用となっています。

その代わりに天然のハーブなどが配合されており、これらが安全な酸化防止剤・防腐剤の役割をしています。
ハーブ
近年、犬のアレルギーや癌などが増えていますが、ドッグフードの合成添加物が原因だと指摘する獣医師や専門家も多くいます。

犬の寿命がのびたのは室内飼いが増え、ワクチン接種が普及したからであって、逆にアレルギーや癌など病気になる犬は増えていると言われています。
ワクチン接種
酸化防止剤や着色料など、人工添加物は出来る限りさけるべきです。

しかも、小麦・とうもろこし・鶏肉などのアレルギーが出やすいと言われる食材は一切使われていません。

原材料の原産国
前述したように、アランズナチュラルドッグフード・ラムの原産国はイギリスです。
イギリス国旗
この原産国の定義ですが、ペットフード安全法では最終加工をした国を原産国とするように定められています。

だから、中国や韓国で製造して最終的な加工だけを日本で行い「国産」と表記してるドッグフードもありますので注意が必要です。

アランズナチュラルドッグフードラムは最初から最後までイギリスで製造されています。

それでは、原材料の原産国はどうなっているでしょうか?

・ラム肉(生後12ヶ月未満の子羊)‥イギリス
・玄米‥イタリアまたはフランス
・その他の食材‥全てイギリス
※季節や生産量などにより変更されることもあります

基本的にはイギリス産となります。ただし、玄米だけはイタリアまたはフランスから仕入れをしており、FEDIAFの基準を満たしています。
EU欧州連合

原材料の原産国については、公式ページに記載はないけど、担当者への電話またはメールでの取材で確認しているよ!

品質管理体制(2回の品質テスト)
アランズナチュラルドッグフードはフードの製造前と製造後の2回も、特殊な機械でスペクトラム分析などにより有毒物質や残留農薬のチェックをしています。
アランズナチュラルドッグフード・ラム品質検査官

例えば、製造前の原材料のチェックでは、玄米などの穀物にバクテリアが繁殖していないか?ラム肉に有害物質が含まれないか?など、製造のたびに様々な角度から検査されます。

しかも、1袋毎に追跡番号がついているので、生産日やどの原材料がいつどこから来たのか、原材料への添加物が入っていない事まで、追跡可能となっています。
アランズナチュラルドッグフードラム追跡番号

この「追跡番号」ですが、厚生労働省も推奨するHACCP(ハサップ)規格を導入することで実現しています。

アランズナチュラルドッグフードはイギリス小売協会が定めたBRC(Food)規格に従った工場で生産されています。このBRC規格はHACCP(ハサップ)を含み、原材料に含まれる添加物まで追跡可能になっています。
工場での検査
HACCP(ハサップ)では原材料の調達段階からチェックしますので、原材料自体への添加物なども検査できます。現時点では、これが最も信頼性の高い検査体制だと言われています。

厚生労働省・HACCPチャレンジ事業
HACCP(厚生労働省HACCPチャレンジ事業 https://www.n-shokuei.jp/haccp/)
上記にあるように、厚生労働省は世界的に推奨されている食品の衛生管理手法である「HACCP(ハサップ)」の導入を推進しています。

しかし残念ながら、国内ペットフードメーカーで導入している企業はまだありません。

栄養成分とカロリー
成分

成分(出典:公式HPより)
粗タンパク質:20.00%、脂質:12.50%、粗灰分:7.00%、粗繊維:6.00%、水分:8.00%、オメガ6脂肪酸:1.50%、オメガ3脂肪酸:1.00%、リン:0.70%、マグネシウム:0.20%、ナトリウム:0.20%、カルシウム:0.60%、カリウム:0.60%
エネルギー(100gあたり)/339kcal

購入した商品パッケージには、不和脂肪酸やミネラルなどの成分分析が表記されていなかったので、公式HPのものを一緒に表記しています。

気になった成分に色を付けました。まずは脂質が12.5%と低めなのでヘルシーですね。しかも、ヒューマングレードの上質のラム肉などの脂質になります。

次に、オメガ3・6の脂肪酸が含まれています。犬は体内でオメガ3・6の脂肪酸を合成できないので、ドッグフードには必須の栄養素となります。

さらに、ラム肉を55%も使用しているのに、カロリーは339kcal/100gと低めに抑えているのも良いですね。まさに成犬・老犬にうってつけのフードと言えます。

>>さらに詳しく公式サイトで栄養成分を確認する

無料サンプルや少量お試しはあるの?(半額キャンペーンや100円モニター)

疑問
新しいドッグフードを試す際に最も気がかりなのは、愛犬の食いつきですよね。

せっかく、質の高い原材料・無添加のプレミアムフードを買っても、食べてくれなければ意味がありません(汗)

好き嫌いの激しい偏食の愛犬が食べ残したドッグフードがどんどんたまっていく‥こんな経験をされた方も多いと思います。そんな時に、無料サンプルや少量のお試しパックなどがあれば便利ですよね。食いつきのチェックができます。

本当に残念ですが、本記事執筆時点では、アランズナチュラルドッグフード・ラムには無料サンプルや少量お試しコースなどはありません。

ごくまれに、少量で試せる「100円モニター」の募集をしているようです。しかし、募集時期などはスタッフ以外誰にも分かりません。ゲリラ的に募集しているようです。

こちらはある日、Facebook内で100円モニターを募集していたので、慌てて画像キャプチャを撮りました。でも本記事執筆時点では、このページは存在しません(汗)募集が終了して削除されたようです。

また、半額キャンペーンなどもやっていません。アランズナチュラルドッグフード・ラムは人気商品で固定ファンも多く、値下げするような事はしていないようです。

もし、少量お試しサンプルが提供されることがあれば、すぐに報告しますね。

【100人に聞きました】アランズナチュラルドッグフード・ラムの悪いクチコミ・評判は?

悪いクチコミ評判
わんたす編集部では、100人の犬の飼い主さんに、「アランズナチュラルドッグフード・ラム」の悪い点や改善点についてアンケートで聞き取り調査しました。すると、このような結果になりました。

(わんたす編集部・独自調べ)100人の犬の飼い主さんに聞きました。「アランズナチュラルドッグフード・ラム」の悪い点・改善点はどこですか?(複数回答可)
悪い口コミ・グラフ
1位:価格‥36%
2位:内容量‥20%
3位:原産国(イギリス)‥7%
4位:カロリー‥5%
5位:原材料‥5%
6位:獣医師が推薦‥2%
7位:味‥2%
8位:対象年齢‥2%
9位:栄養‥2%
10位:製造方法‥2%
11位:添加物‥0%
12位:その他‥16%
※わんたす編集部が株式会社マクロミルのアンケート調査サービスを利用して、2018年8月にインターネットで100人の犬の飼い主さんから回答を得ました。

「価格」がダントツで1位になりました。またアランズナチュラルドッグフード・ラムは「その他」が多いのも特徴です。

具体的な回答を確認してみると、「無添加で原材料も素晴らしいが、高いので安くして欲しい。もしくは内容量を増やして欲しい」という回答が多かったです。

無添加と原材料に高い評価をしながらも、値段と内容量を気にする人が多かったです。

「原産国(イギリス)」については、「欧州の基準をクリアしている工場で製造してるが、やはり国産の方が安心できる」と、国産に信頼を寄せている意見も少なからずありました。
イギリス国旗

「その他」については、色々な意見が寄せられました。例えば「香草のようなにおいがする」「ラムでもアレルギーがあるので食べられない」「パッケージが安っぽい。デザインが悪い」「自然給餌の考え方が現代の飼い犬に当てはまるとは思わない」などがありました。
自然給餌
たくさんの回答の中から、印象的だったものを下記に列挙します。購入を迷われている方にとっては参考になるのではないでしょうか?

(わんたす編集部・独自調べ)「アランズナチュラルドッグフード・ラム」の悪い点・改善点を具体的に教えてください(印象的だった回答を一部のみ抜粋)

ネガティブ
(40代女性・中部)
多頭飼いだと毎日の餌代もばかにならず、決して高くはないとは思うが、やはりもう少しコストを下げてほしい。ドックフードの中身や栄養成分など原材料を替えてコストを下げるのでなく、パッケージや梱包などを工夫してコストをさげるとよいと思う。

ネガティブ
(20代男性・近畿)
一袋あたりの金額としては問題ありませんが、定期購入の場合は30%とは言わなくとも、25%くらいの割引にはして欲しいと思います。または、内容量3~4kgの商品を用意していただいて、お買い得価格にしていただけると大変嬉しく思います。

ネガティブ
(30代女性・近畿)
成分や、愛犬の健康を考えると、総合的にとてもバランスも良いと思います。我が家でもアランズを与えていますがわんちゃんの食い付きが良いので、きっと美味しいんだと思います。ただ、やはり価格が高いので、毎日の食事に与えるとなると値がはります。

ネガティブ
(40代女性・関東)
アランズナチュラルフードは実際のところほとんど問題はないです。うちの犬にも以前は日本で出ている1kg数百円の安い餌を与えていましたが、ある日を境に全身に湿疹が出てました。獣医に言われて餌を替えたら治った経緯があります。ただ、日本の餌の5倍はかかるので、輸入してくるから高いのかなぁと思い、いつも隣にある国内で作られている安い餌の値段を恨めしく思いながら購入しているもので、もう少し安いと助かります。

ネガティブ
(40代女性・中部)
イギリスからの輸入なのでしかたないとは思うが、価格がもう少し安いといいと思う。アレルギーに対応していたり、添加物を使っていないという点はいいと思うが、そもそも国産のものを食べさせたいと思う愛犬家も多いのではないかと思う。

ネガティブ
(30代男性・九州沖縄)
うちの子は好きなようで喜んで食べています。おなかの調子も良くなっているらしく、健康的な排便をするようになりました。しいて改善すべき点をあげるとすれば、価格と匂いでしょうか。価格については、高めのフードの部類に入ると思いますので、うちでは他のエサに混ぜてかさ増しして与えています。また匂いについては、もともとドッグフードの匂い自体好きではないのなのですが、本品はドッグフードらしからぬ、香草のようなにおいがして苦手でした。好みの問題かと思いますが。

ネガティブ
(40代女性・近畿)
もう少し安くなると嬉しいです。数匹を飼っているのでペットフード代がかさみますが、だからと言って、栄養面、味など粗悪なものをえらびたくはありません。なので、大幅な値引きは、難しいと思いますが、少しでも今より安くなればとおもいます。

ネガティブ
(30代男性・関東)
無添加にこだわっていたりして、品質が凄く良い事は伝わってきました。ただ、味の選択がラムしかないようで、ラム肉に馴染みがなく、自分たちもあまり口にしない物を、我が家の犬が食べるのだろうか、という心配があります。ラム肉を使用する理由が詳しく説明されたら、納得すると思いました。お値段もちょっと手を出しにくい価格だなと思いました。

ネガティブ
(20代女性・近畿)
私の飼っているワンちゃんは結構好き嫌いが激しくて、このアランズのラムは試しましたが、なかなか食べてくれません。慣れると食べてくれるのですが…。いくつか味の種類を出して頂いて、トライアルサイズで全種類試せるような商品があれば安心です。

ネガティブ
(20代女性・中部)
愛犬の身体にとても良い事は伝わりましたが、私は中型犬を飼っているので内容量が少ない気がしました。サイズ展開をもう少し増やして頂くと嬉しいです。また味の記載はありましたが香りがあるのか記載がなかったので気になりました。

ネガティブ
(40代女性・関東)
無添加で悪い点が見当たりませんが、うちの犬はラムでもアレルギーが出るので、アレルギー対応に関してはどうなのかなと感じます。獣医師が推薦と言う言葉も余り個人的には好きな表現ではなく、フード自体の魅力で訴える事が買い手の気持ちとしては強く印象に残るのかなと感じます。

ネガティブ
(30代女性・関東)
野生の犬が自然の中で食べていた食事を、できるかぎり忠実に再現するという自然給餌の考え方を取り入れるということは、ペットとして飼っている愛犬にとって必要なのか疑問に思い、飼い主としては悪い印象を受けました。

ネガティブ
(30代女性・九州沖縄)
私が、まず商品を購入する判断の材料としてパッケージのデザインも重要視しています。買いたい、身体に良さそう、と思うデザインの工夫も大切ではないかなと思うので、そうした点が改善すべきであるかと思いました。

ネガティブ
(30代女性・近畿)
ラムを使用していて無添加だから仕方がないのかもしれないが、価格をもう少し下げてほしいと感じる。1kg1000円以内のお手頃な価格になれば助かります。あとラムの原産地がイギリスより個人的にオーストラリアの方が安全に感じる。

ネガティブ
(50代男性・東北)
我が家の愛犬は3㎏の小型犬ですが大粒が好きです。なのでドッグフードを探すときに「添加物が入ってないか、何のお肉を使っているか」はもちろん「粒の大きさ」を重視しています。説明の中に粒の大きさの表記がなく、どんな粒なのかが分かりにくかったです。

ネガティブ
(30代女性・中部)
日本で飼っている犬なので、外国の食材というのは少し不安があります。身体に優しく製造していて、自然給餌というのもすごいなと思いますが、今の犬に自然給餌のフードは逆にどうなのか?と疑問もあります。あと、少しカロリーお高めかなと感じました。

よくある悪い口コミ・評判のまとめと解説

100人の飼い主さんに聞いた、「悪い点・改善するべき点」でよくあった回答をまとめるとこのようになります。

・100%無添加で栄養も豊富だが、価格が高くて量が少ない
・欧州の品質基準をクリアしているが、それでも国産フードの方が安心

価格が高い
犬とお金
アランズナチュラルドッグフード・ラムは近所のスーパーやホームセンターで販売されている格安国産フードと比べると高いです。

しかし、わんたす編集部では、格安国産フードは「家族の一員である愛犬に与えるべきではない」と考えています。

理由は、ペットフード安全法などの各種規制が「ざる法」になっているからです。

まず、ペットフード安全法では最終加工をした国を原産国とするように定められています。

だから、中国や韓国で製造して最終的な加工だけを日本で行い「国産」と表記してるドッグフードもあります。

近所のスーパーやホームセンターで販売されている格安国産フードは、実は中国の工場で製造されたものかもしれませんよ?
嘔吐する犬
次に、国産ドッグフードの場合は、原材料の製造工程で強力な合成添加物を使用しても、その添加物を表示する義務はありません。

ドッグフードの原材料表に着色料や酸化防止剤など添加物が表記されてなくて「無添加」だと思って買ったのに、実は原材料自体に強力な合成添加物が入っていた!というケースもありえます。

詳しくは、こちらの記事もご覧下さい↓
「国産」「無添加」ドッグフードに注意!2つの問題点と危険な添加物とは?

犬は、あなた(飼い主)に無条件に愛情と信頼を寄せています。その愛情や信頼に応えて愛犬の心身の健康を守るのは、飼い主としての義務だと考えています。
犬の愛情
一般的にどんな商品でも品質が高くなれば価格も高くなります。品質が低ければ価格も安くなります。品質と価格については、しっかりと調べてから購入してくださいね。

1日当たりのフード代は?
1日のエサ代
編集部の看板娘ラッキーちゃんを例にして計算してみました。※ラッキーちゃんは成犬の柴犬、体重10kg、1日に必要なカロリーは420kcalです。

アランズナチュラルドッグフード・ラムは、カロリーは339kcal/100g、内容量2kgで3960円(税別)です。
・420kcal÷339kcal×100g=124g(ラッキーちゃんが1日に必要な量)
・3960円÷(2kg÷124g)=248円
つまり、1日当たりのフード代は248円(税別)となります。

海外産フードよりも国産フードの方が安心

前述した通り、ドッグフードの原産国の定義ですが、ペットフード安全法では最終加工をした国を原産国とするように定められています。
ペットフード安全法(環境省「知って納得!ペットフードの表示」パンフレットより抜粋)
だから、中国や韓国で製造して最終的な加工だけを日本で行い「国産」と表記してるドッグフードもあります。

近所のスーパーやホームセンターで販売されている格安国産フードは、実は中国の工場で製造されたものかもしれませんよ?

アランズナチュラルドッグフード・ラムは厚生労働省も推奨している「HACCP(ハサップ)」規格で製造されて原材料まで追跡できていて、最初から最後までイギリスで製造されてます。
 

公式HP(正規販売サイト)へ >>

販売元:株式会社レティシアン
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン20F
URL:https://www.naturaldogfood.co.jp/

【100人に聞きました】アランズナチュラルドッグフード・ラムの良いクチコミ・評判は?

良いクチコミ
次に、同じように100人の犬の飼い主さんに、「アランズナチュラルドッグフード・ラム」の良い点についてアンケートで聞き取り調査しました。すると、このような結果になりました。

(わんたす編集部・独自調べ)100人の犬の飼い主さんに聞きました。「アランズナチュラルドッグフード・ラム」の良い点はどこですか?(複数回答可)
良いクチコミ・グラフ
1位:添加物‥27%
2位:原材料‥26%
3位:栄養‥15%
4位:獣医師が推薦‥7%
5位:対象年齢‥5%
6位:製造方法‥4%
7位:原産国(イギリス)‥4%
8位:味‥4%
9位:価格‥3%
10位:カロリー‥2%
11位:内容量‥1%
12位:その他‥2%
※わんたす編集部が株式会社マクロミルのアンケート調査サービスを利用して、2018年8月にインターネットで100人の犬の飼い主さんから回答を得ました。

良い点としては、「添加物」と「原材料」が圧倒的に支持されていますね。
無添加食材へのこだわり

特に多かったのが「無添加で安全な原材料しか使って折らず、なおかつ生ラム肉55%でアレルギー対応されている」という回答です。
イギリス産ラム肉55%

着色料や保存料などの人工添加物は不使用で、とうもろこしや小麦などの犬が消化しにくい穀類を含まない事を評価する意見が多数ありました。
不使用

玄米・オーツ麦・ハーブ・野菜なども含みオメガ3・6の脂肪酸まで入って必要な栄養が十分にとれてヘルシーだという声もありました。

たくさんの回答の中から、印象的だったものを下記に列挙します。購入を迷われている方にとっては参考になるのではないでしょうか?

(わんたす編集部・独自調べ)「アランズナチュラルドッグフード・ラム」の良い点を具体的に教えてください(印象的だった回答を一部のみ抜粋)

良い口コミ・評判
(50代女性・北海道)
原材料が非常にシンプルで、添加物を使用していないのはとても良いと思います。健康な身体を保つためには、人間も動物も食事が大切だと思います。このドッグフードなら大切な愛犬にも安心して毎日与えることが出来ると思います。

良い口コミ・評判
(30代女性・関東)
今まで他のフードでは下痢ばかりしていたのですが、このフードにしてからは下痢が治りました。無添加な部分やアレルギーが出にくいラムを使用しているところが良いと思いました。一袋が大体1ヵ月くらいでなくなるので、酸化する心配もなくちょうど良い量です。

良い口コミ・評判
(30代女性・近畿)
無添加と言うのはすごく魅力を感じます。体によいのはもちろん、皮膚や涙焼けにも効果があると聞いたので期待が出来そうだと思いました。また獣医師が認める物は安心してあげられるので、選ぶときに重要になるポイントだと思いました。

良い口コミ・評判
(40代男性・九州沖縄)
我が家の愛犬にとって無添加は嬉しいです。やはり「添加物無添加」の言葉がまず目に入りました。それなら買ってみようかなと購入しました。栄養バランスも充分満足出来るレベルだと思います。その他としては我が家の小型犬でも噛み砕きやすいドーナツ型で更に小粒な所も気に入りました。

良い口コミ・評判
(30代女性・関東)
ナチュラルフィーディングという言葉に大変惹かれました。先祖から食べられていた食事を大切に考えて今もその考えをドッグフードに生かしているというのはとても安心ですし、栄養バランスも良さそうなので健康に繋がると思いました。また、イギリスで作られているというのも信頼できそうです。

良い口コミ・評判
(40代男性・近畿)
ラム肉が55%も含有されているのでワンちゃんの食付きや喜びは大きな物だと思います。飼い主としては飼っているペットが美味しそうに餌を食べてくれることほど安心で喜ばしいことはないと思います。他の商品も見てみましたが55%という数字はとても大きいですね。

良い口コミ・評判
(30代女性・東北)
原材料の半分以上にラム肉を使用しているので、アレルギーの心配が減りそうです。ヒューマングレードの原材料と無添加、ハーブの力を使用しているのはとても安心です。脂肪分には亜麻仁油を使用しているのも魅力的です。

良い口コミ・評判
(30代女性・中部)
栄養価が高いだけでなく、その吸収率が高いという点は魅力的だと思います。また、100%無添加素材という点と、ヨーロッパの厳しい基準をクリアしているということは安心してあげられる基準の一つになるので良いと思います。

良い口コミ・評判
(30代女性・関東)
人間が食べられないものはワンちゃんにも与えたくはないので、無添加で原材料にもこだわっているというところがとても魅力的だと思いました。生後7ヶ月以降の幅広い年齢のどの種のワンちゃんにも食べてもらえるのは、フードを選ぶ側としてもとても助かります。

良い口コミ・評判
(40代男性・関東)
人工添加物や着色料、保存料などを使用していないのはとても安心できます。また、常温未開封で18か月もの長期間の賞味期限があるのは便利な気がしました。アレルギーのある犬に配慮して小麦や大豆を使用していないことはとても良い気がしました。

良い口コミ・評判
(20代女性・中国)
無添加というのは、やはり安心要素です。製造番号等の記載や品質に関することは、かなり重要になってくると思うので、詳しく書いてあるのでそこも安心できる。原材料に関しても、一つ一つ詳しい説明を記載しているので、興味がわきました。

良い口コミ・評判
(40代女性・中部)
無添加で犬が必要とするものだけで作られているというところが信頼できると思いました。実際に栄養成分を見ても犬のカラダに優しい物質のみを厳選しているようなので、多少胃腸の弱いわんちゃんでも腸内環境を整えて、お腹を壊すことなく食べられそうな点が良いです

良い口コミ・評判
(40代女性・近畿)
アレルギー対応のドッグフードでありながら、とても美味しそうな配合で、全犬種に対応しているのが良い。年齢が上がる度にドッグフードを探すのは、中々大変で、食べなくなったりするので、気に入れば食べ続けられるから良い。

良い口コミ・評判
(30代女性・近畿)
専門家の意見を取り入れて、きちんと根拠のある情報に基づいたドックフードづくりを行っていると感じました。これさえあれば必要な栄養が摂れるという点から、飼い主として愛犬の栄養管理が楽にできる点もありがたいです。またお肉については、スーパーなどで手軽に購入しづらいラム肉が使われているというところも、プレミア感があって嬉しいポイントでした。

それでは次に、当サイトに寄せていただいた、実際にアランズナチュラルドッグフードラムを食べているわんちゃんの口コミをご紹介します。こちらは、編集部の知人のライターさんのわんちゃんです。

いつも軟便・下痢気味だったボクサーの健康維持に
ボクサー
【Q】これまでは、どのようなドッグフードを与えていましたか?
【A】近所のホームセンターで購入した、ラム肉・鶏・お米が原材料のフランス産のものを与えていました。これを選んだ理由は、大型のホームセンターにいけば色んな種類を置いているからです。

もうひとつの理由が、多頭飼いをしていて、子犬から成犬までいたからです。年齢、ライフスタイル、特別なケア、犬種、運動量など様々な状況に対応したフードが選べるので、便利だと思いました。簡単にステージごとのドッグフードが買えるのは魅力です。

【Q】これまで与えていたフードの不満点はありますか?
【A】以前のフードはパッケージを開けると油っぽいにおいがして、触ると若干ベタベタしましたし、買う時期によって全てのステージが揃っていないということが頻繁に起こりました。

犬も若かったので、特に問題なく過ごしてきましたが、いま、9歳というシニア期に入ると、もう少し良いものを与えたいと思うようになりました。酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)が入っているのも多少気になってきました。

【Q】アランズナチュラルドッグフードラムを愛犬に与えて良かった点はありますか?
【A】2キロのパッケージなのでフードの袋を破ることが少なくてすみます。大袋を購入して頻繁に開け閉めすると、湿気などでカビが生育する恐れがありますし、空気に触れることで酸化の割合も増えるからです。

このドッグフードを食べるようになって、下痢をすることがなくなりました。以前のフードはいつもおなかの調子が悪く、軟便・下痢気味でした。また、同じ年齢のボクサーと比べると白髪が少なく若々しく見えます。

与え方については、我が家ではお湯でふやかしたものを与えています。ふやかさないで与えると満腹感がないようで、もっと欲しがって太るからです。若い頃はそれで太らせてしまいました。
ふやかしフード
ドッグフードは40~50℃くらいのお湯をいれてふやかしています。多少温かい方が食いつきがいいからです。

【Q】アランズナチュラルドッグフードラムの改善して欲しい点。気になった点、悪い点はありますか?
【A】特段はありませんが、実店舗で気軽に購入できると便利だと思います。

【Q】これからこのフードを購入しようと思っている人へのアドバイスがあればお願いします。
【A】アランズナチュラルドッグフード・ラムは余計な成分が添加されていないので、より自然な食べ物に近いのではないかと思っています。
ボクサー
また、定期購入は買い忘れがなく、常に在庫が家にある状態なので、災害などの時も安心かなと思います。ただし、犬の体調やライフスタイルによってドッグフードの消費量は違うので、こまめに調節しないと、どんどん家に在庫が溜まって置き場所に困ることになりますので、注意してくださいね。

逆に、注文を少なくしたり、間隔を開けすぎると、足りなくなることがあり、実店舗で即日には購入できないので注意が必要です。ホームページから簡単に停止や間隔の調節ができるので、こまめに見直すことをお勧めします。

今まではフランス産のプレミアムフードを与えていたそうですが、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)が含まれていた事が気になったそうです。

シニア期(9歳)になったので、もう少し原材料などに気をつかったフードを与えたいと思い、探し当てたのがアランズナチュラルドッグフードラムでした。

これまでのフランス産のフードは軟便・下痢をすることが多く、胃腸の調子が悪かったそうです。

しかし、アランズナチュラルドッグフードラムに替えてからは下痢をするような事がなくなったそうですよ。

やはり、全粒穀物は消化効率が良く、体に負担をかけませんから、腸内環境が改善したのではないでしょうか?
腸内環境

※口コミや評判については、本メディアで引き続き募集したいと思っています。
 

公式HP(正規販売サイト)へ >>

販売元:株式会社レティシアン
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン20F
URL:https://www.naturaldogfood.co.jp/

よくある良い口コミ・評判のまとめと解説

100人の飼い主さんに聞いた、「良い点」でよくあった回答をまとめるとこのようになります。

100%無添加、全粒穀物を使用など、本当に犬のことを考えている
生ラム肉を55%も使用して上質なタンパク質がとれる
ハーブ・野菜なども含みオメガ3・6の脂肪酸まで入って必要な栄養が十分にとれてヘルシー

玄米や全粒大麦など全粒穀物だから安心?
このフードはアレルギーが出やすいと言われる食材(小麦・とうもろこし・鶏肉・乳製品など)は一切使っていません。
全粒穀物
しかし、冒頭でもご説明しましたが、原材料に玄米・大麦などの穀物が含まれますのでグレインフリーではありません。

さらに、大麦にはグルテンが含まれますので、グルテンフリーでもありません。アレルギーのわんちゃんは注意してください!

本ブログの読者の方はしっかりと原材料や栄養成分を確認して購入する人が多いようなので、大丈夫だと思いますが‥。

口コミや評判については、引き続き本メディアでも募集したいと思っています。

保存方法は?

ドッグフード
ドッグフードの保存方法の基本は、なるべく空気に触れないようにすることです。空気に触れた瞬間、ドッグフードの油脂が酸素に反応して「酸化」が始まります。

また、空気だけでなく温度湿度、さらに直射日光や蛍光灯の光でも酸化が進みます。酸化すると過酸化脂質が増加します。過酸化脂質はがんや老化・動脈硬化の原因で有害な物質です(参考:厚生労働省e-ヘルスネット・過酸化脂質

天然由来の安全な保存料が使用されているので安心
・ただし、天然の保存料は体に優しい反面、酸化を防止する力は弱い。開封後は1~2ヶ月程度で食べきる!
・保管は風通りがよくて暗い場所で!直射日光だけでなく、蛍光灯もダメ!蛍光灯の光で有害物質(過酸化脂質)が最大630%もアップしたという研究報告がある。

それでは、どのように保存すれば良いのでしょうか?公式サイトにはこのように記載があります。

保管方法
当店のフードには人工保存料を使用していません。代わりに天然のハーブやビタミンEが配合されており、これらが安全な酸化防止剤・防腐剤の役割をしています。保管は高温多湿を避け、常温で保管して下さい。

開封後は約3か月を目安に、なるべく早めに使い切っていただくようお願いします。気になるようでしたら、ジッパー付きのビニール袋に小分けにしていただくと、ある程度酸化を防ぐことができます。

ラム肉を55%も使用している動物性原材料の多いナチュラルフードは、開封後とにかく早く食べきるべきです。ハーブなど天然の保存料は体に優しい反面、酸化を防止する力は弱いのです。

「開封後は3ヶ月程度で食べきってください」とありますが、目安としては、1~2ヶ月で食べきることをオススメします。

それでは、賞味期限はどのくらいでしょうか?公式サイトにはこのように記載があります。

賞味期限
賞味期限は商品パッケージの裏側に印字されています。「BBD」に続く数字が「日/月/年」を表しています。
例)BBD 01/03/15 → 2015年3月1日 賞味期限

たしかに、パッケージに日付が記載されていました。こちらです。
追跡番号

「BBD 04/11/19」とあります。このフードを購入したのは2018年9月8日なので、未開封なら2019年11月4日まで約14ヶ月間、品質が保てるという意味です。

アランズナチュラルドッグフード・ラムはこちらの写真のように、開封口(内側)に保存用ジップがついているので保存しやすいですね。このままジップをしめておきましょう。できれば袋止めクリップなども使った方が確実です。そして、なるべく空気に触れないようにしてください。
内側の保存用ジップ
自然素材を多用したフードでも、たまにジップがついていない商品もあります。意外と見逃せない点ですよ。

また、風通しがよくて暗い場所で保管してください。注意点としては、日光だけでなく、蛍光灯の当たらない場所で保管して下さい。
蛍光灯
直射日光だけでなく、蛍光灯でも過酸化脂質(がんや動脈硬化の原因になる脂質が酸化した有害物質)が最大630%もアップしたという研究報告があります。詳細はこちらの記事もご覧下さい↓
意外と知らない!ドライドッグフードの保存方法(酸化したフードの見分け方)

1日の量は?小型犬・中型犬・大型犬ならどのくらい与えるの?

給餌量
給与量
ナチュラルドッグフードは、消化吸収効率がきわめて良い高品質なフードです。必要な栄養だけがしっかりとつまっているので、あげる量も少なくて済みます。
ワンちゃんの犬種・性別・肥満度によって、必要な食事量は異なります。給与量表を参考に、愛犬の体重や体型をしっかりと目で確認し、食事量を少しずつ調節してください。

このように商品パッケージなどに給餌量の目安が記載されています。これを参考にしてください。

ただし、これはあくまでも目安(参考値)です。愛犬の活動量などによって違います。

適正量はウンチの硬さで判断すると分かりやすいですよ。公園などでウンチを拾うときに硬さを確認して下さい。
散歩する犬
ちゃんと形が整っていて、耳たぶくらいの硬さのウンチが理想です。

うんちを拾う時に形が崩れない硬さで、柔らかすぎず硬すぎない耳たぶ程度が理想です。食べ過ぎの場合は軟便になる事が多いようです。

うんちが柔らか過ぎる場合は量を少し減らし、硬すぎる場合は量を増やす‥という感じで調整してみてくださいね。
ウンチ
もし、もう少し厳密に愛犬の適正体重・適正な食事量を知りたい場合は、体重の増減を記録する方法がオススメです。

その場合の1日の給与量の計算方法については、こちらの記事で解説しているので、ぜひご覧下さい↓
ドッグフードの正しい1日の量はどのくらい?小型犬・中型犬・大型犬別に解説

最安値は?販売店舗はどこ?(価格・送料など)

販売店舗
アランズナチュラルドッグフード・ラムは実店舗(スーパーやホームセンター)での販売はしていません。そこで、Amazonと楽天を調べたところ、まず楽天では販売されていませんでした。

そして、公式サイトとAmazonではほぼ同じ価格で販売されていました。しかし、公式サイトで購入するのが最もリスクが無いとわかりました。

アランズNDFラム公式サイト(100%正規品です)Amazon楽天
通常購入3960円4968円-
定期購入最大20%OFF+各種特典--
送料全国一律640円※1万円以上または3個以上なら送料無料無料-

理由は、アランズナチュラルドッグフード・ラムは人気商品なので、並行輸入品が販売されているからです。

そして、正規品なのか?並行輸入品なのか?サイト上の写真だけでは判断が付かない事もあります。並行輸入品とは、業者が個別に輸入しているフードです。

価格を抑えるために、日本に到着してからの検査を一切してなかったり、劣悪な環境で長期間コンテナや倉庫に放置されていたりと、品質の劣化が心配です。

高級時計やバッグなどの物品なら並行輸入品でも良いかもしれません。しかし食品に関しては保存方法などの問題があります。

ですから、公式サイトで正規品を購入するのが安心です。また、公式サイトで定期購入すると最大20%OFFとお得です。

1日当たりのフード代は?
1日のエサ代
編集部の看板娘ラッキーちゃんを例にして計算してみました。※ラッキーちゃんは成犬の柴犬、体重10kg、1日に必要なカロリーは420kcalです。

アランズナチュラルドッグフード・ラムは、カロリーは339kcal/100g、内容量2kgで3960円(税別)です。
・420kcal÷339kcal×100g=124g(ラッキーちゃんが1日に必要な量)
・3960円÷(2kg÷124g)=248円
つまり、1日当たりのフード代は248円(税別)となります。

 

公式HP(正規販売サイト)へ >>

販売元:株式会社レティシアン
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン20F
URL:https://www.naturaldogfood.co.jp/

電話対応はどうなの?

電話対応オペレーター
ドッグフードメーカーの電話対応でよくあるのは、

・そもそも、電話が繋がらない
・電話が繋がって何か質問しても「私では分からないので担当者から折り返します」と言われ、いくら待っても連絡がない

‥など、そもそも電話対応やメール対応をする気のないメーカーが意外と多いということです。しかし、アランズナチュラルドッグフード・ラムを販売してる「株式会社レティシアン」さんは違いました!

海外からの輸送体制、HACCAP(ハサップ)、原材料の原産国などについて質問したところ、最初は電話口の女性に「私では分かりかねますので、担当者から折り返します」と言われました。

「ああっ、これは返答がないパターンか‥」と思いきや、すぐに担当者の方から折り返し連絡(メールまたは電話)がありました。そして納得のいく返答をしてもらえました。誠実に電話対応・メール対応されている会社ですよ。

返品・返金はできる?

返品・返金は可能です。ただし、お客様都合の返品は食品衛生上の問題から受付できません(これは食品なので当然の処置で、常識の範囲の事だと思います)

アランズナチュラルドッグフード・ラム返金・返品
商品の発送には万全を期しておりますが、万が一商品の不要・破損などにより返品・交換が必要な場合は、大変お手数ですが0570-200-012までご連絡ください。

※お客様のご都合による返品・交換は承ることができませんので、予めご了承ください。

(まとめ)「アランズナチュラルドッグフード・ラム」分析結果

アランズナチュラルドッグフード(NDF:NaturalDogFood)・ラムを採点評価!

評価項目評価評価内容
採点:10点満点
◎=2,◯=1,△=0,×=-1
7/10点
100%無添加で10種類以下のシンプルな原材料で必要な栄養を摂取できる自然食に近いフード。大麦などグルテンを含む穀類のアレルギーに注意。タンパク質20%とやや低いのが気になる人がいるかも?
良質なタンパク質
主原料として良質の肉が使用されているか?
人間が食べられるヒューマングレードのイギリス産の生ラム肉(生後12ヶ月未満の子羊)を55%も使用。文句なしに◎
無添加
合成保存料や合成着色料など人工的な添加物が含まれないか?
100%無添加。保存料には、天然のハーブなど野草を使用。人工添加物(着色料、香料、保存料など)は不使用。
ヒューマングレード
人間でも食べられるか?
全て人間が食べられるレベルの食材。中国産食材は不使用。基本はイギリス産で、玄米だけフランスまたはイタリア
栄養素
犬に必要な栄養素が十分に摂取できるか?
玄米や全粒大麦などビタミン豊富で消化に良い。ハーブや野菜も含み、オメガ3・6脂肪酸まで入って栄養十分。ただし大麦など穀類を使用(グルテンも含みアレルギー注意)タンパク質20%とやや少ないか?
価格
継続して購入できる価格か?
2kg=3960円(税別)1日当たり248円(体重10kgの柴犬の場合)プレミアムフードとして高品質かつ妥当な価格。
↓↓↓
さらに気になる項目として、外国産フードなので以下の2点も追加します。気になる点があれば減点方式として評価します。
↓↓↓
評価項目評価評価内容
採点:10点満点
△=0,×=-1
7/10点、変更無し!
「輸送体制」と「品質管理」という、外国産フードによくある不安感を払拭しています
輸送方法
高温のコンテナ輸送などで酸化・品質の劣化が無いか?
「ドライコンテナ」なので品質の劣化がやや心配。ただし、生産時の加熱温度115度を越えないので栄養素の破壊は少ない
品質基準
何らかの品質基準に合格しているか?
最も信頼性の高い検査体制、HACCP(ハサップ)により原材料への添加物までもチェック。港に到着後もコンテナ毎に開封して品質チェック
ラム肉

アランズナチュラルドッグフード総評
(ドッグヘルスアドバイザー解説)

(1)100%無添加で10種類以下のシンプルな原材料のみ。自然食に近いドライフード
このフードの特徴は「自然食に近いドライフード」と言えます。100%無添加で10種類以下のシンプルな原材料のみです。しかもヒューマングレードのイギリス産ラム肉を55%も使い良質のタンパク質が摂取できます。ハーブや野菜も含み栄養バランスも十分。

(2)玄米や全粒大麦など全粒穀物により血糖値の急上昇を抑制。ビタミン・ミネラル、オメガ3・6など栄養十分
玄米・全粒大麦・全粒オーツ麦など全粒穀物はインスリンの分泌が少なく、肥満が気になるわんちゃんにオススメ。全粒穀物はビタミン・ミネラルも豊富に含みます。亜麻仁やラム肉によりオメガ3・6の脂肪酸も入って栄養十分(犬は体内でオメガ3・6脂肪酸を合成できない)ただし、グレインフリー・グルテンフリーではないのでアレルギーに注意!

(3)製造前後に2回のチェック。厚生労働省も推奨するHACCP(ハサップ)で原材料の追跡
HACCP(ハサップ)では原材料の調達段階からチェックしますので、原材料自体への添加物なども検査できます。現時点では、これが最も信頼性の高い検査体制で、厚生労働省も国内での普及を推進している食品の衛生管理手法です。しかも、製造前・製造後の2回も有害物質や残留農薬をチェック。

正解

こんな方にオススメ!
・100%無添加でなおかつ自然食に近いこだわりのフードを探している
・ラム肉や玄米など、アレルギーが出にくい食材で、しかも必要な栄養が十分とれるフードを与えたい
・玄米や全粒大麦など、ビタミン・ミネラルが豊富で消化に良い全粒穀物が入ったフードを与えたい

いろいろと長く書きましたが、このフードの特徴を一言で表すとすれば「100%無添加の自然食に近いドライフード」といえます。
いいね
肉などの原材料にこだわったフードは他にもありますが、高カロリーであったり、非常に高額だったり‥と、なかなかバランスが難しいのです(汗)

そんな中で、アランズナチュラルドッグフードは1日当たりのフード代が248円(体重10kgの成犬柴犬の場合)と、栄養バランスが良く100%無添加で妥当な価格を実現しているドッグフードなのでオススメしました!

アランズナチュラルドッグフードは食いつきが凄いから、美味しそうにモグモグ食べてくれる様子をみてると、飼い主さんもハッピーになれるね♪

 

公式HP(正規販売サイト)へ >>

販売元:株式会社レティシアン
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン20F
URL:https://www.naturaldogfood.co.jp/

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ