わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

アレルギーだと判明したので、魚と米のドックフードに変えました

雑種
私は主人と二人暮らしをしながら、3才メスのMIX犬を飼っている20代主婦です。

以前は、チキンを主原料にした海外産のドライフードをあげていました。たんぱく質が豊富だということで獣医さんに勧められ、動物病院で購入したものです。

しかし、適量を与えても体重が増えてしまったので、同じメーカーの体重管理のものに変えることにしました。

体重管理のためのドッグフード

体重管理のものも原料はチキンと小麦粉が中心ですが、脂肪分がカットされていました。味はどちらも変わらずチキン味のものをあげていました。

しかし、体重はなかなか減らりませんでした。しかも、1才頃にお腹周りの毛が抜けたり体をとても痒がるようになったのです。血液検査の結果、アレルギー持ちだと判明しました。

そこで、アレルギー食のドライフードに変えました。これは米や魚介類が原料の国産のドライフードで、味はフィッシュ味でした。

皮膚に良いフィッシュコラーゲンや、腸を健康に保ってくれるフラクトオリゴ糖を配合しているものです。

アレルギーに対応しているかどうかを重要視

フードを変える際に特に重要視した点は、アレルギーに対応しているかどうかというところでした。

小麦粉はアレルギーを起こしやすいと聞いていたので、小麦粉を使っていないものを探しました。また、魚介類に含まれているDHAやEPAは、皮膚のサポートに良いと聞いていたのでこのドライフードはとても理想のものでした。

嬉しいことにこれを与えはじめてから体を痒がることも減ったのです…!しかし、フィッシュ味にすぐ飽きてしまい、数ヵ月で残すようになりました。

お湯で柔らかくしてあげてみたり、茹でた鶏肉を少量混ぜたり工夫してみたのですが、鶏肉だけ食べてドライフードはきれいに残すようになってしまったのです。そのとき初めて、この子はチキン味が好きなんだと分かったのでした。

皮膚によいものを見つけることが出来ました

前のフードに戻しても食べてはくれるでしょうが、アレルギーがまた悪化してしまうと思い、他にチキン味でアレルギー対応のものを探しました。

スーパーのペットコーナーで様々なドライフードの原料を見て検討したところ、国産で米、魚、チキンが中心のドライフードに出会えたのです。

魚が入っていますが、味がチキン味なので飽きることなく今も食べてくれています。

また、これは皮膚に良いDHAやEPA、コラーゲンだけでなくオメガ-3系不飽和脂肪酸も含まれています。皮膚によいものを見つけることが出来て良かったです。

アレルギーになりにくい、魚や米を原料にしているものを選ぶことが重要

それからは、アレルギーも悪化することなく落ち着きました。このままこのドライフードを続けようと思っています。

私の経験から、その子の好きな味を理解することも大事なんだなと思いました。

アレルギーがある子は特に、皮膚に良い成分が含まれていることやアレルギーになりにくい、魚や米を原料にしているものを選ぶことが重要だと思います。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ