わんたす|犬の健康とドックフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

犬を喜ばせるにはお肉!ドックフードを食べない時は‥

イングリッシュセッター
36歳の専業主婦です。31歳のときに結婚して、2年間、夫の母と同居をしました。そこにいたのが、雑種の18歳の「ジュニア」で、黒くて長い被毛を持った、イングリッシュセッターを小さくしたような風貌でした。

老犬なので、一日のほとんどを寝てすごしていました。でも、散歩に連れて行くとふらつきながらも喜んで歩きました。足腰に問題はなく、排泄も自分でちゃんとできていました。

義母はそこまでペットをかわいがるようなタイプではなく、手作りフードなどは与えずに、いつもドライフードを与え、リンゴの皮などをときどきあげていたようです。

犬は犬という考えにカルチャーショックを受けました

私の実家でもゴールデンレトリバーを飼っていましたが、「お犬様」状態で、家族で溺愛していたので、この差にはカルチャーショックを受けました。

夫の家族では、犬は犬という考えなので人間の食べ物を分けてあげることなどありませんでした。フードと固くなったパン、果物の皮がジュニアの食べ物で、初めて会ったときから食欲があるようには見えませんでした。

ジュニアがフードを食べなくなったのは8月の暑い時期でした。高齢なので暑さがこたえるのだろうと思いました。

フードを何も食べないので不安になり‥

2日間何も食べないと不安になり、義母や夫に相談してフードをお湯でふやかしてみました。パンをふやかしたものも与えてみましたが、やはり食べてくれませんでした。

そこで思い出したのが、実家のゴールデンでした。太らないように、鶏肉のささみや小さなおにぎりをおやつとして与えていたのです。

同じように、ジュニアにも余ったご飯を小さなボール状にしてあげてみました。ジュニアは鼻をピクピクさせて、少し舐めていましたが結局食べてくれませんでした。

水だけで4日間も過ごし、さすがに義母も心配になったようでした。5日目にお肉をあげてもいいか聞くと古くなったハムを出してくれました。

ハムを凄い勢いで食べました(笑)

本来、犬は肉食なので野菜を与えることは胃腸の負担になると聞いたことがありました。夫の家族にとってはありえない話ですが、私の実家のゴールデンもお肉が大好きで、フードの上に焼いたお肉を置くとヨダレで洪水になるんじゃないかと思うくらい喜びます。

ジュニアも、お肉なら食べてくれるかもしれないと思い、フードの上にハムを置いて与えてみました。※添加物たっぷりで、さらに古いハムというのが気にはなりましたが、食べないと死んでしまいそうでどうにかして食べさせたかったのです・・。

すると、食事に見向きもしなかったジュニアが立ち上がり、ハムをすごい勢いで食べました。ときどき喉に詰まらせながら、今までに見たことのないような食欲を見せてくれました。

でも、ジュニアは亡くなりました

その2日後にジュニアは亡くなりました。夕方、庭で涼んでいたはずが、変な体勢で動けなくなっていて、慌てて獣医を呼び診察をしてもらいました。

獣医の話によると、腰を痛めているので寝たきりになりそうだということでしたが、朝起きると呼吸が止まっていました。

慣れていないお肉を与えたことが命を縮めてしまったのではないか?と思い、申し訳ない気分でいっぱいでした。

しかし、この話を実家の母にすると、最後だけでもお肉が食べれてよかったと言ってくれました。今でもよかったのか悪かったのか分かりませんが、犬を喜ばせるにはお肉が一番だと思います。

フードの食いつきが悪いと思ったら、火を通したお肉をトッピングするのがおすすめです。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ