わんたす|犬の健康とドックフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

ドックフードを替えてダイエットに成功。食べない事もあったけどサンプル品などで試すしかない

ミニチュアピンシャー
私は夫と娘の3人家族でミニチュアピンシャーの女の子(14)を飼っている30代主婦です。普段はデザイナーとして在宅で仕事をしています。

以前はとくにこだわりもなく、近所のホームセンターで購入できるありふれたドックフードを与えておりました。こだわりといえば国産であることぐらいです。この子の前に、家の外で飼っていたミックスの男の子がいました。同じようなドックフーで天寿を全うしたこともあり、自然に似たような選択をしていたのだと思います。

小型犬で家中を駆け回っていたため、運動不足の心配をあまりしていませんでした。しかし、在宅の自由業で餌の時間や散歩が不定期であったりしたことが影響したのか、我が家に迎えてから4年経った頃、ミニチュアピンシャーのスレンダーな体とは、かけ離れた体型になってしまったのです!

餌の改善から始めるべくドックフードを買えてみました

これではいけない!とまずは、餌の改善から始めるべくドックフードを買えてみました。そして買い替えに際して、カロリーの低いドックフードの成分や原材料について調べてみることにしました。

その時初めて、カロリーについてはもちろんのこと、原材料や成分、味まで、ドックフードは多種多様に展開されていたことにおどろいた覚えがあります。ドックフードについてそれほど気にした事がなかったので、ここまでいろんな商品があると思ってませんでした。

そこで、これからも末永く健康でいてほしいと思い、いつでも切らすことのないよう、なるべく近所のホームセンターやスーパーなどで購入出来ることを条件に探しました。また、着色料や酸化防止剤がほぼ入ってなくて(ビタミンのみ)、動物性油脂もなく、新鮮な鶏肉ベースの栄養バランスのとれたフードを探して買い替えました。

ダイエットに成功して10年近く経ちます

実は、これにたどり着く前にいくつか他のものも試してみました。しかし、思ったより粒が大きかったり味が気に入らなかったりと、なかなか口にしてくれないものもありました。

今のドックフードは愛犬も気に入っているようで、初めて与えてから10年近くたちます。ダイエットにも成功して、ミニチュアピンシャーらしいスリムな体型に戻りました。また、加齢の為、同シリーズ内で種類を変えみても違和感なく食べてくれるので嬉しいです。

現在はもうおばあちゃんになり、足腰も弱ってきましたが、できる限り長く一緒に過ごしたいので、これからもいっそう食事面に気を付けていこうと思います。

喜ぶごはんを見極めてあげることが大切

私が、ドックフードを買い変えたきっかけはダイエット目的から始めたことですが、ミニチュアピンシャーの平均寿命を超えるほど長生きをしてくれて、期待以上の効果もありました。なにより私自身が、ドックフードに対してや、犬を飼うということへの意識が大きく変わりました。

犬種やサイズ、または年齢や飼う状況・場所により、さまざまな商品があります。私達が愛犬にしてあげられる一番の健康管理は、ドックフード選びだと思います。

きちんと愛犬の体型や体調をみて買ってみたけれど、合わなかったらどうしよう…などと不安はあるかと思います。しかし、小さなお試しサイズなどもありますし、何度買い替えてでも本当にその子に合う、喜ぶごはんを見極めてあげることが大切だと思います。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ