わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

幼犬期にいかに安全で無添加のフードを食べさせるか、あとはわんちゃんの好み

ミニチュアダックスフンド
私は、自営業(自宅でのデザイン作業の為ほぼ在宅)をしながら、一人暮らしをしている36歳女性です。飼っている犬の犬種は、ミニチュアダックスフンド2匹でオス8歳、メス2歳です。

オスは体重9キロで肥満気味、メスは5キロでややぽっちゃりしていてます。2匹ともよく食べるのです。

エサを替えようと思ったのは、オスが去勢しているのもあり肥満気味で、このままでは病気になってしまうのでは?と考えたのがきっかけでした。

食べる事の楽しさ、喜びをもっと感じさせてあげたい

早速、インターネットにて無添加で安全なドッグフードを探しました。すると、お試し価格での購入ができる所を見つけたのです。

チキン味で成分は、骨付きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、後はグルテンフリーの穀物が入っていて、生産国はイギリスです。お試し価格で購入後、2015年にエサを切り替えることに決めました。

変えた理由は、やはり病気を防ぎ健康で長生きして欲しいとの思いからです。また、美味しいごはんを食べさせてあげたい、食べる事の楽しさ、喜びをもっと感じさせてあげたいという思いもありました。

すぐに全て変えてしまうと食べないとはよく周囲からも聞いていたので、最初は3分の1混ぜて徐々に全部にしていきました。しかし、変える前のドッグフードと混ぜていた時は食い付き良く食べていたのですが、全部にした所ほとんど食べなくなったのです…!

匂いが気になったようです

内容や成分は良いはずなのに…。今までと違うからか相性や好みからなのか、興味を示さなくなってしまったのです。理由は、匂いや味が好みでは無いからだと思います。

チキン自体は好きなのですが、独特の匂いがして、それが合わなかったみたいです。ごはんを食べてくれなくなったので、これではいけない!と思い、変える前のドッグフードに戻しました。後、値段が張るので大変だったのも事実ありました。

そのドッグフードは、ペットショップでこの子たちが売られていたお店で与えられていたドッグフードです。原産国はフランスで、鶏や七面鳥の動物性タンパク質が多め、トウモロコシ等の穀物や、食物繊維も入っています。

無添加ではありませんが、一生食べ続けても致死量に至ったり、それにより病気を起こす可能性は無いと判断され作られたそうです。

ずっと買える値段であるのかも吟味する必要もある

今までは、無添加で安全という事だけに着目していました。確かに成分的には安全で安心感はありましたが、だからといってわんちゃん達がそれを好むかというとまた別の問題です。

たまたま合わなかっただけで、他の無添加のドッグフードであれば食べたのかもしれません。今回の経験を通じ、わんちゃん達は幼少期に食べさせていた物を好むのではないかと思いました。

幼少期にいかに安全で無添加の物を食べさせるか、後はわんちゃん達の好み、アレルギー等確認して、幼少期に慣れさせていく事で継続できていくのだと思います。

また、高価なドッグフードを一時期与える事ができても、今後の事をしっかり考えて、ずっと買える値段であるのかも吟味する必要があると思います。現在は8歳の子も、2歳の子も健康優良児で特に問題はありませんので嬉しい限りです。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ