わんたす|犬の健康とドックフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

ダックスフンドに穀物と添加物アレルギーが見つかった!

ミニチュアダックスフント
私は実家暮らしの20代のフリーターです。家族と現在11歳のメスのダックスフントと住んでいます。

たまに、愛犬にご飯などの穀物をあげる事があったのですが、穀物をあげるたびに、犬がくしゃみをしたり、食べたものを戻したり、目の周りなどの皮膚が赤くなったりと、変な症状が出る事が多かったので、不思議に思ってました。

調べてみると、ダックフントは小麦や米やとうもろこし等の穀物にアレルギーを持つことが多いそうなのです。心配になり、病院に行って検査してもらった所、穀物アレルギーと香料などの添加物アレルギーを持っている事が判明しました。

飼い始めてから1年目、愛犬が2才の時の出来事です…。

犬は穀物アレルギーを持っていることが多い

犬は穀物を身体に吸収することが出来ないので、あげても意味はないし、アレルギーを持っていることが多いので犬には絶対あげない方が良いです。

その時は、アレルギーを抑える薬をもらったので、細かく砕いてドッグフードに混ぜて与えました。するとアレルギー症状は治まって、目の周りの赤みやくしゃみなども治まったので一安心です。

それからは、犬に穀物と添加物はあげないように気を付けていました。でも、親が間違えて穀物をあげてしまう事が稀にあり、そんな時は、やはり前回と同じ症状が出てしまってました。愛犬が辛そうにしている姿をみるのはとても悲しかったです。

アレルギー対策として飼い主が気をつけること

間違えて食べてしまったときは、薬を与えて症状を抑えるようにしていました。だけど獣医に相談したところ、アレルギーの食品は、与えない事が一番の対策だと教えられたので、絶対に穀物は与えないように気を付けるようになりました。

なので、親にも絶対あげないようにお願いをして、何かあげる前は私に伝えるように頼んみました。その甲斐あって、間違えて穀物をあげる事もなくなり、愛犬の体調も良くなったので本当に良かったです。

愛犬の食物アレルギーは、アレルギーの対象の食材は与えないことが、一番効果的な対策です。自分があげるときはもちろん、同居人がいる方は同居人にもお願いして、気を付けてあげてほしいです。

犬は身体が小さいので、ほんの少しのアレルギー症状や体調不良でも、すぐに状態が悪化したりして、とても辛い思いをすることになります。なので犬の体調にはとても気を付けてあげてほしいと思います。

薬で症状を抑えることはできるけど‥犬が快適な生活を送るために

薬でアレルギー症状を抑えることも出来ますが、薬は身体にかかる負担が大きいので、なるべく飲まなくて済むように気を付けてあげる事がすごく大事だと思います。万が一、薬をあげることになったら、細かく砕いてえさに混ぜるようにしたりと、食べやすくして与える事も大切です。

飼っている犬の事を知ってあげる事、犬の状態をしっかり観察することが、アレルギーなどの病気を防ぐだけではなく、犬が気分よく生活が送れるには大切な事だとおもいます。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ