わんたす|犬の健康とドックフードのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

ドッグフードを食べなくなる時期、食べる時期

ミニチュアダックスフント
私はフリーデザイナーをしています。両親と同居しており、ミニチュアダックスフントのメスを二頭、飼育しています。14歳と13歳です。

14歳の子の話です。飼い始めた当初、食が細くドライフードはほぼ食べないような子でした。遊びながら手で与えないとまったく食べず、水もあまり飲まない子でスープや缶詰を与えていました。

また13歳の子を飼い始めてすぐに、ドライフードも食べるようになりました。取り合いとは言いませんが、ご飯を取られてしまうのが嫌らしく、ちゃんと自分のものは食べるようになりました。

いつも同じ缶詰やフードでは、犬も飽きてしまう

14歳の子は、おやつばかりを欲しがることが今でも多いです。現在はドライフードと缶詰、ふりかけなどを混ぜて与えています。そうすると、だいたい食べてくれますが、月の半分くらいは食べないことも多いです。

よく食べる日は、お散歩に行ったりした時です。特に犬が喜ぶ場所(ドックランなど)にいった日は、散歩時間が少なくてもたくさん食べてくれるのです。気分がいいせいなのかもしれません…。

しかし、どうしても食べない日はあります。1日2食ですが、両方食べる日の方が少ないぐらいです。散歩不足なのか?痩せすぎてしまっているということはないので、特に心配はしていませんが、犬の好みもあると思います。

よく食べるものを探すのが一番手っ取り早いと思います。たまに頂ける無料サンプルを喜んで食べることもあるので、いつも同じ物では犬も飽きてしまうのでしょう。たまには違うものを与えてみるだけで、食いつきが違うと思います。

缶詰やドライフードを色々と工夫

13歳の子の話になりますが、この子はなんでも食べる子だったので、1日に何も食べないということはありませんでした。元々糖尿を患っていたので、食欲がとても旺盛なせいもあると思います。

高齢になってから、子宮の摘出手術をしたので、一気に体重が減ってしまった為、(掛かりつけの病院の医者には逆に太るはずなのだが‥と言われ)1日3食は食べさせています。

それでもやはり、1日3回も同じ食事だと飽きてしまうらしく、缶詰やドライフードを色々と工夫して食べさせています。

手作りスープは保存もできるしオススメ

食べる食べないを見ていると、人間と同じで、飽きてしまうのだろうというのが結論です。

たまに、ご褒美であげるおやつを嬉しそうに食べているのを見ると、余裕がある時は、ご褒美で少し違うものを与えてあげようと思います。人間の食べ物は塩分やカロリーが高すぎるので控えていますが、なるべくおいしいものを与えてあげたいなと思っています。

手作りのスープなどは、かなり食べて貰えると思いますし、保存もできるのでかなりオススメです。どうしても食べて貰えない時のために、お気に入りのおやつと缶詰は常にストックしておくようにしています。

それでもそれも飽きてしまうので、新しい製品が出たら、食べてくれるかどうか分からないですが、試しに購入することにしています。

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ