わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

愛犬の口が生臭い。全身麻酔で歯石除去をしました。

雑種
私はデザイナーをしている20代女性です。家族は父、母、妹です。飼っている犬は雑種のオスで13歳くらいです。

愛犬は里親に出されていたところを引き取ったのですが、引き取ったときから口臭は気になっていました。何とも言えない生臭いような臭いです。

この子は口臭がひどく、私の顔をなめようとしてくることがあるのですが、顔が近づいてくるだけでくさいです。

愛犬はかわいいのですが、この臭いだけは我慢できません。顔を近づけてくることはやめて欲しいです。この臭いの口でぺろぺろ顔をなめられるのは嫌なんです。

口臭の原因の一つは口の中の汚れ

口臭がひどいので何とかしようと思って、まずは原因を考えてみることにしました。ネットで調べていく中で、口臭の原因の一つが口の中の汚れである事がわかりました。

犬の口の中を見てみると歯が黄ばんでいます。この汚れが口臭の原因なのでしょう。愛犬にはこれまで歯磨きしてきませんでした。

人間も歯磨きをしなければ歯垢がたまるように、犬も歯磨きをしなければ歯垢がたまります。

何年も歯磨きをせずにいれば何年分もの歯垢がたまり、口臭がきつくなっても不思議ではありません。

歯ブラシを拒否して歯磨きができませんでした

口の中の汚れが原因なら、歯磨きをしてきれいにすれば口臭が軽減するはずです。そこで、夜寝る前に歯磨きをしてみました。

しかし、これまで歯磨きをしてこなかったので、歯ブラシを口に入れようとすると、嫌がってまったく歯磨きをさせてくれません。

そこで、歯磨きの代わりになるグッズを使ってみました。歯磨き効果のあるおもちゃを噛むことで、歯磨きをしたように口の中がきれいになるのだそうです。

おもちゃで遊ぶことは喜んでやってくれます。これによってこれ以上歯垢がたまることを防げそうです。

歯石除去をすることにしました

しかし、これまでにこびりついる歯の汚れはおもちゃでは落ちません。まだ口臭は気になります。歯にこびりついて取れないものは歯石です。

歯垢なら歯磨きなどで取り除けますが、歯石になってしまうと歯磨きでは取り除くことができず、獣医さんに歯石除去をしてもらう必要があります。

歯石がついていると歯周病やその他全身疾患のリスクもあるようなので、口臭を改善するためと病気予防のために歯石除去をお願いしました。

歯石除去は全身麻酔をして行います。歯石除去をした年齢は10歳くらいだったので、ギリギリ全身麻酔に耐えてくれました。

歯石を除去した事により口臭がなくなりました!!

現在13歳で高齢なので全身麻酔は体への負担が心配なので、早い段階で歯石除去をお願いしてよかったです。

歯石を除去したら口の中がきれいになりました。口臭も気になりません。

また歯石がついてしまわないように今でも歯磨きおもちゃを使っています。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ