わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

4歳で突然アレルギーで皮膚がカサカサに!でも、今は毛並みもツヤツヤになりました。

ロングコートチワワ
私は夫と小学生の男の子二人と犬一匹と合計五人家族の36歳の専業主婦です。飼っている愛犬は、ロングコートチワワのオスで6歳になりました。

最初は知人からある事情で預かっていたのですが、飼えなくなってしまったという相談を受けて、3歳の時に我が家へやってきたのです。とにかく元気な子で、最初のうちはドッグフードに悩むことなく順調でした。

しかし、4歳の誕生日を迎えた頃から、やたらと身体を掻くようになったのです。シャンプーが足りないのか?ハウスダストなのか?と色々対策をしましたが一向に良くなる気配がありません。そこで、動物病院へ連れて行くことにしました。

お医者様からアレルギーだと診断され、穀物だらけのフードを見直し

この時お医者様から、何らかのアレルギーだろうと言われました。そこで薬を処方してもらったのですが、この薬をずっと使い続けるのは身体にデメリットも多いので、別の方法で治してやりたいと思いました。

アレルギーは血液検査をしても特定する事がなかなか難しいそうで、特に愛犬のような皮膚疾患は、食べ物が原因であることが多いと聞きました。ここで初めてチワワにやっていたドッグフードを見直しました。

当時使っていたドッグフードのメーカーは、特に決まっておらず、その時々で安いものを与えていたのです。それでも普通に食べていたのであまり気にしていませんでした。今考えると、穀物だらけの消化の悪いドックフードがほとんどだったと思います。

とにかく安全なフードを与えたい。穀物不使用、タンパク質が多く、無添加が選択基準

今まではウエットタイプもドライフードも両方食べていたので、特に決めずにこれもその時安かった方を買ったりしたいました。また、新商品が出れば興味本位で買うという様な感じでかなり適当に選んでいました。

この適当に選んでいたドックフードが原因でチワワの皮膚状態が悪くなってしまったのかもしれないと思い、受診をきっかけにドックフードを買い換えようと思ったのです。

完全に替えたのは、4歳半になった頃だと思います。皮膚のことを考えて、とにかく安全な物を与えたいと思いました。穀物アレルギーをおこすワンちゃんが多いと聞きました。そこで、穀物不使用でたんぱく質が多く、無添加な物を中心に色々調べました。

今まで食べていたドックフードと混ぜながら与えてみました

色々と調べる中で、理想的なドックフードがあったのですぐに取り寄せました。しかし、いきなり変更したことが気にいらなかったのか、最初は食べてくれませんでした。

口コミなどでも食いつきが良かったと聞いていたし、お値段も今までのと比べると値が張るので何とか食べて欲しいと、どうしようかと悩みました。色々と考えた結果、急に変えるのではなく、少しずつ慣らしていくことにしました。

そこで、良いフードではありませんが、今まで食べていたフードと混ぜながら、新しいドックフードの量を増やして、切り替えていったのです。すると段々と味に慣れていき、最終的には新しいドックフード単品で食べてくれるようになったのです。

食べたもので身体は作られている

今もずっと使っているドックフードの原材料は、骨抜きチキン生肉と乾燥チキンがメインで、他にも野菜やハーブが含まれています。国産ではなく外国産なので若干、香りが強い気がしますが、これも慣れると大丈夫でした。

チキンがいっぱい入っているのでチワワも良く食べますし。皮膚の状態もかなり落ち着いています。人間もそうですが、食べたもので身体は作られているという事が身に染みました。

今まで適当に選んでしまっていた事を、本当に申し訳なかったたと思っています。人間と同じように、身体に良いものをこれからも食べさせていきたいと思いました。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ