わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

ローソンのドッグフードを徹底検証!コンビニのペットフードは安全なの?

ローソン店内
ローソンやナチュラルローソンには、わんちゃん・猫ちゃん用の国産の保存料・着色料不使用の無添加のペットフードやおやつが販売されています。

「国産だし着色料・保存料不使用だから安全なドッグフードでは?」と思うかもしれませんが、本当に安全でしょうか?

危険な添加物や原産地が不明な食材は使用されてないでしょうか?キャリーオーバー(原材料表に表示されていない添加物が含まれている)はどうでしょうか?

この記事では、安全性や栄養面で何か悪い部分はないか?悪いクチコミ・評判は事実なのか?編集部のドッグヘルスアドバイザーが検証しました。

    • ローソンのドッグフード・おやつは全くオススメできないよ!特に原材料の原産国が不明で、しかもキャリーオーバー(原材料欄に表示されていない添加物が含まれている)の可能性が高いね

コンビニのドッグフードのメリットとデメリット

メリット
・近所の店舗で24時間いつでも購入できる
・少量なので重たくない・持ち運びに便利
・いつも与えているフードが切れた時にすぐに買える

24時間いつでも買えるので、いつものフードを切らした時や、災害時や旅行など一時的に購入するには便利だね

デメリット
・原材料の原産国が不明(本当に国産なのか?よく分からない)
・原材料欄に記載されてない添加物が入っている可能性が高い(キャリーオーバー)
・少量のフードしか置いていない場合が多い
・割高(コスパが悪い)

    • 原材料や添加物など、安全性に疑問のあるフードやおやつばかりだね(汗)しかも、容量のわりには料金が高いのでコスパも悪いよ

その「国産ドッグフード」は本当に「国産」なの?
ドッグフード

ドッグフードの原産国の定義ですが、ペットフード安全法では最終加工をした国を原産国とするように定められています。

だから、中国や韓国で製造して最終的な加工だけを日本で行い「国産」と表記してるドッグフードもありますから注意が必要です。

近所のコンビニやスーパーやホームセンターで販売されている格安国産フードは、実は中国の工場で製造されたものかもしれませんよ?

この「国産」の定義について詳しくは、こちらの記事をご覧下さい↓
「国産」「無添加」ドッグフードに注意!2つの問題点と危険な添加物とは?

    • 中国や韓国の工場で製造しても、日本国内の工場で最終加工すれば「国産」と表記できるんだよ!「原材料が国産」という意味ではないから注意してね!

その「無添加フード」は本当に「無添加」なの?キャリーオーバーって?
吐いてる犬

ペットフード安全法では、原材料自体に強力な添加物をいれてもそれを表示する義務はありません。

ですから、ペットフードの原材料表を確認して化学合成された添加物が記載されてなくても、実際には原材料自体に含まれている可能性があります(これをキャリーオーバーと言います)

例えば、低価格のフードによく使われる「動物性油脂」や「チキンミール」は自然界でそのまま存在するわけではありません。

この「動物性油脂」や「チキンミール」という「原材料そのもの」を製造する必要があるわけです。その原材料の製造過程で、どれだけ強力な添加物を使用しても、それを表示する義務はありません!

ですから、ドックフードの原材料表に酸化防止剤や着色料が表示されてなくても、実は原材料の製造過程(原材料自体)で添加物として使われている可能性があります。

    • 原材料自体(動物性油脂やチキンミールなど)に強力な添加物をいれても、表示義務はないよ!

※「キャリーオーバー」と「国産」表示については、こちらの記事をご覧下さい↓

「国産」「無添加」ドッグフードに注意!2つの問題点と危険な添加物とは?

犬ごはん 鶏ささみと3種の彩り野菜

それでは、ここからは実際の商品を確認していきましょう。
鶏ささみと3種の彩り野菜

鶏ささみと3種の彩り野菜・原材料表

ローソンファーム

原材料
鶏ささみ、鶏肉、鶏ガラスープ、キャベツ、にんじん、かぼちゃ(皮含む)、寒天

※危険または怪しい原材料は赤色表示しています

特徴

「ローソンファームのキャベツとにんじんを使用しています」という文言があるので、キャベツとにんじんについては国産です。しかし、それ以外の原材料(鶏肉やかぼちゃなど)については原産国の説明はありません。

また、このようなパウチ(小袋)に入った、水分を多く含むウェットフードにも関わらず、賞味期限が長い(2年程度ある)ので、原材料表には表示されていないけど、原材料自体に強力な添加物を入れている可能性が高い(キャリーオーバー)です。

犬ごはん 鶏肉のトマトスープ煮 ささみ・レバー・砂肝入り

鶏肉のトマトスープ煮 ささみ・レバー・砂肝入り

原材料

ローソンファーム

原材料
鶏肉、トマト加工品、鶏ささみ、鶏レバー、鶏砂肝、鶏ガラスープ、鶏脂、にんじん、キャベツ、ブロッコリー、寒天

※危険または怪しい原材料は赤色表示しています

特徴

「ローソンファームのトマト・にんじん・キャベツを使用しています」という文言があるので、これらについては国産です。しかし、それ以外の原材料(鶏肉やブロッコリーなど)については原産国の説明はありません。

また、このようなパウチ(小袋)に入った、水分を多く含むウェットフードにも関わらず賞味期限が長い(2年程度ある)ので、原材料表には表示されていないけど、原材料自体に強力な添加物を入れている可能性が高い(キャリーオーバー)です。

犬ごはん 鶏ささみと牛レバー 野菜・チーズ入り

鶏ささみと牛レバー 野菜・チーズ入り

原材料

ローソンファーム

原材料
鶏肉、鶏ささみ、牛レバー、鶏ガラスープ、キャベツ、にんじん、かぼちゃ、プロセスチーズ、ブナシメジ、寒天、食用アマニ油

※危険または怪しい原材料は赤色表示しています

特徴

「ローソンファームのキャベツ・にんじん・しめじを使用しています」という文言があるので、これらについては国産です。しかし、それ以外の原材料(鶏肉や牛レバー、アマニ油など)については原産国の説明はありません。

また、このようなパウチ(小袋)に入った、水分を多く含むウェットフードにも関わらず賞味期限が長い(2年程度ある)ので、原材料表には表示されていないけど、原材料自体に強力な添加物を入れている可能性が高い(キャリーオーバー)です。

犬ごはん 鶏ひき肉の玄米がゆ きのこ入り

鶏ひき肉の玄米がゆ きのこ入り

原材料

ローソンファーム

原材料
ブナシメジ出汁、鶏肉、発芽玄米、白米、キャベツ、にんじん、ブナシメジ、寒天

※危険または怪しい原材料は赤色表示しています

特徴

「ローソンファームのキャベツ・にんじん・しめじを使用しています」という文言があるので、これらについては国産です。しかし、それ以外の原材料(鶏肉や玄米など)については原産国の説明はありません。

また、このようなパウチ(小袋)に入った、水分を多く含むウェットフードにも関わらず賞味期限が長い(2年程度ある)ので、原材料表には表示されていないけど、原材料自体に強力な添加物を入れている可能性が高い(キャリーオーバー)です。

ローソンの犬のおやつ

    • 合成甘味料や食塩などが多く、原材料の原産国も不明なので、オススメできないよ!

それでは、ココからはおやつについて解説します。どのおやつにも共通して言えることは、合成甘味料や食塩など、不要な添加物が含まれることです。

さらに、にんじんやトマトなどはローソンファームのものなので国産ですが、鶏肉や大豆、とうもろこしなどは原産国の説明が無いので不明です。

犬おやつ ささみソフト細切り にんじん・砂肝入り

ささみソフト細切り にんじん・砂肝入り
原材料

原材料
鶏ささみ、にんじん、大豆粉、でん粉(とうもろこし、小麦)、鶏砂肝、食塩、粉末卵白、グリセリン、トレハロース、ソルビトール、プロピレングリコール、水酸化Ca

※危険または怪しい原材料は赤色表示しています

犬おやつ ささみチップ トマト入り

犬おやつ ささみチップ トマト入り
原材料

原材料
鶏ささみ、トマト加工品、大豆粉、でん粉(とうもろこし、小麦)、食塩、粉末卵白、トレハロース、水酸化Ca

※危険または怪しい原材料は赤色表示しています

犬おやつ ささみチップ さつまいも入り

ささみチップ さつまいも入り
原材料

原材料
鶏ささみ、さつまいも(皮含む)、大豆粉、でん粉(とうもろこし、小麦)、食塩、粉末卵白、トレハロース、水酸化Ca

※危険または怪しい原材料は赤色表示しています

犬おやつ ささみソフトスティック さつまいも入り

ささみソフトスティック さつまいも入り
原材料

原材料
肉類(鶏肉、鶏ささみ)、さつまいも、小麦粉、脱脂大豆粉末、砂糖、でん粉、アマニ、食塩、ソルビトール、プロピレングリコール、ポリリン酸Na

※危険または怪しい原材料は赤色表示しています

(まとめ)緊急時以外はローソンのドッグフードは与えないで!

    • いつものフードを切らしてしまった時や災害時など、一時的に利用するなら問題ないけど、長期間与えるのはやめよう!

・24時間あいてるので、いつものフードを切らした場合や災害時など、一時的に購入するには便利
・フード自体は国産だが、原材料の原産国が不明なものが多く、不要な添加物も多い
・原材料表に表示されていない添加物が含まれている可能性が高い(キャリーオーバー
・容量の割には料金が高いので、そもそもコスパが悪い

やはり、ローソンのようなコンビニのドッグフードはそもそも安全性に疑問が残ります。

いつものドッグフードを切らして、一時的に数日だけ与えるのなら健康に問題はないですが、長期間与えるのはオススメできません。

愛犬の健康を守れるのは、飼い主のあなただけです!ぜひ、しっかりと調べてくださいね。

[合わせてよく読まれている記事]

セブンイレブンのドッグフードを徹底検証!コンビニのペットフードは安全なの?

イオンのドッグフードを徹底検証!トップバリュとイオンペットのフードは安全なの?

コープのドッグフードを徹底検証!生協・coopのペットフードは安全なの?

タニタ会長プロデュース・無添加ドッグフード

迷ったらコレ!おすすめランキング

タニタ会長プロデュース・無添加ドッグフード

[特集記事]

売れ残った犬はどうなるの? 市販のドッグフードは危険

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ