無添加ドッグフードのおすすめと犬の安全安心な暮らし|わんたす

おすすめの無添加ドッグフードと犬の健康のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らしサポート

犬がドライフードを噛まない!すぐ飲み込む理由と対策

早食いする犬
愛犬がドライフードを噛まないで急いで食べて丸呑みしているのを見ると、ちゃんと消化できるのか、お腹の負担にならないか心配になりますよね。

「もしかして、食事の量が少ないからお腹が空いてるのかも?」なんて思ったり、はたまた何かの病気かも?と考えたりして心配ですね。

なぜ、ドライフードを噛まないで丸呑みしたり、早食いする犬が多いのでしょうか?

また、丸呑みや早食いをすることで何か危険なことはあるのでしょうか?この記事で一緒にみていきましょう。

    • 老犬や子犬、短頭種、大型犬は早食いが危険な場合があるよ!対策してあげてね

犬がドライフードを噛まない・早食いする理由は?

犬がなぜドライフードを噛まないで丸呑みしたり、早食いをしたりしてしまうのでしょうか?理由や原因としては次のことが考えられます。

犬の歯や体の構造(犬は食べ物を丸呑みするのが正常)

オオカミ
実は、犬が食事をするときは奥歯などでしっかり噛み砕くことはせず、基本的には丸呑みです。

私たち人間からみたら、体に悪いのでは?と心配してしまいますが、特に問題ありません。

犬の祖先であるオオカミと同じように、犬の歯は鹿などの獲物の肉を噛みきる・引き裂く、骨を小さく砕くことに向いています。

そもそも犬の歯の構造上、草食動物のように食べたものをすり潰すようにはなっていません。
犬の歯
犬の歯は、門歯、犬歯、前臼歯、後臼歯を合わせて42本あります。(乳歯の場合28本)

食べ物をすり潰したり、しっかり噛み砕く為に使う歯は臼歯ですが、草食動物に比べて発達していません。

犬の歯は肉を食べる事を前提にして出来ています。草食動物のように、食べ物をすりつぶすための臼歯のような機能がほとんどなく、歯はハサミ状に重なりあって、肉や骨を鋭く切り裂き、砕くようになっています。そしてほとんどが丸呑みです。
犬の歯

ですから、犬が噛まないで丸呑みしていても体調に問題はありません。ちなみに、猫も肉食なので犬と同じように食べ物は丸呑みです。

    • でも、老犬や子犬、短頭種、大型犬の早食いは危険な場合があるよ!対策は後述するね

食事の量や回数が少ない・間隔が長い

食べる犬
朝晩の食事の間隔が長かったり、量が少なかったりして、お腹がすいている時間が長すぎて早食いになっている可能性があります。

まずは、あなたの愛犬にとって、適切な1日の食事量を把握してあげましょう。その方法は後述します。

他の兄弟犬と育ち、競争して食べる癖がある・多頭飼いをしている

多頭飼い
複数の犬が一緒に食べると、他の犬にとられまいと競い合い、噛まずに急いで食べてしまう事があります。犬によっては人が見ているだけでも急いで食べてしまう子がいます。

犬はかつて狩猟をし、大きな獲物を捕らえていました。そしてせっかく捕らえた獲物を他の犬にとられないために、その場ですぐに食べていました。

そのため本能として早食いをしてしまうこともあります。

糖尿病やクッシング症候群などの病気の可能性

糖尿病によって食欲が増し、頻繁に食べたがることがあります。

また副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されることで起こるクッシング症候群でも、食欲が増加し早食いになってしまうことがあります。(参考:最新版犬の家庭医学 p19-195 共立製薬編 石田卓夫監修)

(クッシング症候群の症状)
クッシング症候群(出典:犬と猫の内分泌疾患ハンドブック

服用している薬(ステロイド剤など)の副作用で食欲が増している

薬
服用している薬によっては、食欲が増進してしまうものがあります。例えば、ステロイド剤では、食欲が増して肥満気味になる場合があります。

あまりに勢いよく食べるときは、かかりつけの動物病院に相談しましょう。

(参考)
My Dog Eats So Fast! Is That a Problem? https://www.petsafe.net/learn/my-dog-eats-so-fast-is-that-a-problem
ステロイド剤 http://www.fukuroi-ah.com/diary/former_director/37/

ドライフードを噛まない早食いはやめさせる方がいい?

ドライフード
犬は基本的には食事は丸呑みで、早食いでも問題はありません。

しかし、高齢犬や子犬、短頭種の犬は喉に詰まらせやすかったり、大型犬は胃捻転を起こしたりする危険性もあります。

できれば早食いはやめさせる方が良いでしょう。

噛まない・早食いの危険性

ここからは、ドライフードを噛まないで丸呑み食べること、早食いの危険性について具体的にみていきましょう。

窒息、または吐き気や吐いてしまう

吐く犬
噛んでいないものを丸呑みするため、喉に詰まらせて窒息する危険性があります。とくにたくさん飲み込んでしまったときは危険です。

またあまりに勢いよく食べると、吐き気を起こしたり、消化していないドッグフードを吐いたりしてしまうこともあります。

犬が吐いた後にけろっとしていれば、特に問題はありませんが、頻繁に続くときや、元気がなくなったときは動物病院を受診しましょう。

消化不良による下痢・軟便

下痢している犬
噛まないで丸呑みすることで食べすぎてしまうと、吐かなくても消化不良を起こし下痢や軟便になる可能性もあります。

特にまだ体がしっかりできていない消化管の未熟な子犬や、体力の落ちてきている老犬は注意してあげる必要があります。

胃拡張や胃捻転になる危険性

食べてる大型犬
犬が噛まずに勢いよく丸呑みして食べることで、ドライフードと一緒に空気も飲み込んでしまいます。そのあと喉がかわいて、大量に水を飲む場合があります。

こうなると、胃の中がフードだけでなく空気や水で膨張します。

さらに食後すぐに激しく動いたり、散歩で走ったり、雷などの大きな音に驚いたりすることがきっかけで、胃が膨れて拡張して状況が悪化することがあります。

この時点で犬は苦しそうにします。そして胃の中の内容物が発酵してガスが発生することで、胃がねじれてしまいます。

お腹がふくれ、嘔吐し、よだれを大量に流します。胃捻転では、吐こうとしますがなかなか吐けないことが多いです。

心臓の働きが低下して不整脈になるなどの症状が起き、ショック状態を引き起こします。命にかかわるため大至急治療が必要になります。
手術
胃拡張や胃捻転は胸の深い犬種や大型・超大型犬に多くみられますが、ダックスフントやコッカー・スパニエルなど小型犬や中型犬に起こることもあります

(参考)
日本獣医学会誌・胃拡張捻転症候群を発症した小型犬の1例)
もっともくわしいイヌの病気百科 p.90 矢沢サイエンス発行

噛まない・早食いの対策

犬がドライフードを噛まないで丸呑みすること、早食いをすることはちょっとした習慣や工夫で防ぐことができます。いろいろな方法を試してみましょう。

正しい1日の食事の量を把握して、回数や量を増やす

空腹の犬
まずはあなたの愛犬にとって適切な1日の食事量を把握してあげましょう。その上で回数や量を増やします。

食事の回数ですが、もし可能であれば1日3回・4回などにしてあげましょう(量は増やさずに回数だけ増やします)これでかなり空腹感はなくなります。

1日の適切な食事量の把握方法ですが、まずはウンチの状態を確認してください。

うんちをつまんで、耳たぶくらいの硬さなら正常だよ!

これについては、ウォルサム研究所が発表している「ウォルサム糞便スコアチャート」が参考になります。

理想的な便はこのチャートのグレード1.5~2.5くらいです。

ウォルサム糞便スコアチャート
ウォルサム糞便スコアチャート
(出典:ウォルサム糞便スコアチャート http://www.promanage-pet.jp/carepoint/003/index.html)

ペットシーツや公園でウンチをしたときに、つまんで確認してください。耳たぶくらいの硬さであれば正常です。つまんでも形が崩れない程度です。

このチャートを参考にして、便の状態を確認してフードの量を調整してください。

フードの量が多ければ軟便・下痢になることが多いようです。その場合は、フードの量を減らすか、ドッグフードの買い替えをしてください。

逆に、コロコロのうんちの場合は、もう少しフードの量を増やしてみましょう。もしくは水分が足りないのかもしれませんから、飲み水の量を増やしたり、フードを少しふやかして水分量を増やしても良いでしょう。

次に、食事量を変えてから、10日後くらいに体重測定とBCS(ボディ・コンディション・スコア)で把握します。
BCS

BCSと体重測定による食事量を把握する方法については、こちらの記事をご覧下さい

ドッグフードの正しい1日の量はどのくらい?小型犬・中型犬・大型犬別に解説

多頭飼いの場合は個別に与える

柴犬の子犬
多頭飼いの場合は、同じ場所で同じ器から食べさせるなど、競争心をあおることはしないようにします。

まずはフードボウルを犬ごとに個別に用意します。フードボウルが個別になっていても横並びで一斉に食べさせると、横取りされるのではと犬が焦ってしまいます。

別の部屋で与えるか、難しい場合はそれぞれのハウスやケージを用意して、そのなかで与えると、焦らず落ち着いて食べられるようになります。犬がお互い干渉できないようにするのがコツです。

コングや知育玩具でドッグフードを与える

遊ぶ犬
フードボウルではなく、コングや知育おもちゃなどにドライフードを入れるのもいい方法です。フードは少しずつ出てくるので、丸呑みや早食い予防になります。

また遊びながら食べられるので、退屈も解消できるメリットがあります。いくつか用意して、ばらばらに置いてあげるのもいいでしょう。

ただし誤嚥予防のためにも、犬の大きさに合った頑丈なおもちゃを選んであげましょう。小さすぎるおもちゃや、こわれやすいおもちゃは事故の原因となります。

こちらの動画では、コングへのドッグフードの詰め方が参考になりますよ。

犬のオモチャ コングの詰め方 【犬の食事/餌】

早食い防止フードボウルで与える

早食い防止用フードボウルはいろいろなタイプが市販されているので、これらを利用するもおすすめです。

こちらの動画では、実際に早食い防止用フードボウルを使用しています。たしかに、早食いが防止できてますね。

Stop Eating So Fast!!

こなつちゃん早食い防止フードボウルに挑戦

ドライフードをふやかす

フレンチブルドッグ
特に軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)にかかっている犬や、歯が弱っている犬にはドライフードをふやかすのも効果的です。

「軟口蓋過長症」はパグやシーズー、フレンチブルドッグなど、短頭種の犬がかかりやすい病気です。のどの手前にある軟口蓋がもともと長いため、呼吸がしづらくなるのが特徴です。

この病気にかかると、小粒のドライフードでも詰まることがあります。

ドライフードをふやかすことで、なめるように食べるため、早食いや丸呑みが予防できるようになります。

(参考)
軟口蓋過長症 https://www.anicom-page.com/all_details?type=3&id=46
もっともくわしいイヌの病気百科 p.78 矢沢サイエンス発行

老犬がドライフードを噛まない・早食いする場合はどうすれば良いの?

ドライフードをふやかす

ふやかしたドッグフード
老犬がドライフードを噛まずに早食いしている場合は、歯が弱っている可能性もあります。ドライフードをふやかしてあげましょう。

すでに歯周病になっていて、ドライフードを噛むと痛いという場合は無理をする必要はありません。

ただし、ドライフードをふやかすと歯に汚れがつきやすいので、歯みがきやデンタルケアには一層注意してあげる必要があります。(参考:猫の歯肉口内炎の発生要因 歯周病から見たフードについて

食事の回数を増やす(ただし食事の量はそのまま)

満腹の犬
ドライフードを食べたがる老犬の場合は、食事回数を増やしてあげましょう。コングなどの入れると頭を使う遊びができ、認知症予防にもなります。

病院で健康診断を受ける

「年を取ったのに、たくさん食べたがって若返った」と思っていたら甲状腺機能亢進症だった、ということもあります。(参考:with PETs 2015 July p.12 日本愛玩動物協会)

あまりに早食いをするときは、一度動物病院を受診しましょう。

子犬がドライフードを噛まない・早食いする場合はどうすれば良いの?

子犬の早食いについては、こちらの記事をご覧下さい↓

子犬の食欲がありすぎて心配!ドッグフードを噛まないで早食いでも大丈夫?

(まとめ)犬がドライフードを噛まない場合はどうすれば良いの?

・犬が丸呑みで早食いなのは正常。歯や体の構造によるもの
・ただし、老犬、子犬、短頭種、軟口蓋過長症、大型犬は注意が必要

そもそも、犬の歯は肉を食べる事を前提にして出来ています。草食動物のように、食べ物をすりつぶすための臼歯のような機能がほとんどありません。

歯はハサミ状に重なりあって、肉や骨を鋭く切り裂き、砕くようになっています。そしてほとんどが丸呑みです。

ですから、早食いでも問題はありません。しかし、老犬や子犬、短頭種などは喉に詰まらせやすく、大型犬や超大型犬は胃拡張や胃捻転になる可能性もあります。

フードの量や回数を増やしたり、コングや知育玩具、早食い防止フードボウルを使用して、早食いはやめさせる方が良いでしょう。

[合わせてよく読まれている記事]

ドッグフードの正しい1日の量はどのくらい?小型犬・中型犬・大型犬別に解説

[特集記事]

市販のドッグフードは危険 正しいドッグフードの計算方法 売れ残った犬はどうなるの?

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ