無添加ドッグフードのおすすめと犬の安全安心な暮らし|わんたす

おすすめの無添加ドッグフードと犬の健康のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らしサポート

イオンのドッグフードを徹底検証!トップバリュとイオンペットのフードは安全なの?

イオンペット
全国のイオン(AEON)とグループ店舗(マックスバリュ、イオンペット・AEON PET、ペテモ・petemo、ダイエー、ミニストップ、など)にはイオンのプライベートブランドのペットフードとして、トップバリュ(TOPVALU)やペテモプレミアムフードが販売されています。

「イオンのドッグフードは国産だし、着色料・香料不使用だから安全では?」と思うかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

危険な添加物や原産地が不明な食材は使用されてないでしょうか?キャリーオーバー(原材料表に表示されていない添加物が含まれている)はどうでしょうか?

この記事では、安全性や栄養面で何か悪い部分はないか?悪いクチコミ・評判は事実なのか?編集部のドッグヘルスアドバイザーが検証しました。

    • イオンのドッグフード・おやつは全くオススメできないよ!特に原材料の原産国が不明で、しかもキャリーオーバー(原材料欄に表示されていない添加物が含まれている)の可能性が高いね

イオンのドッグフードのメリットとデメリット

メリット
・いつも行ってる近所のイオンやマックスバリュの店舗で購入できる
・ネット通販に比べて実際に商品を手にとって見ることができるので買いやすい

いつも行ってる近所のイオンの店舗で買えるので、便利だね

デメリット
・原材料の原産国が不明(本当に国産なのか?よく分からない)
・原材料欄に記載されてない添加物が入っている可能性が高い(キャリーオーバー)

    • 原材料や添加物など、安全性に疑問のあるフードやおやつばかりだね(汗)長期的に与えるのはやめよう!

その「国産ドッグフード」は本当に「国産」なの?
ドッグフード

ドッグフードの原産国の定義ですが、ペットフード安全法では最終加工をした国を原産国とするように定められています。

だから、中国や韓国で製造して最終的な加工だけを日本で行い「国産」と表記してるドッグフードもありますから注意が必要です。

近所のコンビニやスーパーやホームセンターで販売されている格安国産フードは、実は中国の工場で製造されたものかもしれませんよ?

この「国産」の定義について詳しくは、こちらの記事をご覧下さい↓
「国産」「無添加」ドッグフードに注意!2つの問題点と危険な添加物とは?

    • 中国や韓国の工場で製造しても、日本国内の工場で最終加工すれば「国産」と表記できるんだよ!「原材料が国産」という意味ではないから注意してね!

その「無添加フード」は本当に「無添加」なの?キャリーオーバーって?
吐いてる犬

ペットフード安全法では、原材料自体に強力な添加物をいれてもそれを表示する義務はありません。

ですから、ペットフードの原材料表を確認して化学合成された添加物が記載されてなくても、実際には原材料自体に含まれている可能性があります(これをキャリーオーバーと言います)

例えば、低価格のフードによく使われる「動物性油脂」や「チキンミール」は自然界でそのまま存在するわけではありません。

この「動物性油脂」や「チキンミール」という「原材料そのもの」を製造する必要があるわけです。その原材料の製造過程で、どれだけ強力な添加物を使用しても、それを表示する義務はありません!

ですから、ドックフードの原材料表に酸化防止剤や着色料が表示されてなくても、実は原材料の製造過程(原材料自体)で添加物として使われている可能性があります。

    • 原材料自体(動物性油脂やチキンミールなど)に強力な添加物をいれても、表示義務はないよ!

※「キャリーオーバー」と「国産」表示については、こちらの記事をご覧下さい↓

「国産」「無添加」ドッグフードに注意!2つの問題点と危険な添加物とは?

イオンペット・PeTeMoプレミアムドッグフード

それではここから、実際の商品を確認してみましょう。まずは、イオンペット・ペテモで販売されているイオンのプライベートブランドのプレミアムドッグフードです。
イオンペット

こちらの商品は、獣医師と共同開発、香料・着色料不使用、国内(神奈川県鶴見工場)で製造、日清製粉グループ本社QEセンターで厳しい安全基準をクリアした食材を使用しているのが特徴です。
イオンペット(出典:イオンペット・PeTeMoプレミアムドッグフード

非常に安全性の高いフードのように思えますが、実際にはどうでしょうか?

イオンのプライベートブランドの「PeTeMo プレミアム ドッグフード」は、成犬用(1~6歳)・7歳以上・11歳以上の3商品がありますが、全て共通なので同時に解説しますね。

※下のタブをクリックすると 該当商品の写真や原材料表が表示されます。

成犬用(1~6歳)7歳以上用11歳以上用
成犬用
成犬用・原材料

小麦全粒粉、チキンミール、中白糠、ビーフオイル、脱脂大豆、チキンレバーパウダー、ビートパルプ、ホミニーフィード、フィッシュオイル、チーズパウダー、乾燥おから、オリゴ糖、β-グルカン、魚肉抽出物、脱脂米糠、N-アセチルグルコサミン、クロレラ、有胞子性乳酸菌、CoQ10、ミネラル類(カリウム、ナトリウム、塩素、銅、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、B6、B12、パントテン酸、ナイアシン、コリン、イノシトール)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

※危険または怪しい原材料は赤色表示しています

7歳以上
ペテモ7歳以上原材料

小麦全粒粉、中白糠、チキンミール、ビーフオイル、チキンレバーパウダー、脱脂大豆、ビートパルプ、ホミニーフィード、フィッシュオイル、チーズパウダー、乾燥おから、オリゴ糖、β-グルカン、脱脂米糠、N-アセチルグルコサミン、クロレラ、フィッシュコラーゲン、有胞子性乳酸菌、CoQ10、ミネラル類(カルシウム、カリウム、ナトリウム、塩素、銅、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、B6、B12、パントテン酸、ナイアシン、コリン、イノシトール)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

※危険または怪しい原材料は赤色表示しています

11歳以上
11歳以上

小麦全粒粉、中白糠、チキンミール、ビーフオイル、脱脂大豆、チキンレバーパウダー、ビートパルプ、ホミニーフィード、フィッシュオイル、ビール酵母、チーズパウダー、乾燥おから、オリゴ糖、β-グルカン、脱脂米糠、N-アセチルグルコサミン、クロレラ、フィッシュコラーゲン、有胞子性乳酸菌、CoQ10、ミネラル類(カルシウム、カリウム、ナトリウム、塩素、銅、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、B6、B12、パントテン酸、ナイアシン、コリン、イノシトール)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

※危険または怪しい原材料は赤色表示しています

    • 主原料が穀類(小麦)になっていて、しかも「●●ミール」「●●オイル」「●●パウダー」など、レンダリング処理された肉が多用されているので、絶対に与えてはいけないフードだとわかるよ!

主原料が穀類はNG!

まず最初に確認するのは主原料です。このフードでは、原材料表の最初(最も左)に記載されている主原料が「小麦全粒粉」となっています。

そもそも、犬は肉食動物なので植物(穀類)の消化は苦手です。穀類に含まれるでん粉を消化する酵素(アミラーゼ)が少ないのです。

しかも、このような格安国産フードの主原料として使われている穀類は、人間用としては絶対に使えない廃棄用の食材(残留農薬が基準値以上、栄養がほぼない残りカスなど)で劣悪な品質のものが多いです。

ですから、このように穀類が主原料になっているフードを与えるのは避けるべきです。

原材料の原産国が不明

次に、原材料の原産国ですが、商品パッケージに「主原料国産」という表示がありました。
主原料国産

ですから、小麦は国産です。しかし、他の原材料(チキンミール、ビーフオイル、脱脂大豆など)について原産国の表示はありませんでした。公式サイトにも説明はありませんでした。

また、前述したとおり、ドッグフードの原産国が「国産」または「日本」と表示があってもそれは「原材料が国産」という意味ではありません。

中国や韓国で製造して最終的な加工だけを日本で行い「国産」と表記してるドッグフードもありますから注意が必要です。

    • 中国や韓国の工場で製造しても、日本国内の工場で最終加工すれば「国産」と表記できるんだよ!「原材料が国産」という意味ではないから注意してね!

レンダリング処理された肉はNG!

次に注目するべきは肉です。チキンミール、ビーフオイル、チキンレバーパウダーなどの表記があります。

「ミール」というのは、動物の体の中で、人間が食べられる部分(主に筋肉成分)を取り出しだし、次に革を取り、さらに残りを粉砕し、油脂部分を取り除いた残りです。つまり残りカスです。畜産副産物といわれています。この行程をレンダリングと言います。(参考:日本畜産副産物協会・レンダリングとは

しかし、このレンダリング処理は問題視されています。人間用に流通できない病死した動物の肉や、抗生物質やワクチンなどの残留薬剤を含む肉を原材料にしてレンダリング処理したり、レンダリング工程で強力な合成添加物を投与したり‥と、色々な問題点が指摘されています。
注射器と薬
「肉類」「●●ミール」「●●パウダー」「●●エキス」「●●粉」(例:チキンミール、チキンパウダー、チキンエキスなど)と表示のあるフードはレンダリング処理された、問題のある肉の可能性が高いのでさけるべきです。

そもそも、肉の品質に自信のあるメーカーはこのような曖昧な表示はしません。「鹿肉」「馬肉」「国産チキン」などの表示をして、さらに原産国や使用している部位まで説明していることもあります。

キャリーオーバーの可能性が高い

格安国産フードの原材料としてよく使われる「チキンミール」や「動物性油脂」は自然界でそのまま存在するわけではありません。

この「チキンミール」や「動物性油脂」という「原材料そのもの」を製造する必要があるわけです。その原材料の製造過程で、どれだけ強力な添加物を使用しても、それを表示する義務はありません!

ですから、ドックフードの原材料表に酸化防止剤や着色料が表示されてなくても、実は原材料の製造過程(原材料自体)で添加物として使われている可能性があります。

    • 原材料自体(動物性油脂やチキンミールなど)に強力な添加物をいれても、ペットフード安全法では表示義務はないよ!

他にも色々と気になる点はあるのですが、「主原料」と「肉」の2つを確認するだけで、危険なフードだとわかりますので、絶対に与えないようにしてくださいね(汗)

イオン トップバリュ ペットフード(ドライドッグフード)

イオンはトップバリュ(TOPVALU)ブランドとしてもドッグフードを販売しています。ここでは、ドライフードをいくつかピックアップして解説しますね。

※下のタブをクリックすると該当商品の写真や原材料表が表示されます。

ドッグドライフード チキン味 成犬用ドッグドライフード チキン味 高齢犬用 7歳以上
成犬用チキン味
原材料

穀類(とうもろこし、コーングルテンフィード、菓子粉、小麦ふすま、米ぬか)、豆類(脱脂大豆)、肉類(チキンミール)、油脂類(動物性油脂)、糖類(フラクトオリゴ糖)、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

※危険または怪しい原材料は赤色表示しています

高齢犬用チキン味
原材料

穀類(とうもろこし、コーングルテンフィード、小麦ふすま、菓子粉、米ぬか、米粉)、豆類(脱脂大豆)、肉類(チキンミール、ビーフパウダー)、油脂類(動物性油脂)、糖類(フラクトオリゴ糖)、ビール酵母、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

※危険または怪しい原材料は赤色表示しています

    • 「穀類」「肉類」「油脂類」を確認するだけでも、絶対に与えてはいけないフードだとわかるよ!

主原料が穀類はNG!

まず最初に確認するのは主原料です。このフードでは、原材料表の最初(最も左)に記載されている主原料が「穀類」となっています。

そもそも、犬は肉食動物なので植物(穀類)の消化は苦手です。穀類に含まれるでん粉を消化する酵素(アミラーゼ)が少ないのです。

しかも、このような格安国産フードの主原料として使われている穀類は、人間用としては絶対に使えない廃棄用の食材(残留農薬が基準値以上、栄養がほぼない残りカスなど)で劣悪な品質のものが多いです。

ですから、このように穀類が主原料になっているフードを与えるのは避けるべきです。

原材料の原産国が不明

次に、原材料の原産国については、商品パッケージにも公式サイトにも説明はありませんでした。

なお、商品パッケージに「国産」という表示があります。
国産

しかし、前述したとおり、ドッグフードの原産国が「国産」または「日本」と表示があってもそれは「原材料が国産」という意味ではありません。

中国や韓国で製造して最終的な加工だけを日本で行い「国産」と表記してるドッグフードもありますから注意が必要です。

    • 中国や韓国の工場で製造しても、日本国内の工場で最終加工すれば「国産」と表記できるんだよ!「原材料が国産」という意味ではないから注意してね!

肉類・レンダリング処理された肉はNG!

次に注目するべきは肉です。肉類(チキンミール、ビーフパウダー)と表示があります。

「ミール」というのは、動物の体の中で、人間が食べられる部分(主に筋肉成分)を取り出しだし、次に革を取り、さらに残りを粉砕し、油脂部分を取り除いた残りです。つまり残りカスです。畜産副産物といわれています。この行程をレンダリングと言います。(参考:日本畜産副産物協会・レンダリングとは

しかし、このレンダリング処理は問題視されています。人間用に流通できない病死した動物の肉や、抗生物質やワクチンなどの残留薬剤を含む肉を原材料にしてレンダリング処理したり、レンダリング工程で強力な合成添加物を投与したり‥と、色々な問題点が指摘されています。
注射器と薬
「肉類」「●●ミール」「●●パウダー」「●●エキス」「●●粉」(例:チキンミール、チキンパウダー、チキンエキスなど)と表示のあるフードはレンダリング処理された、問題のある肉の可能性が高いのでさけるべきです。

そもそも、肉の品質に自信のあるメーカーはこのような曖昧な表示はしません。「鹿肉」「馬肉」「国産チキン」などの表示をして、さらに原産国や使用している部位まで説明していることもあります。

油脂類・キャリーオーバーの可能性が高い

次の注目点として油脂類(動物性油脂)があります。

このような動物性油脂などは、キャリーオーバー(原材料欄に表示されていない添加物が含まれている)の可能性が高い原材料です。

低価格のフードによく使われる「動物性油脂」や「チキンミール」は自然界でそのまま存在するわけではありません。

この「動物性油脂」や「チキンミール」という「原材料そのもの」を製造する必要があるわけです。その原材料の製造過程で、どれだけ強力な添加物を使用しても、それを表示する義務はありません!

ですから、ドックフードの原材料表に酸化防止剤や着色料が表示されてなくても、実は原材料の製造過程(原材料自体)で添加物として使われている可能性があります。

    • 原材料自体(動物性油脂やチキンミールなど)に強力な添加物をいれても、ペットフード安全法では表示義務はないよ!

他にも色々と気になる点はあるのですが、「穀類」「肉類」「油脂類」の3つを確認するだけで、危険なフードだとわかりますので、絶対に与えないようにしてくださいね(汗)

イオン トップバリュドッグフード 缶

トップバリュ(TOPVALU)では缶詰ドッグフードも販売しています。ここでは、缶詰ウェットフードもいくつかピックアップして解説しますね。

※下のタブをクリックすると該当商品の写真や原材料表が表示されます。

成犬用 チキン&ビーフ成犬用 チキン&ビーフ 野菜入り
チキン缶詰
原材料

肉類(チキン、ビーフ、ポーク、ビーフエキス)、でん粉類(とうもろこしでん粉)、油脂類(ビーフオイル)、増粘安定剤(カラギナン)、食塩、ミネラル類(Ca、Cu、Kl、Mg、Zn、Fe、Mn)、ビタミン類(塩化コリン、E、B1、D3、B6、葉酸)、発色剤(亜硝酸ナトリウム)

※危険または怪しい原材料は赤色表示しています

チキン野菜入り缶詰
原材料

肉類(チキン、ビーフ、ポーク、ビーフエキス)、野菜類(にんじん、コーン、グリーンピース)、でん粉類(とうもろこしでん粉)、油脂類(ビーフオイル)、増粘安定剤(カラギナン)、食塩、ミネラル類(Ca、Cu、Kl、Mg、Zn、Fe、Mn)、ビタミン類(塩化コリン、E、B1、D3、B6、葉酸)、発色剤(亜硝酸ナトリウム)

※危険または怪しい原材料は赤色表示しています

    • 「原産国(中国)」「油脂類」「発色剤」を確認するだけでも、絶対に与えてはいけないフードだとわかるよ!

「保存料」「着色料」は不使用だが「発色剤」を使用している

缶詰のラベルに「保存料・着色料不使用」と記載があります。
保存料・着色料不使用

しかし、発色剤として亜硝酸ナトリウムが使われています。亜硝酸ナトリウムは人間用のハムやソーセージでもよく使われる添加物ですが、発がん性が強く疑われています。

「着色料」は食品に色をつけるもので、「発色剤」は食材の本来の色を鮮やかにして固定するものです。たしかに、着色料と発色剤は違うものです。

また、亜硝酸ナトリウムは発色剤としてだけでなく、保存料としてもつかわれます。つまり、発色剤兼保存料として使われます。

「保存料・着色料不使用」と言いながら、「発色剤(亜硝酸ナトリウム)」を使用する点についても、イオンのペットフードに対する姿勢をよくあらわしていますね(汗)

原産国が中国
吐く犬

「中国産の食材が全て悪い」とは思いませんが、過去に中国産ペットフードで大事件が起こっています。

2007年に、アメリカやヨーロッパ等に輸出された中国産ペットフードを食べた犬や猫が、主に腎不全で大量に死亡する事件が起きました。

原因はメラミンが混入した事によるものです。数千匹の犬猫がこの中国製ペットフードで死亡したとされています。

この事件は日本のペットフード業界にも衝撃を与え、ペットフード安全法ができるきっかけにもなりました。(参考:2007年のペットフード大量リコール事件

油脂類・キャリーオーバーの可能性が高い

次の注目点として油脂類(ビーフオイル、ビーフエキス)があります。

このような動物性油脂などは、キャリーオーバー(原材料欄に表示されていない添加物が含まれている)の可能性が高い原材料です。

低価格のフードによく使われる「動物性油脂」や「チキンミール」「ビーフオイル」は自然界でそのまま存在するわけではありません。

この「動物性油脂」や「チキンミール」「ビーフオイル」という「原材料そのもの」を製造する必要があるわけです。その原材料の製造過程で、どれだけ強力な添加物を使用しても、それを表示する義務はありません!

ですから、ドックフードの原材料表に酸化防止剤や着色料が表示されてなくても、実は原材料の製造過程(原材料自体)で添加物として使われている可能性があります。

「●●ミール」「●●類」「●●粉」「●●パウダー」「動物性油脂」「加水分解タンパク質」などは問題のある肉の可能性が高いので避けるべきです。

    • 原材料自体(動物性油脂やチキンミールなど)に強力な添加物をいれても、ペットフード安全法では表示義務はないよ!

他にも色々と気になる点はあるのですが、「原産国(中国)」「油脂類」「発色剤」の3つを確認するだけで、危険なフードだとわかりますので、絶対に与えないようにしてくださいね(汗)

(まとめ)緊急時以外はイオンのドッグフードは与えないで!

    • いつものフードを切らしてしまった時や災害時など、一時的に利用するなら問題ないけど、長期間与えるのはやめよう!

・全国のイオンの店舗で購入できるので、いつものフードを切らした場合や災害時など、一時的に購入するには便利
・フード自体は国産だが、原材料の原産国が不明なものが多く、不要な添加物も多い
・原材料表に表示されていない添加物が含まれている可能性が高い(キャリーオーバー

やはり、イオンのようなスーパーの格安国産ドッグフードはそもそも安全性に疑問が残ります。

いつものドッグフードを切らして、一時的に数日だけ与えるのなら問題はないですが、長期間与えるのはオススメできません。

愛犬の健康を守れるのは、飼い主のあなただけです!ぜひ、しっかりと調べてくださいね。

[合わせてよく読まれている記事]

ローソンのドッグフードを徹底検証!コンビニのペットフードは安全なの?

セブンイレブンのドッグフードを徹底検証!コンビニのペットフードは安全なの?

コープのドッグフードを徹底検証!生協・coopのペットフードは安全なの?

【閲覧注意】市販のドッグフードは危険!マスコミが絶対に報道しないドッグフード業界の闇とは!?

タニタ会長プロデュース・無添加ドッグフード

迷ったらコレ!おすすめフード

タニタ会長プロデュース・無添加ドッグフード

[特集記事]

売れ残った犬はどうなるの? 市販のドッグフードは危険

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ