無添加ドッグフードのおすすめと犬の安全安心な暮らし|わんたす

おすすめの無添加ドッグフードと犬の健康のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らしサポート

ドッグフードはずっと同じもので良いの?ローテーションした方が良いの?

柴犬
「うちの犬はずっと同じドッグフードを食べている」と心配になったことはありませんか?

犬が飽きる様子を見せず喜んで食べているといいのかな?と思いつつも、栄養がかたよるのでは?アレルギーや病気の原因になるのでは?と心配する人もいます。

今回はずっと同じドッグフードを与えることのメリットやデメリット、またドッグフードのローテーションやドッグフードを変えるときのポイントなどをご説明します。

総合栄養食はあるけど、時代によって基準が変わるよ!だから、アレルギー対策や入院・災害時のリスクヘッジのために、会社と主原料が違う2~3種類のドッグフードをローテーションするのがオススメ!

これさえ食べれば大丈夫!「総合栄養食」とは?

実は、これさえ食べれば犬にとって必要な栄養が全て摂取できると言われているドッグフードが存在します。それが「総合栄養食」と記載のあるフードです。
総合栄養食
国産ペットフードの多くは、ペットフード公正取引協議会が定める栄養基準に従っています。この栄養基準は「AAFCO(全米飼料検査官協会:アフコ)」が定めたものに準拠します。

日本では犬猫などの小動物の栄養について研究が進んでおらず、参考になるデータが少ないので、アメリカの団体であるAAFCO(アフコ)が決めている基準をそのまま採用しています。

そして、このAAFCO(アフコ)の基準に適合していれば「総合栄養食」の表記ができます。

ペットフード公正取引評議会より抜粋)
ペットフード公正取引評議会・総合栄養食とは
ペットフード公正取引評議会では、総合栄養食を証明する基準として、世界的に認められた小動物の栄養基準となっているAAFCOの分析試験による栄養基準、または給与試験プロトコールを採用しています。

「総合栄養食」と表記があれば、そのフードと新鮮な水さえ与えれば、犬にとって十分な栄養が摂取できるという意味です。

しかし、フード販売メーカーが中心となり策定したAAFCOについて、獣医師や専門家からは問題点がいくつか指摘されています。
指摘

獣医師など専門家が指摘するAAFCOの問題点
・そもそも、AAFCOが規定するのはタンパク質や脂質などの成分基準だけ。原材料の品質とは無関係なので消費者の誤解を招く
・AAFCOは長期的な使用に適していない(過剰摂取の可能性)

また、AAFCO以外にも世界にはいくつか信用できるペットフードの栄養基準があります。それぞれの基準は似ていますが、細かい違いが多々あります。

・NRC(全米研究評議会)
・FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)
・CVMA(カナダ獣医学協会)

どれを信用(選択)するのか?は飼い主さん次第ですが、AAFCOについてはいくつもある世界的に有名な栄養基準のひとつに過ぎません。

世界初のドックフードの原材料は「質の低い穀類」と「廃棄用の肉」

犬用ビスケット
世界で最初のドッグフードは、アメリカ人のジャームズ・スプラットが、仕事でイギリスに来た時に港で見つけた、廃棄された「航海に持って行く船員用のビスケット」からヒントを得て作ったものと言われています。

この犬用のビスケットが今のドライドックフードの原型で、イギリスで販売されるようになったのは1860年の事です。富裕層を中心に人気があり、

さらに1870年にアメリカでも販売されるようになり、爆発的に人気が出たという歴史があります。(参考:Wikipedia:Spratt’s

こちらは世界初のドックフードの広告です。
1876 ad for Spratt's Patent Meat Fibrine Dog Cakes

当時は、「犬専用の食事」という概念自体が斬新で、ドックフードは近代的でおしゃれなイメージがあったのではないでしょうか?

しかし、このドッグフードには質の低い穀類と廃棄用の肉を原材料として、体調を崩す犬も多くいたことから、ドッグフードが犬にとって本当に安心・安全なのか?当時から現在まで議論が続いています。(参考:起源を知ろう https://www.k9natural.jp/コラム/ドッグフードの歴史/)

人間の「総合栄養食」は開発可能なの?

少し話がそれますが、犬の「総合栄養食」が販売されているのなら、人間の「総合栄養食」も開発可能なのでしょうか?

「これさえ食べれば、他に何も食べなくても大丈夫」なんて、そんな夢のような食事があれば、食費も節約できそうですし、人口増加による食糧不足危機も回避できそうですよね。

実は「これさえ食べれば、他に何も食べなくても大丈夫」という、完全栄養食がアメリカで2013年に発売されました。「ソイレント」という商品です。

まさに犬の「総合栄養食」と全く同じコンセプトですね。このソイレントと水さえあれば、人間にとって必要な栄養素を全て摂取できるという商品です。
ソイレント(出典:ソイレント・Wikipedia

当時、かなり話題になりましたが、この商品だけをずっと食べていた人の中に、原因不明の体調不良になった人が続出したり、カナダ政府が栄養上の理由から輸入禁止にしたり‥と、今はアメリカでしか購入できないそうです。

また、アメリカでも「サプリメント」という位置づけになっています。

ソイレントのような完全栄養食の問題点ですが、そもそも「人間にとって必要な栄養素が、本当に全て解明されているのか?」という疑問があります。

犬の栄養基準を決めているAAFCOと同じように、人間にも基準があります。それが、厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準」という報告書です。

ただ、これは「現時点で科学的に解明されている栄養素に従った基準」です。

昔は不要だと思われていたものが、今は必要だと判明したり、複数の栄養素が組み合わさって機能することも判明しているので、その組み合わせも今後も増えると思います。

つまり、この「基準」が今後も変化するわけです。

これと同じように、犬の栄養基準も研究によって変化します。特に日本の場合は歴史的な経緯から、牛や馬などの家畜の獣医学は発達していますが、犬猫などの小動物の栄養学については遅れています(だから、ペットフードについてはアメリカのAAFCOの基準を採用しています

ですから、「総合栄養食」といっても、そもそも「目安」に過ぎませんし、本来は「犬にとっても人間にとっても、総合栄養食なんて存在しない」です。

「総合栄養食」はあくまでも「目安」で便宜上の分類に過ぎません。

リスクヘッジのために、2~3種類のドッグフードをローテーションするのがオススメ!(詳しくはあとで説明するね)

ずっと同じドッグフードを与えるメリット

正解
それでは前置きが長くなりましたが、まずはずっと同じドッグフードを与えることの具体的なメリットをみてみましょう。

アレルギーの原因を見つけやすい

食物アレルギーの原因は多岐にわたるため、検査が困難な場合もあります。

万が一、犬が食物アレルギーを発症した場合、同じドッグフードをずっと食べているので原因が見つけやすいというメリットがあります。(参考:犬猫のアレルギーと食物アレルギー ペット栄養学会誌2001年4巻2号 p.98-101

わがままになりにくい

食べない犬
他のいろいろなドッグフードを食べると、犬の好き嫌いが顕著になってくることがあります。猫と違って、犬は目新しい味を好む動物です。

一度好き嫌いが出てくると、「自分が好きなフードが提供されるまで、他のフードは食べない」と、食事に関するわがままが出てくる可能性も高くなります。

しかしドッグフードを変えずに同じものを食べさせていると、他のドッグフードの味は知らないままなので、犬がわがままになりにくいというメリットもあります。(参考:食と問題行動 ペット栄養学会誌2014年17巻2号 p.81-85

ずっと同じドッグフードを与えるデメリット

デメリット
それでは、同じブランド・同じ会社のドッグフードをずっと与えるデメリットはあるのでしょうか?

年齢やライフステージに合った栄養が取りにくい

    • 本当に、成長期の高校生と70歳のお年寄りが同じ食べ物で良いの?

成長期、維持期、妊娠・出産、授乳、高齢期など、犬も年齢やライフステージによって要求する栄養素や栄養量が異なります。

人間でも、成長期の高校生と、70歳のお年寄りでは食べるものが違いますよね?

しかし、犬の総合栄養食の場合は年齢に関係無く、子犬も老犬も同じフードを与えて、量を調整すれば良いとされています。

売り切れや廃盤になったときに食べない

食べない犬
いつものフードが売り切れや販売停止(廃盤)になったときに、別のフードを与えてもなかなか食べない、もしくは下痢や嘔吐など体調を崩す可能性もあります。

入院や災害などの緊急時に、いつもと違うフードを受け入れにくい

入院
急な入院や突然の災害では、いつも食べているフードを与えることができない可能性もあります。

普段と異なる環境で緊張していると食欲も低下しがちです。さらにフードも突然変わると口にしないことがあります。

アレルギーの原因になる可能性があるという説

かゆい犬
同じフードを食べ続けることは、そのフードに含まれる同じ原材料、添加物をずっと食べ続けることになります。

犬に合わない原材料や成分がドッグフードに含まれていた場合、アレルギーのきっかけになるという説があります。(参考:Rotation Feeding for Pets

例えば、原料では鶏肉・牛肉、大豆、小麦などでアレルギーになりやすい犬が多いようです。

また、特定の食材、例えば赤身の肉(牛・豚肉)を多く食べ続けると、犬の乳がんの発生率が上がるという研究報告もあります。

ドッグフードのローテーションの頻度は?

    • ドッグフードメーカーとしては、ずっと同じ商品を食べ続けて欲しいよね

ドッグフードローテーション
ドッグフードメーカーにとっては、同じ商品をずっと継続的に食べてくれるほうが有り難いのですが、前述したように、同じフード・食材を食べ続けるリスクが報告されています。

さらに、人間と同じように「犬が必要な栄養素が科学的に完全に解明されていない」わけですから、「総合栄養食」は本当に総合栄養食なのか?疑問が残ります。

ですから、複数の主原料や添加物の異なるフードをローテーションすることで、リスクヘッジするわけです。

それでは、今まで食べていたドッグフードを変えるタイミングは、いつがいいのでしょうか?またローテーションするとしたら、どの程度の頻度がいいのでしょうか?

どちらの場合も、犬が吐いたり下痢したりしないよう今まで食べていたフードに、新しいフードを少しずつ混ぜることで慣れさせていくことがポイントです。

ドッグフードのローテーションは

・鶏肉、ラム肉、牛肉など、さまざまな主原料のフードを食べさせたい
・特定の添加物を長期間与えたくない
・食いつきが悪い

などの場合、効果が得られることがあります。

また、ドライやウェットなどの食感を経験させることもできます。

ローテーションの頻度は1ヶ月または2ヶ月ごとぐらいがオススメです。2~3種類のフードを準備しておきます。

フードAを食べきったら、フードB、それを食べきったらフードC‥と、ローテーションします。

もちろん、それぞれのフードの主原料や添加物は全く違うものを選んでください。

ドッグフードを変えるタイミングはいつ?

それぞれのライフステージで、常に2~3種類のフードを用意しておけば安心だね♪

今まで食べていたドッグフードを変えるタイミングは、いつがいいのでしょうか?

まずは、年齢によってフードを切り替えることをオススメします。さらに、どの年齢でも主原料や添加物が異なる2~3種類のフードを用意しておけば安心です。

子犬から成犬

子犬
成長めまぐるしい子犬は、要求するエネルギーが高く、筋肉などの成長にタンパク質が多く必要になるのが特徴です。

個体差は多少あるものの小型犬・中型犬で一般的に半年から1年ほどで大人になります。

大型犬はもう少し時間がかかり、2年ほどです。成長のスピードが低下してきた頃から、ドッグフードを成犬用に変える準備をします。

成犬から高齢犬

散歩
犬は7、8歳になるとそろそろ高齢にさしかかります。まだ元気な子が多いのですが、いままで食べていたドッグフードでは、カロリーが高すぎてしまう可能性があります。

運動量が減ってきた、寝ている時間が多くなってきたと思ったら高齢犬用フードに少しずつ変えてあげましょう。

後期高齢期

老犬
さらに10~12歳になると60歳代に相当します。大型犬では11歳でおよそ75歳になります。

犬の健康状態をみながら食べやすく、消化しやすいものに変えていくようにしましょう。犬の嗅覚が衰えて、好みが変化することもあります。

また、足腰が弱ってきて食べにくい場合はフードボウル台なども準備してあげます。

この時期になると、体調をよく観察してあげることが大切です。

妊娠・授乳期

母犬と子犬
妊娠期は前期・後期で要求する栄養が異なります。また授乳期は、エネルギー・栄養素を大変多く必要とします。

普段のドッグフードではなく、専用のフードを与えます。

病気になったとき

病気
腎臓や肝臓疾患、心臓病、糖尿病などの病気にかかってしまった場合、食事療法も重要です。

普段食べている総合栄養食では、病気の犬には負担になることもあります。病気や犬の状態に適した療法食を、必ず獣医師の指示に従って与えます。

ダイエットが必要になったとき

太った犬
太りすぎてしまった場合は、低カロリーのドッグフードに切り替える場合があります。

病気になったときと同様、獣医師の指示に従って変更していきます。

ドッグフードを変える・ローテーションする際の注意点と手順

    • 下痢や嘔吐など、体調の変化に注意してね!

初めてのフードでは下痢をしたり、嘔吐したりする可能性があります。いきなりすべて変更しないようにしましょう。

まずは、今までのフードの10%程度を新しいフードに変えます。特に体調の変化がなければ翌日は全体の20%を新しいフードに変えます。

これを繰り返して、1週間~10日くらいで切り替えると安心です。

下痢や嘔吐があったら新しいフードを与えるのを一時中止する

下痢する犬

特に成長途中の子犬や、消化機能が低下している老犬、アレルギーや病気のある犬は、慎重に様子をみながら変更してください。

途中で下痢をしたり吐いたりしたときは、新しいフードを与えるのを中止してください。

新しいフードを与えるのを中止しても、ずっと下痢や嘔吐が続く場合は、すぐに病院へ行きましょう。

切り替える手順

ここでは、具体的な手順をご説明します。1週間~10日程度で、少しずつ切り替えていくことがポイントです。

小さな粒のフード(左のパック)を、新しい大きな粒のフード(右のパック)に徐々に変えていきます。
ドッグフードローテーション

まずは、小さい粒(左のフード)だけを与えている状態です。
ドッグフードローテーション

今までのフード80+新しいフード20の状態にします。右の大きな粒が新しいフードです。少しずつ増やしていきましょう。目分量ではわかりにくいので秤を使って計量して下さいね。
ドッグフードローテーション

今までのフード70+新しいフード30です。新しいフードがちょっと目立ってきました。
ドッグフードローテーション

今までのフード50+新しいフード50です。
ドッグフードローテーション

今までのフード30+新しいフード70です。下痢や軟便、嘔吐がなければ、新しいフードをさらに増やしていきます。
ドッグフードローテーション

今までのフード20+新しいフード80です。ほとんどが新しいフードになりました。体調に変化がなければ、次はすべて新しいフードにしましょう。
ドッグフードローテーション

無事、新しいフードに変えることができました。面倒でも犬の様子を見ながら、少しずつ変えていくことがポイントです。
ドッグフードローテーション

1週間~10日程度で、少しずつ切り替えていくことがポイントです。お腹の弱い犬はもう少し、細かく設定していくのもいいでしょう。

こちらの動画では、ドッグフードの切り替え方や考え方が解説されていて参考になりますよ。

ドッグフードを切り替えるポイント

How to — Change your pet’s food(※日本語字幕を設定して閲覧すれば意味は分かると思います)

持病を持つ犬の食事療法では獣医師の指示に従う

病院
例えば、糖尿病の犬では血糖のコントロールが重要です。食事のときは急に血糖値が上がらないようにすること、それにはフードを安定して食べることがポイントになります。

処方食をなかなか食べてくれない場合や、処方食に飽きてしまう場合は、メニューを何パターンか用意してローテーションで食べさせることで、血糖のコントロールが可能になります。(参考:日常診療の中で行っている食事指導 ペット栄養学会誌16(1):38-40,2013

持病のある場合は自分だけで判断せず、獣医師の指示に従いながらローテーションをしてください。

(まとめ)リスクヘッジのために、ローテーションしよう!

ドッグフードのローテーション

・「総合栄養食」はあるが、この基準は時代によって変わる
・子犬と老犬では必要な栄養量が違うので、同じフードだと対応しにくい
・同じ食材や添加物をとり続けると、アレルギーや特定の病気になる確率が高くなるという説がある
・入院や災害、廃盤や売り切れの場合に、フードが変わると食べないことも
会社や主原料が違う(例えば、鶏肉・羊・魚など)フードを2~3種類決めて、ローテーションする

人間に必要な栄養素が全て解明されていないのと同じように、「犬にとって必要な栄養素が、本当に全て科学的に解明されているのか?」というと、疑問が残ります。

ずっと同じフードを食べ続けることは、ドッグフードメーカーにとっては、ずっと同じ商品を継続的に購入してくれる事なのでありがたいでしょう。

それに、飼い主さんにとっても楽かもしれませんね。何も考えずに同じフードを与えていれば済むわけですから。

しかし、やはりずっと同じフードを食べ続けるのはリスクがあると言わざるを得ません。

会社が違って、さらに主原料が違う(例えば、鶏肉・羊・魚など)フードを2~3種類用意して、フードAを食べきったらフードB、それを食べきったらフードCと、ローテーションすることをおすすめします。

[特集記事]

市販のドッグフードは危険 正しいドッグフードの計算方法 売れ残った犬はどうなるの?

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ