無添加ドッグフードのおすすめと犬の安全安心な暮らし|わんたす

おすすめの無添加ドッグフードと犬の健康のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らしサポート

ニュートロシュプレモの口コミ体験レビュー。評判や安全性をドッグヘルスアドバイザーが評価

チワワ
この記事では「ニュートロ・シュプレモ 超小型犬用(4kg以下・成犬)」について、このフードを実際に与えている飼い主さんからのレビュー&口コミと、安全性などについて編集部のドッグヘルスアドバイザーが解説します。

    • ニュートロ・シュプレモはあまりオススメできないよ。主原料にチキンを使った栄養バランスの良いフードだけど、原材料の原産地が不明なものが多く、キャリーオーバー(原材料欄に表示されていない添加物が含まれている)の可能性もあって、ちょっと心配だね

ニュートロ・シュプレモ 超小型犬(4kg以下・成犬用)
おすすめ度:(2.0)
シュプレモ
・主原料はチキン。
・ラムミール、タンパク加水分解物、鶏脂など、キャリーオーバー(原材料欄に表示されていない添加物が含まれている)の可能性がある原材料を含む
・ほとんどの原材料の原産地の説明がない
・脂質が16%と多い(AAFCO基準は成犬5.5%)
総合栄養食としての基準をクリア。ただし、一部の原材料の質や安全性には疑問が残る
評価項目評価
良質なタンパク質
主原料として良質の肉が使用されているか?
無添加
合成保存料や合成着色料など人工的な添加物が含まれないか?
ヒューマングレード
人間でも食べられるか?
栄養素
犬に必要な栄養素が十分に摂取できるか?
内容量
2kg
価格
※税込み
2673円
※楽天参考価格
1日当たりの価格
※体重10kg成犬の柴犬の場合
157円
原産国
アメリカ

>>全ドッグフードの総合ランキングを見る

ロイヤルカナンの「チワワ成犬用」からニュートロシュプレモへ買い替えました(口コミ・体験談)

実際にニュートロシュプレモを与えている飼い主さんからの口コミ・体験談を紹介するね!

ニュートロシュプレモ

私が以前与えていたドッグフードは、ロイヤルカナンの「チワワ 成犬用」です。

このドッグフードを選択した理由は、愛犬を購入したペットショップで与えていたドッグフードだったからです。

しかし、ロイヤルカナンのドッグフードは匂いがとてもきつくて、食事の時間になるたび、部屋中に匂いが充満するのが不満でした。

ロイヤルカナンは正直、鼻をつまみながら与えていたんですね。そして、食事後は換気が必要なほど、匂いが強烈でした。

シュプレモは匂いがない、しかも愛犬の糞の匂いが軽減した

しかし、シュプレモの場合は、鼻を近づけても不快な感じがしません。

そのため、現在与えているニュートロシュプレモに変更したところ、気になっていた匂いを感じなくなりました。

また、愛犬のフンの臭いも少なくなったので、変えて良かったと感じています。

シュプレモに変更する前の懸念は、食欲をそそる匂いが控えめなので食いつきがなくなるのではないか、ということでした。

しかし、実際はおいしそうに食べているので安心しています。

ドッグフードの匂いがきついけれど、ドッグフードを変更すると食いつきが弱くなるのが心配、という方に向いているドッグフードです。

シュプレモは粒が小さいのも気に入ってます

また、シュプレモの気に入っている点としては、ロイヤルカナンの「チワワ成犬用」などと比べても、ドッグフードの粒(キブル)が小さいところです。チワワなどの口が小さい犬種にとっては、とても重要なポイントです。

お腹が減っていると、どうしても勢いよくガツガツと食べてくれますよね。それに、犬はもともと噛まずに飲み込んで食べる習性があります。

そうなると、ドッグフードの粒(キブル)が口に対して大きい場合、窒息してしまうこともあり得ますよね。その点、シュプレモは小さな犬でも食べやすい大きさといえます。

不満点は「タンパク加水分解物」

不満点はタンパク加水分解物です。タンパク加水分解物は、とうもろこしなどを原料としています。

タンパク加水分解物は、風味良く仕上げるために必要なものですが、どんな原材料を使っているのか不明なので、これはちょっと気になります。

やはり、ドッグフードはお肉系の原材料をメインであげたい、と考えているので出来れば改善してほしいと感じる部分です。

    • こちらの飼い主さんは、タンパク加水分解物を含む点に不満を感じてるけど、匂いが少ない、食べやすい小粒を気に入って与えているようだね

>>全ドッグフードの総合ランキングを見る

ニュートロ・シュプレモ 超小型犬用の原材料と栄養成分

原材料

原材料

チキン(肉)、チキンミール、玄米、粗挽き米、ラムミール、ビートパルプ、鶏脂、米糠、サーモンミール、オーツ麦、タンパク加水分解物、亜麻仁、ひまわり油、ココナッツ、チアシード、乾燥卵、トマト、ケール、パンプキン、ホウレン草、ブルーベリー、リンゴ、ニンジン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)

※危険または怪しい原材料は赤色表示しています

    • 原材料の原産地が不明で、しかもチキンミール、ラムミール、タンパク加水分解物、鶏脂など、キャリーオーバー(原材料欄に表示されていない添加物が含まれている)の可能性があり、ちょっと心配だね

原材料の原産国が不明

ドッグフードのパッケージや公式サイトをくまなくチェックしましたが、このフードについて原材料の原産国について説明はありませんでした(汗)

例えば、肉の品質や消化吸収についての説明はあるのですが、原産国についての説明は全くありません。

肉だけでなく、他の原材料(玄米や粗挽き米など)につても説明がありません。とても不安ですね(汗)

「チキンミール」「ラムミール」「サーモンミール」

レンダリング処理された肉や植物はNG!
次に注目するべきは「チキンミール」「ラムミール」「サーモンミール」です。

「ミール」というのは、動物の体の中で、人間が食べられる部分(主に筋肉成分)を取り出しだし、次に革を取り、さらに残りを粉砕し、油脂部分を取り除いた残りです。つまり残りカスです。畜産副産物といわれています。この行程をレンダリングと言います。(参考:日本畜産副産物協会・レンダリングとは

しかし、このレンダリング処理は問題視されています。人間用に流通できない病死した動物の肉や、抗生物質やワクチンなどの残留薬剤を含む肉を原材料にしてレンダリング処理したり、レンダリング工程で強力な合成添加物を投与したり‥と、色々な問題点が指摘されています。
注射器と薬
「肉類」「●●ミール」「●●パウダー」「●●エキス」「●●粉」(例:ラムミール、チキンミール、チキンパウダー、チキンエキスなど)と表示のあるフードはレンダリング処理された、問題のある肉の可能性が高いのでさけるべきです。

そもそも、肉の品質に自信のあるメーカーはこのような曖昧な表示はしません。「鹿肉」「馬肉」「国産チキン」などの表示をして、さらに原産国や使用している部位まで説明していることもあります。

「鶏脂」「タンパク加水分解物」

キャリーオーバーの可能性が高い

次の注目点として「鶏脂」「タンパク加水分解物」があります。

このような油脂類は、キャリーオーバー(原材料欄に表示されていない添加物が含まれている)の可能性が高い原材料です。

低価格のフードによく使われる「動物性油脂」や「チキンミール」や「加水分解タンパク質」は自然界でそのまま存在するわけではありません。

この「動物性油脂」や「チキンミール」という「原材料そのもの」を製造する必要があるわけです。その原材料の製造過程で、どれだけ強力な添加物を使用しても、ペットフード安全法ではそれを表示する義務はありません!

ですから、ドックフードの原材料表に酸化防止剤や着色料が表示されてなくても、実は原材料の製造過程(原材料自体)で添加物として使われている可能性があります。

    • 原材料自体(動物性油脂・チキンミール・加水分解タンパク質など)に強力な添加物をいれても、ペットフード安全法では表示義務はないよ!

キャリーオーバー(原材料欄に表示されていない添加物が含まれている)については、こちらの記事をご覧下さい↓

「国産」「無添加」ドッグフードに注意!2つの問題点と危険な添加物とは?

ビートパルプ

糖尿病のわんちゃんは注意
ビートパルプとは、さとう大根(甜菜)を絞って砂糖を取り出した絞りカスです。さとう大根はサトウキビと同じく砂糖の主原料です。(参考:ビートパルプペレット http://www.jakks.jp/feed/single/singlefeed15.html)
さとう大根
さとう大根の主産物が砂糖、副産物がビートバルプとなります。

洗浄して牛の粗飼料として使われることが多いものです。ペクチン質を多く含むため牛の飼料として栄養価が高い飼料です。
牛
栄養価が高いので、牛の餌だけでなくドッグフードにも入っている事が多いのですが、気にする飼い主さんもいます。

理由としてはまず、ビートパルプの繊維質は犬の胃腸では消化しにくいので、便秘気味になったり、お腹を壊すこともあります。

さらに、ビートパルプを洗浄しきれていない場合は糖分が残留するので、糖尿病のわんちゃんは注意が必要です

栄養成分など

保証成分

タンパク質:27.0%以上、脂質:16.0%以上、粗繊維:4.0%以下、灰分:10.5%以下、水分:10.0%以下、代謝エネルギー:360kcal/100g、総合栄養食

カルシウム:1.5%以上、リン:1.0%以上、亜鉛:250mg/kg以上、オメガ3脂肪酸:0.5%以上、オメガ6脂肪酸:3.5%以上、ビタミンE:80IU/kg以上

※気になる栄養成分などに色付けしています

まず、オメガ3・6脂肪酸が含まれているのは高評価です(犬は体内でオメガ3・6脂肪酸を合成できない)

しかし、脂質が16%と高いのが気になります。AAFCOの基準では成犬は5.5%、他のプレミアムフード(主原料が肉)では10~15%程度が多いです。それらと比べても高いですね。

高脂肪食は、膵臓などに負担をかけて病気になることもあります。(参考:急性膵炎・日本臨床獣医学フォーラム

さらに、脂質の割合が多いと、どうしても太りやすくなってしまいます。その結果として、膝や腰などを悪くしてしまうことにも繋がりかねません。

「超小型犬用」ですから、ここはもう少し改善して欲しい部分ですね。

総合栄養食だけど、安全性に疑問が残る、ちょっと心配なフード


AAFCOの基準をクリアした総合栄養食で、化学合成された酸化防止剤や着色料も不使用。さらに、チキンを主原料として使っているのは良いですね。

しかし、原材料の原産国が不明、ミールや加水分解タンパク質など、キャリーオーバーの可能性がある原材料を含み、原材料に不安が残るフードです。

>>全ドッグフードの総合ランキングを見る

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

調査時点ではほぼ同じだね
 公式Amazon楽天
初回購入
定期購入
通常購入
1650円(800g)
2717円(2kg)
4794円(4kg)
1680円(800g)
2673円(2kg)
4240円(4kg)
送料
600円以上(地域・注文金額などによる)店舗による

価格はほぼ互角


調査した結果、ニュートロ・シュプレモ 超小型犬用(4kg以下・成犬)の価格はAmazonと楽天のどちらもほぼ同じでした。

>>全ドッグフードの総合ランキングを見る

ニュートロシュプレモのQ&A

シュプレモの子犬・パピー用はあるの?

あります。子犬用(全犬種共通)となります。

シュプレモシリーズ
(出典:ニュートロシュプレモ公式サイト http://nutro.jp/products/supremo/list/)

全犬種共通(主に中型犬・大型犬用)
子犬用(共通)
・成犬用
・エイジングケア
・体重管理用
超小型犬~小型犬用
子犬用(共通)
・成犬用(超小型犬用)
・成犬用(小型犬用)
・エイジングケア
・体重管理用

子犬用のドッグフードの選び方については、こちらの記事もご覧下さい↓

生後3ヶ月~6ヶ月~1歳未満の子犬のドッグフード選び3つのポイント

シュプレモの高齢・シニア犬用はあるの?

シニア犬用は2種類あります。「エイジングケア(超小型犬~小型犬用)」と「エイジングケア(全犬種共通)」ですね。

「シニア」の定義ですが、小型犬・中型犬だとおおよそ7歳くらいからとなっています。

シュプレモシリーズ
(出典:ニュートロシュプレモ公式サイト http://nutro.jp/products/supremo/list/)

全犬種共通(主に中型犬・大型犬用)
・子犬用(共通)
・成犬用
エイジングケア
・体重管理用
超小型犬~小型犬用
・子犬用(共通)
・成犬用(超小型犬用)
・成犬用(小型犬用)
エイジングケア
・体重管理用

シニア犬のドッグフードの選び方は、こちらの記事もご覧下さい↓

7歳以上の高齢犬に与えるドッグフード選び3つのポイント

シュプレモの「体重管理用」でダイエット・減量できる?

体重管理用は2種類あります。「体重管理用(超小型犬~小型犬用)」と「体重管理用(全犬種共通)」

特徴は脂質とカロリーが他のシュプレモより低く抑えられている点です。ですから、ダイエットに向いてますね。

シュプレモシリーズ
(出典:ニュートロシュプレモ公式サイト http://nutro.jp/products/supremo/list/)

全犬種共通(主に中型犬・大型犬用)
・子犬用(共通)
・成犬用
・エイジングケア
体重管理用
超小型犬~小型犬用
・子犬用(共通)
・成犬用(超小型犬用)
・成犬用(小型犬用)
・エイジングケア
体重管理用

シュプレモは「穀物フリー(グレインフリー)」シリーズはあるの?

はい、あります。最近新シリーズが発売されました。4種類あります。

主原料の肉が選べるので、アレルギーのわんちゃんには便利ですね。

シュプレモ
(出典:ニュートロシュプレモ公式サイト http://nutro.jp/products/supremo/list/)

・草原のレシピ‥主原料チキン
・牧場のレシピ‥主原料ビーフ
・地中海のレシピ‥主原料ラム
・湖畔のレシピ‥主原料ダック

シュプレモとナチュラルチョイスの違いは?

同じ会社の製品なので、大きな差はないのですが、特徴としては以下の通りです。

シュプレモ
・様々な動物性タンパクや植物性タンパクを使用している
・ウェットタイプもある。

ナチュラルチョイス
・製品名だけで、主原料に何を使っているかすぐにわかる(ラム&玄米、フィッシュ&ポテトなど)
・消化吸収率が良い

なお、ナチュラルチョイスの口コミ体験レビューについては、こちらの記事もご覧下さい↓

ニュートロナチュラルチョイス・ラム&玄米の口コミ体験レビュー。評判や安全性をドッグヘルスアドバイザーが評価

>>全ドッグフードの総合ランキングを見る

[特集記事]

市販のドッグフードは危険 正しいドッグフードの計算方法 売れ残った犬はどうなるの?

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ