わんたす|犬の健康とドックフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

ドックフードの正しい1日の量はどのくらい?小型犬・中型犬・大型犬別に解説

コーギー子犬
家族同然に過ごしているワンちゃんのお食事、どのくらいが適正の量なのか、気になりますよね?

ドックフードをガツガツ食べるのをみていると、「もしかしたら、普段からフードの量が足りてないのかな?」なんて思いませんか?「でも、欲しがるだけ与えたら、肥満になりそうで怖いなあ‥」とか‥。

逆に、あまり食欲がない子なら「ウチの子はあまり食べないから、栄養失調になるのでは?」なんて考えたりして、飼い主さんの悩みはつきませんね(^^;

食事量でよくある間違いとしては、フードのパッケージに記載されている給餌量だけをかたくなに信じて少なすぎるケースと、逆に食事(おやつなどの副食も含む)を無節制に与えすぎで多すぎるケースです。

愛犬にはいつまでも元気に長生きして欲しいですし、1日でも長く一緒にいて欲しいですよね。この記事では、そのためにワンちゃんに与えるドッグフードの1日の適切な量について考えてみます。

「どんな犬にも当てはまる、正しい1日の適正な量」は存在しない
食べる犬
ただし、ここで説明しているのはあくまでも目安です。「どんな犬にも当てはまる、絶対に正しい1日の餌の適正な量」は存在しません。理由は、個体差があるからです。

例えば、とても活発で運動量の多いわんちゃんなら、たくさんエサをあげても良いでしょう。逆に、食が細くて、運動量が少ないわんちゃんなら、少量のエサでも大丈夫です。

このように、飼育環境や生まれ持った体質、年齢、性別などによって、1日の適切な量が変わるのは当然ですよね?

そして、これからご説明する目安をもとにして、最終的には「あなたが飼っているわんちゃんにとって、最適な1日のエサの量」を把握できるようにしてくださいね。

個体差があるから、あなたの愛犬にとって、最適な1日・1回のエサの量を把握することが重要だよ!


また、子犬や老犬を飼われていて心配な方は、1日の餌の量を変える前に、まずはご近所の動物病院で相談する事をオススメします。

まずは現状をチェック!体型を把握しよう

まずは愛犬の現状を把握しておきましょう。現時点で太っているのか?やせているのか?を把握できると、これから餌の量を増やせば良いのか?減らせば良いのか?わかります。

まずは体型をチェックします。これは数値で計測するわけでなく感覚的なチェック方法ですが、BCS(ボディ・コンディション・スコア)というものを利用するのが一般的です。(参考:環境省「飼い主のためのペットフード・ガイドライン」パンフレット)

やせすぎ
BCSやせすぎ

肋骨が見えている。肋骨が脂肪に覆われず、容易に触ることができる。横からみた時にお腹にかけて極端に深くへこんでいる。

このような状態なら、食事の量を増やしましょう。理想的な体型になるまで量を調整します。まずは、これからご説明する目安の1日の量を与えてみて、10日ほどしたら再度、体型と体重をチェックしてください。

理想的な体型
BCS理想的

肋骨は見えていないが、少しの厚みの脂肪で覆われていて、触ると肋骨の隆起がわかる。横から見たときもお腹に適度なくびれがある。

理想的な体型なので、現状の食事量で問題無いと思います。どうしても心配なら、これからご説明する目安の1日の量を与えてみて、10日ほどしてから再度、体型と体重をチェックしてください。

太りすぎ
BCS太りすぎ

肋骨が見えない。脂肪に覆われていて、触っても肋骨の隆起がわからない。上から見るとウエストのくびれが無い。横から見てもお腹にくびれが無い。

このような状態なら、食事の量を減らしましょう。理想的な体型になるまで量を調整します。まずは、これからご説明する目安の1日の量を与えてみて、10日ほどしたら再度、体型と体重をチェックしてください。

次は、体重を把握しよう

次に、体重を把握します。BCSは感覚的な判定方法ですが、こちらは数値でしっかりと計測しておきます。

体重を測定する時の注意点ですが、体重計に愛犬をのせて、静止させるという事です。じゃないと、正確に体重が量れません。こんな感じでおとなしく体重計にのってくれるなら問題無いですね(^^;
ミニチュアダックス×ポメラニアン・体重計
でも、そもそも中型犬や大型犬の場合は、家庭用の体重計を使うのは無理があります。おとなしく体重計にのってくれても、こんな感じではみだしますね(笑)
体重計にのる犬
 
もし、体重計にのって静止してくれない場合、または中型犬・大型犬を飼われている場合は、人間と一緒に量ればOKです。まずは、あなたがわんちゃんを抱っこして、一緒に体重を量ります。
犬抱っこ
次に、あなただけ一人で体重計にのって体重を量ります。愛犬を抱っこした時と、あなたが一人でのったときの差が、わんちゃんの体重になります。これで、現状の体重が把握できます。

小型犬のドックフードの適切な1回の量は?1日の目安は?

ドックフード
体重5kgくらいまでの小型犬(チワワ、トイプードル、ヨークシャテリア、ポメラニアン、シーズー、マルチーズ、ミニチュアダックスフントなど)の適正量はどのくらいでしょうか?

「小型犬は体が小さいから、少量しか食べない」と思われている飼い主さんがいますが、これは間違いです!

実は、体重あたりのカロリーの必要量は、中型犬や大型犬に比べて、小型犬の方が多くなります。理由は、体重が少なければ少ないほど、体重に占める体表面積の割合が増えるので、体から放出される熱量が小型犬の方が多くなります。だから、生命を維持するためにより多くのカロリーが必要になるのです。(参考:日本人の体表面積に関する研究―第18篇三期にまとめた算出式、日衛紙23(5), 443-450)

小型犬は、中型犬・大型犬に比べて「実際に食べる量」は少ないですが、「体重当たりの食べる量は多い」と覚えておいてくださいね(^^

話を元に戻しますが、まずはドッグフードのパッケージの袋の裏や側面に、おおよその給餌量が記載されていますので、その量を参考にしてください。

これは、手元にあったドックフードの袋に記載されていた1日の給餌量の説明の写真です。
1日の給与量

1日のエサの量を自動計算してくれるツールもあります。体重やフードのグラム当たりのカロリーなどを入力すれば、1日のエサの量やカロリーなどを計算してくれますよ。犬の1日の食事量・カロリー・飲水量の自動計算ツール自動計算ツールこれはちょっと専門的な話になりますが、犬のカロリー計算をする際に一般的によく使われる安静時エネルギー要求量(RER)や1日あたりエネルギー要求量(DER)を使った計算を自動でしてくれるものです。必要項目を入力すると、こんな感じで1日に必要な餌の量などの結果を表示してくれて便利ですね↓1日の給餌量の計算結果1日に必要なエサの量を自動計算するツールはこちら

犬のカロリー計算をしてくれるアプリもありますよ。エサを与える時にスマホで簡単にチェックできるので便利ですね「犬のカロリー計算・ドッグフード量の計算 Pocky」(AndroidPocky

ただし、どんな方法で1日のエサの量を算出しても、結局はあくまでも「目安」に過ぎないよ!本記事で紹介している方法で、「あなたのわんちゃんにとって最適な1日の量」を把握してあげてね!

上記の方法で1日のえさの量がわかりましたから、成犬の場合はそれを朝晩の合計2回に分けて与えるだけです。

上記ツールで計算してみると、例えば、体重3.4kgで避妊・去勢手術を受けた3歳の小型犬に、100g当たり350kcalのフードを与える量としては‥
自動ツールに値を入力
1日80gとなりました。成犬には朝晩2回与えれば良いので、1回の餌の量は40gになります。
計算結果
計量カップや普段使っている犬用食器に入れてクッキングスケールやキッチン計りなどで計量してみましょう。

1日の餌の量が80gなので、成犬の場合は1回の量は40gとなります
クッキングスケール40g

「わざわざ量を測るの?なんだか面倒だなぁ」と思ったかもしれません。

でも、器に入れて1度計量しておけば、次回からはわざわざクッキングスケールなどで測る必要はありません。

メモリなどを目安にして、簡単に目測でわかります。ちゃんと測らないと、与えすぎて、気付いた時には肥満になっていた‥という事がありますよ。

1日に必要なドックフードの量を正確に把握するメリット
ドックフード
1日に必要なドックフードの量がわかると、そこから計算して1ヶ月の量がわかります。ドックフードを切らすわけにはいきませんので、定期便やまとめ買いをするときに1ヶ月の必要量がわかると便利ですね。

聴診器をあてられる犬
あまり食べない時も、何かの病気で食べないのか?ドックフードを与えすぎでお腹がいっぱいで食べないのか?すぐに判断できます。万が一、怪我や病気で入院した時も、病院に持って行くドックフードの必要な量が正確にわかります。

子犬と老犬に必要な1日の量はどのくらい?
ミニチュアダックスフント仔犬
子犬は体を維持するだけではなく、成長のための様々な栄養素が必要になります。その一方、子犬は消化器官が未熟であるため、一度のたくさんの量を食べることが出来ません。

成長期は食欲が旺盛ですから食べたがることが多いのですが、与えすぎると消化しきれず下痢などに繋がります。下痢は子犬の腸内細菌に影響を与え、成長が滞ったり、一生の問題につながることもあります。十分に注意してください。(参考:子犬の食事ってどのくらい? パート2 http://www.anihos.com/trivia/k=137/)

まず生後2~3ヶ月の子犬には、成犬体重と同じくらいの量を1日に3~4回程度に分けて与えます。

便の様子を見ながら徐々に給餌量を増やして、生後4~6ヶ月位まで徐々に増やします。成犬に1日に与える量が例えば1日65gなら、80gくらいまで増やします。

その後は徐々に給餌量を減らしていきます。最終的に1歳を迎える頃までに、ドッグフードの裏面に記載されている量まで減らし、その後は運動量や気温によって、こまめに調節します。

※仔犬の1日餌の量はドックフードのパッケージにも記載されていますので参考にしてください。ここでご説明したとおり、どのフードも生後5ヶ月・6ヶ月くらいから給餌量が減っているハズです。もしくは、上記の「イヌのカロリー計算 – 獣医師広報板」でも計算してみてくださいね

小型犬は10歳を超えると高齢期にはいります(11歳・12歳・13歳はシニア犬です)個体差はありますが、10歳以上になると基礎代謝量の低下により必要カロリーが低くなります。
老犬ポメラニアン
成犬の量をいつまでも与えていると、消化不良を起こしたり、体重が増加して肥満になり、様々な生活習慣病を引き起こす可能性が高くなります。

また体重増加は関節にも負担が大きく、痛みで運動量が減ると体全体の活性が低くなります。体を動かさないでいると、認知症に繋がる可能性もあります。

老犬になったら1~2割程度、ドッグフードの給餌量を減らす、あるいは老犬用に100gあたりのカロリーの低いドッグフードを選ぶなどで工夫する事をオススメします。

中型犬と大型犬のドックフードの1回の量は?1日にどのくらい与えれば良い?

食べる中型犬
1日のエサの量ですが、基本的な考え方は小型犬・中型犬・大型犬と全て同じです。仔犬と老犬の餌の量を増減する時期が違うだけです。

まずは、ドッグフードのパッケージの袋の裏や側面に、おおよその給餌量が記載されていますので、その量を参考にしてください。

こちらは、手元にあったドックフードの袋の側面に記載されていた給餌量と100g当たりのカロリーの説明の写真です
1日の給餌量
100g当たり300kcal

小型犬のパートでもご説明しましたが、1日のエサの量を自動計算してくれるツールもあります。体重やフードのグラム当たりのカロリーなどを入力すれば、1日のエサの量やカロリーなどを計算してくれますよ。犬の1日の食事量・カロリー・飲水量の自動計算ツール自動計算ツールこれはちょっと専門的な話になりますが、犬のカロリー計算をする際に一般的によく使われる安静時エネルギー要求量(RER)や1日あたりエネルギー要求量(DER)を使った計算を自動でしてくれるものです。必要項目を入力すると、こんな感じで1日に必要な餌の量などの結果を表示してくれて便利ですね↓1日の給餌量の計算結果1日に必要なエサの量を自動計算するツールはこちら

ただし、どんな方法で1日のエサの量を算出しても、結局はあくまでも「目安」に過ぎないよ!本記事で紹介している方法で、「あなたのわんちゃんにとって最適な1日の量」を把握してあげてね!

中型犬の場合

中型犬(柴犬、フレンチブルドッグ、コーギー、キャバリアなど)の適正量はどのくらいでしょうか?

生後2ヶ月~3ヶ月の子犬では、成犬と同じくらいの量を1日3~4回くらいに分けて与えます。便の様子をよくみて、特に下痢などしてないか?注意してください。

そして徐々に量を増やして行きます。小型犬と比べると成長の期間が長く、生後6ヶ月~9ヶ月までは2割程度、給餌量を徐々に増やして行きます。その後、生後12ヶ月~15ヶ月頃までに、成犬と同じ量に減らしていきます。

さらに10歳を超えたら徐々に給餌量を減らしていくのは、小型犬と同じです。

※中型犬の仔犬の1日餌の量はドックフードのパッケージにも記載されていますので参考にしてください。ここでご説明したとおり、どのフードも生後7ヶ月くらいから給餌量が減っているハズです。もしくは、上記の「イヌのカロリー計算 – 獣医師広報板」でも計算してみてくださいね

大型犬の場合
食べる犬・大型犬
大型犬(ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、シェパード、サモエド、ニューファンドランドなど)の適正量はどのくらいでしょうか?

大型犬の場合、生後2ヶ月~3ヶ月の子犬では、成犬と同じくらいの量を1日3~4回くらいに分けて与えます。便の様子をよくみて、特に下痢などしてないか?注意してください。

小型犬・中型犬に比べて成長がゆっくりで、約12ヶ月~14ヶ月まで徐々に1.5割~2割程度、増やしていきます。

大型犬の子犬は小型犬・中型犬の子犬より食欲が旺盛な場合が多いのですが、食欲に任せた急激な体重の増加はお腹の調子を壊すだけではなく、関節の形成不全などを引き起こす可能性があります。与えすぎには注意してください。

最終的に生後16ヶ月~17ヶ月(生後1歳6ヶ月くらいまで)で成犬の量に戻します。

老犬については、小型犬や中型犬と同じく給餌量を減らす必要がありますが、大型犬の場合、小型・中型犬に比べて老化が早いので、おおよそ8歳頃から給餌量を減らしていき、運動などに差し支えない適性体重を維持します。

愛犬に与えるドックフードの1日の量・1回の量まとめ

まずは体型と体重をチェックして現状を把握します。そして、フードの袋に記載されている給餌量やツールで計算した目安の1日の餌の量を与えてみて、10日くらいしてから再度、体型と体重を測定します。

もし、太っている犬が痩せたら、餌の量をそのまま変えずに、理想の体型になるまで続けます。逆に、太っている犬に体型と体重にあまり変化がなければ、少し減らします。これで、徐々にあなたのわんちゃんにとって適正な1日の量が把握できます。

なお、あまり急激に1日・1回のドックフードの量を減らしたり増やしたりするのはやめましょう!わんちゃんの体に負担をかけてしまいます。目安の量と実際に与えている現在の量が大きく乖離していても、徐々に減らすまたは増やすようにしてください。

小型犬・中型犬・大型犬と、それぞれ年齢によって必要な1日の量は違ってきます。ここではあくまで目安だけを解説しています。当然ですが、個体差もありますから、この目安通りにはならないことも多々あります。

わんちゃんのそれぞれの体質や性格を見極めてあげてください。飼っているわんちゃんは自分でフードを選べません。体の調子が悪くてもしゃべって伝えることもできません。

特に、幼犬と老犬は体力と免疫力が低いですから、心配な方は、1日の餌の量を変える前に、獣医さんに相談することをオススメします。

わんちゃんの健康を守れるのは、飼い主のあなただけです。しっかりと健康管理をしてあげてくださいね。

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ