無添加ドッグフードのおすすめと犬の安全安心な暮らし|わんたす

おすすめの無添加ドッグフードと犬の健康のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らしサポート

シシアの「チキン&ビーフ ゼリータイプ」の不満は原産国がタイ

チワワ
私は、通信業界で働く20代のOLです。主人が独身の頃から飼っていた兄弟犬のチワワ2匹を、結婚後も飼っています。2匹は兄弟で現在10歳になりました。

兄犬は少し早食いですが、元気いっぱい動くやんちゃな子です。弟犬は生まれつき噛み合わせが悪く、食事に時間がかかる子です。

性格ものんびり屋さんで兄犬に踏まれることも多々あります。

もともと噛み合わせが悪い弟犬のために、柔らかいドッグフードを探していましたが、年齢を重ねるとともに2匹ともカリカリが苦手になっていったのです。

まずはイートイート(eateat)の缶詰を試しました

まだまだ元気でいてほしいという思いから、2匹に合うドッグフード探しが始まりました。

噛み合わせが悪い為にウェットフードで健康を考え無添加である事や、小さな子供がいるため通販対応のショップである事。価格帯などの点を重視しました。

最初に試したのは「イートイート(eateat)」の「おかず缶詰ビーフコラーゲンミール」。噛み合わせの悪い弟犬もよく食べてくれたのですが、兄犬は早食いになり食べ過ぎに…。

ダイエットフードとの併用をしたほうが良くなり、手間が2倍になり諦めました。また通販サイトからも次々に消えていき、入手しにくさも辞めた理由です。

次はブッチのブラックレーベル

次に試したのが「ブッチ」の「ブラックレーベル」。愛犬家の友人オススメで購入してみました。原産国がニュージーランドでしたが通販で簡単に購入が可能でした。

噛み合わせの悪い弟犬も兄犬もよく食べてくれました。むしろ食い付きが違うほどに食べてくれて嬉しかったです!

ただ、保管を冷蔵庫でしないといけない点、他のドッグフードと比較して賞味期限が短い点が気になり3ヶ月ほどで辞めました。

特に冷蔵庫保管という点を受け入れられず私が断念。犬と人間の食料を同じ冷蔵庫に保管するのが気になったのです。

この点以外は特に気にならなかったので、冷蔵庫保管が気にならない方は、是非試してほしいと思う商品でした。

シシア(Schesir)はHACCP認証も取得しているので安心

最終的に落ち着いたのは、「シシア」の「ドッグフード チキン&ビーフ ゼリータイプ」です。

原産国が「タイ」という点は最初気になりましたが、無添加・無着色の安心感があり購入しました。

購入後に知ったのですが、なんとHACCP認証も取得している商品で安心・安全についてはお墨付きの商品でした!

購入も「楽天市場」や「Amazon」など使いやすい通販サイトで沢山取り扱われており、簡単に購入が可能なためとても助かりました。

市販のドッグフードより価格は高め

価格は1缶150gあたり約300円と一般的なドッグフードよりは少し高いですが、無添加・無着色のドッグフードの中では良心的な値段と思います。

まだまだ長生きして欲しい2匹のために、今後も続けていきたいと思っています。

>>全ドッグフードの総合ランキングを見る

[特集記事]

市販のドッグフードは危険 正しいドッグフードの計算方法 売れ残った犬はどうなるの?

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ