無添加ドッグフードのおすすめと犬の安全安心な暮らし|わんたす

おすすめの無添加ドッグフードと犬の健康のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らしサポート

スーパーゴールドフィッシュアンドポテトの口コミ体験レビュー。評判や安全性をドッグヘルスアドバイザーが評価

シュナウザー
この記事では「森乳サンワールドのスーパーゴールド・フィッシュアンドポテト・シニアライト」について、このフードを実際に与えている飼い主さんからのレビュー&口コミと、安全性などについて編集部のドッグヘルスアドバイザーが解説します。

    • スーパーゴールド・フィッシュアンドポテトはあまりオススメできないよ。主原料がポテト(穀類)で、しかも原材料の原産地が不明なものが多く、キャリーオーバー(原材料欄に表示されていない添加物が含まれている)の可能性もあって、ちょっと心配だね

スーパーゴールド・フィッシュアンドポテト・シニアライト
おすすめ度:(2.0)
スーパーゴールド
・主原料はポテト。しかし、犬は肉食動物なので穀類の消化は苦手。理由は穀類に含まれるでん粉を消化する酵素(アミラーゼ)が少ないから。
・ポテトは血糖値を急上昇・急下降させる高GI値の食材
・植物性油脂など、キャリーオーバー(原材料欄に表示されていない添加物が含まれている)の可能性がある原材料を含む
・ほとんどの原材料の原産地の説明がない
・シニア犬用に低カロリー・低脂質に調整されている
総合栄養食としての基準をクリア。ただし、一部の原材料の質や安全性には疑問が残る
評価項目評価
良質なタンパク質
主原料として良質の肉が使用されているか?
無添加
合成保存料や合成着色料など人工的な添加物が含まれないか?
ヒューマングレード
人間でも食べられるか?
栄養素
犬に必要な栄養素が十分に摂取できるか?
内容量
2.4kg
価格
※税込み
3470円
※楽天参考価格
1日当たりの価格
※体重10kg成犬の柴犬の場合
186円
原産国
アメリカ

>>全ドッグフードの総合ランキングを見る

ナチュラルバランスのポテト&ダックからスーパーゴールド・フィッシュアンドポテトへ買い替えました(口コミ・体験談)

実際にスーパーゴールド・フィッシュアンドポテトを与えている飼い主さんからの口コミ・体験談を紹介するね!

スーパーゴールド

私は40代主婦です。夫と私と子供の3人家族でミニチュア・シュナウザーの14歳のオスを飼っています。

うちの子はアレルギーがあるのでフード選びはいつも慎重です。以前はナチュラルバランスのポテト&ダックを与えておりました。

アレルギーの多い愛犬のアレルゲンになるものが入っておらず、嗜好性も良かったのですが、原材料費の高騰によりかなり価格が上がってしまいました。併せて愛犬もシニア期に入り、腰痛も出始めたのでアレルギー反応の出ないシニア用のフードを探しはじめました。

ビーフ・チキン・米を使っていないフードを探しました

数年前ヒルズの“プリスクリプション・ダイエット犬用「z/d」低アレルゲンドライ”が良いと聞いたので試したことがありました。

チキンが加水分解されているので反応が出にくくなっているとのことでしたが、与えるとお腹の調子が悪くなり便がゆるくなったので止めました。

そんな体験もあったので、今回は確実にアレルゲンを外そうと思いました。ビーフやチキンや米にアレルギー反応が強く出るので、それらを原材料に含めているフードを外し、それ以外も多少でも反応が出そうな原材料が入っているフードは全て排除しました。

カロリー控えめで、製造元が森乳さんなので安心してます

その結果、現在は森乳サンワールドさんの「フィッシュ&ポテト シニアライト」を与えています。メインのたんぱく源がサーモンと白身の魚なので嗜好性も良く愛犬も気に入って食べています。

炭水化物も“米”だとアレルギーが出てしまうのですが、“ポテト”がメインですので安心して与えられます。シニア用としてカロリー控えめな事も安心要素の一つです。製造元がきちんとしていて品質も保証されているものが良かったので、森乳サンワールドさんならと思い安心して与えています。

与え始めてから1年以上経っていますが、愛犬の体質にあっているようで、アレルギー反応である耳の汚れや皮膚の湿疹が良くなりました。排泄の回数や状態も安定しています。

不満点は原材料の産地が不明、パッケージが薄くて破れやすい

不満点はやはり原材料の産地が不明な事です。原産国がアメリカであっても、原材料もアメリカだとは限りません。

また、パッケージ袋で使用している袋がやや薄めで、角に当たったか何かの理由で数回破れてしまったことがあったので厚めの袋に改善してもらいたいです。

これからドッグフードを選ぶ皆さんは、まずは体に合うものがどれなのか色々試してみると良いと思います。耳の汚れがひどかったり皮膚症状がある場合はアレルギーの疑いが強いので、一度獣医さんでアレルギー検査をしてからドッグフードを決めるのがベストです。

    • こちらの飼い主さんは、原材料の産地が不明な事に不満を感じてるけど、アレルギー反応が出ないで便の調子も良いので与えているようだね

>>全ドッグフードの総合ランキングを見る

スーパーゴールド・フィッシュアンドポテト・シニアライトの原材料と栄養成分

スーパーゴールド・原材料

原材料

ポテト、サーモン、ホワイトフィッシュ、ビートパルプ、トマト、フィッシュダイジェスト、植物性油脂、セルロース、食塩、グルコサミン、タウリン、コンドロイチン硫酸、ユッカ抽出物、グレープシードエキス、ビタミン類(A,C,D,E,K,ナイアシン,B2,パントテン酸,B12,B1,B6,葉酸)、ミネラル類(Ca,Zn,Fe,Mn,Cu,I,Se,Co)、酸化防止剤(トコフェロール、クエン酸、ローズマリーエキス)

※危険または怪しい原材料は赤色表示しています

    • 主原料がポテト(穀類)で、しかも原材料の原産地が不明、さらに植物性油脂などキャリーオーバー(原材料欄に表示されていない添加物が含まれている)の可能性があり、ちょっと心配だね

原材料の原産国が不明

ドッグフードのパッケージや公式サイトをくまなくチェックしましたが、このフードについて原材料の原産国について説明はありませんでした(汗)

例えば、シニア犬用にたんぱく質と脂肪の量を調整している事など、栄養成分などの説明はあるのですが、原材料の原産国についての説明は全くありません。とても不安ですね(汗)

ポテト

主原料が穀類はNG!
じゃがいも

次の注目点は主原料です。このフードでは、原材料表の最初(最も左)に記載されている主原料が「ポテト」となっています。

そもそも、犬は肉食動物なので植物(穀類)の消化は苦手です。穀類に含まれるでん粉を消化する酵素(アミラーゼ)が少ないのです。

しかも、このような外国製格安フードの主原料として使われている穀類は、人間用としては絶対に使えない廃棄用の食材(残留農薬が基準値以上、栄養がほぼない残りカスなど)で劣悪な品質のものが多いです。

価格を安く抑えるために、動物性タンパク質の代替として質の低い穀類を使用します。

ですから、このように穀類が主原料になっているフードを与えるのは避けるべきです。

「低アレルゲン」と言いながら「ポテト」など高GI値の食材を使用

「低アレルゲン」と言いながら、ポテトやタピオカなど血糖値を急上昇・急下降させる高GI値の食材を使用したフードは要注意です。

しかも、シニア犬用にポテトのような高GI値の食材を使うのはいかがなものか?と思います。

シニア犬や減量・ダイエット中のわんちゃんは、カロリーよりも血糖値の急上昇を気をつけたほうが良いという考えもあるよ。だから食材のGI値が注目されてるんだ!

植物性油脂

キャリーオーバーの可能性が高い

次の注目点として「植物性油脂」があります。

このような油脂類は、キャリーオーバー(原材料欄に表示されていない添加物が含まれている)の可能性が高い原材料です。

低価格のフードによく使われる「動物性油脂」「植物性油脂」「チキンミール」「加水分解タンパク質」などは自然界でそのまま存在するわけではありません。

この「植物性油脂」や「チキンミール」という「原材料そのもの」を製造する必要があるわけです。その原材料の製造過程で、どれだけ強力な添加物を使用しても、ペットフード安全法ではそれを表示する義務はありません!

ですから、ドックフードの原材料表に酸化防止剤や着色料が表示されてなくても、実は原材料の製造過程(原材料自体)で添加物として使われている可能性があります。

    • 原材料自体(植物性油脂・動物性油脂・チキンミール・加水分解タンパク質など)に強力な添加物をいれても、ペットフード安全法では表示義務はないよ!

キャリーオーバー(原材料欄に表示されていない添加物が含まれている)については、こちらの記事をご覧下さい↓

「国産」「無添加」ドッグフードに注意!2つの問題点と危険な添加物とは?

ビートパルプ

糖尿病のわんちゃんは注意

ビートパルプとは、さとう大根(甜菜)を絞って砂糖を取り出した絞りカスです。さとう大根はサトウキビと同じく砂糖の主原料です。(参考:ビートパルプペレット http://www.jakks.jp/feed/single/singlefeed15.html)
さとう大根
さとう大根の主産物が砂糖、副産物がビートバルプとなります。

洗浄して牛の粗飼料として使われることが多いものです。ペクチン質を多く含むため牛の飼料として栄養価が高い飼料です。
牛
栄養価が高いので、牛の餌だけでなくドッグフードにも入っている事が多いのですが、気にする飼い主さんもいます。

理由としてはまず、ビートパルプの繊維質は犬の胃腸では消化しにくいので、便秘気味になったり、お腹を壊すこともあります。

さらに、ビートパルプを洗浄しきれていない場合は糖分が残留するので、糖尿病のわんちゃんは注意が必要です

栄養成分など

スーパーゴールド・総合栄養食
スーパーゴールド・栄養成分

たんぱく質:24.0%以上、脂質:7.0%以上、粗繊維:6.0%以下、灰分:8.0%以下、水分:10.0%以下、代謝エネルギー:326kcal/100g、総合栄養食

※気になる栄養成分などに色付けしています

総合栄養食だけど、安全性に疑問が残る、ちょっと心配なフード


AAFCOの基準をクリアした総合栄養食で、シニア犬用に低脂質・低カロリーなのは良いですね。

しかし、原材料の原産国が不明、主原料がポテト、植物性油脂など、キャリーオーバーの可能性がある原材料を含み、原材料に不安が残るフードです。

>>全ドッグフードの総合ランキングを見る

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

調査時点では容量別に価格差があったよ
 公式Amazon楽天
スーパーゴールド・公式サイト
初回購入
定期購入
通常購入
1106円(800g)
4342円(2.4kg)
5619円(7.5kg)
2037円(800g)
3470円(2.4kg)
8976円(7.5kg)
送料
600円以上(地域・注文金額などによる)店舗による

価格は容量別にAmazonと楽天の価格差が大きい


調査した結果、スーパーゴールド・フィッシュアンドポテト・シニアライトの価格は、容量毎にAmazonと楽天の価格差がある事がわかりました。

調査時点では、800gと7.5kgではAmazonが安いのですが、2.4kgでは楽天が安かったです。ですから、購入前に必ずAmazonと楽天の両方をチェックして最安値を確認してください。

>>全ドッグフードの総合ランキングを見る

1日の給餌量はどのくらい?

スーパーゴールド・給餌量(出典:公式サイト)

ただし、これはあくまでも目安です。あなたの愛犬にとって最適な量を把握してあげてください。

最適な1日の給餌量を把握する方法につきましては、こちらの記事も参考にしてください↓

ドッグフードの正しい1日の量はどのくらい?小型犬・中型犬・大型犬別に解説

>>全ドッグフードの総合ランキングを見る

スーパーゴールドドッグフードの種類と特徴

スーパーゴールドは大きく分けて3つのシリーズがあります。

グレインフリー + 機能性

穀類不使用で、グルコサミン、コンドロイチンなどの機能性成分を含むシリーズです。

・フィッシュ&ポテト プラス 関節の健康に配慮
・フィッシュ&ポテト プラス 肥満・関節の健康に配慮

グレインフリー

低アレルゲンの原材料(主に魚とポテト)を中心に使い、食物アレルギーに配慮しているシリーズ。

・フィッシュ&ポテト 子犬・成犬用
・フィッシュ&ポテト ダイエットライト
・フィッシュ&ポテト シニアライト

小麦グルテンフリー

小麦のグルテンが含まれていないシリーズです。それだけでなく、乳酸菌やオリゴ糖を配合して腸内環境を整えます。

・チキンプラス 子犬用
・チキンプラス 成犬用
・チキンプラス シニア犬用
・チキンプラス 体重調整用

>>全ドッグフードの総合ランキングを見る

[特集記事]

市販のドッグフードは危険 正しいドッグフードの計算方法 売れ残った犬はどうなるの?

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ