無添加ドッグフードのおすすめと犬の安全安心な暮らし|わんたす

おすすめの無添加ドッグフードと犬の健康のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らしサポート

ブラックウッドからナチュラルチョイス・ラム&玄米へ切り替えて減量成功

雑種
私は、専業主婦をしている50歳の女性です。家族は夫婦と子どもの3人で、この春から大学進学のため息子は家を出ました。

犬を飼い始めて2頭目、23年になります。今の犬は雑種で10歳の女の子です。

常日頃から、家族の食事の材料にも気をつけていて、必然的に犬にも無添加のドッグフードを食べさせるようになりました。

前の犬のときは、ドイツが犬を大事にする国であることを理由に、ドッグフードも安全安心と判断して、「bosch(ボッシュ)」を与えていました。

フードを残すことが多々ありました

とても健康な雑種の女の子で、野性味にあふれ、全く吠えない賢い子でした。

朝晩の散歩も欠かさず、昼間は庭に放し飼い、家族がいるときは家の中で自由に生活していました。獣医師にもこの子は長寿だと言われていました。

ただ、今から思えばフードが気に入らないのか、残すことも多かったです。

当時はフルタイムで子育てをしながら共働きをしていて多忙だったので、トッピングを食べているからフードを残すことをあまり気にしていませんでした。

ブラックウッドLOWFATを与えたら太り始めました

しかし、今から思えばせっかくの無添加フードも、その食の細さから生かされていなかったように思います。

犬のためには切り替えるべきだったと思います。その子は13歳を前に、病気で亡くなってしまいました。

何かを理由にしなければ納得できなかった自分は当時はドッグフードのせいにし、6ヶ月後に別の犬を成犬で家族に迎えたときには、別のドッグフードに切り替えました。

友人に勧められて、「ブラックウッド LOWFAT 4000」にしたところ、犬がどんどん太り始めました。

口コミを重視したドックフード選び

それまであまり食べない犬で、我が家に来たときは細かったのですが、このフードにしたら完食してLOWFATなのに太る、という状態になりました。

1年ほどこのフードにして、切り替えることを考え始めました。

そこで重視したのが口コミです。ネットにあふれている口コミから参考になるものを選び、やはり犬が生活に根付いているアメリカ製を選びました。

それが「ナチュラルチョイス」です。このフードにしてからも食いつきが良かったからです。

ナチュラルチョイス減量用は食事制限せずに痩せられる

そこで「ナチュラルチョイス 減量用 ラム&玄米」に切り替えました。

すると、量を多めに与えても体重が減るという、犬にとっては食事制限せずに痩せられる利点がありました。

しかし、とても排泄量が多く、1日に普通量の2倍程度の量があります。

食べて出すという仕組みのようで、スマートになってからの一定の体重から増えることも減ることもなく安定しています。

不満点は価格です。キロ当たりの単価が大きく違う

大きな不満点というのは価格です。6Kgが6千円程度に対し、その次のサイズが13.5Kgで9千5百円になります。

中くらいの袋の次にはとても大きな袋になってしまい、無添加のドッグフードは保存に気を遣うので、大きめの犬を飼っているため、どちらを買うか迷います。

キロあたりの単価が大きくちがうのも不満点です。

愛犬の健康に注意しながら柔軟に対応することが大事

これから始めて無添加ドッグフードを購入される場合、口コミを見て他の方が犬の健康について書かれているか、リピートされているかをチェックする事が重要だと思います。

無添加ドッグフードを与えているから安心ではなく、常に食いつきや健康状態に注意し、本当に愛犬に合っているかを見極めてください。

合わない場合はすぐに切り替えるなど柔軟に対応することが大事だと思います。

[合わせてよく読まれている記事]

ニュートロナチュラルチョイス・ラム&玄米の口コミ体験レビュー。評判や安全性をドッグヘルスアドバイザーが評価

>>全ドッグフードの総合ランキングを見る

[特集記事]

市販のドッグフードは危険 正しいドッグフードの計算方法 売れ残った犬はどうなるの?

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ