わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

尿結石になった愛犬のフード選び。病院は高いのでネットで購入してます。

パグ
私はプログラマーとしてフリーで働く40代男です。元々犬好きだった私は、一人暮らしの寂しさを埋めるためにと10数年前、ブリーダーからオスのパグを購入して飼い始めたのでした。

愛犬のパグも14歳になりましたが今も元気に生きています。しかし、ここまで来るには色々とありました。

特にドッグフードが問題で生じた出来事は、今も強く心に残っています。まずは子犬の頃の話ですが、食欲旺盛だった愛犬がある日突然、ろくに餌を食べなくなったのです。

愛犬の様子を見て我が侭をいっているのだと気づきました

当時は、近所のスーパーで購入した国産のドライフードを与えていました。しかし、少し食べたら直ぐ止めるという状態が2日程続いたのです。

食べてくれない事が心配になった私は、取りあえず栄養をつけるためにウエットフードを購入して与えてみたのです。

するとそれまでが嘘だったみたいに、勢い良く食べ始めてあっという間に食べ尽くしてしまったのです!

これで食欲が戻ったと安心し、次からドライフードに戻したのですが、匂いを嗅ぐものの、食べずに止めてしまったのです。私はその態度を見て、我が侭になっているだけだと気付きました。

ドライフードとウェットフードを混ぜて与えました

私は何とかしなければと思い、対処法を考える事にしました。というのもウエットフードを与え続けるとなると、金銭的にも厳しかったので何とかドライフードを食べる様にしたかったのです。

そこで私はドライフードに、ウエットフードを少し足すという方法で対処しました。すると最初は匂いを嗅いで少し警戒しましたが、ドライフードを含め全ての餌を綺麗に食べてくれました。

そういった形で餌を数回与えた後、普通のドライフードに戻してみると以前の様に食べてくれる様になったのです。

それからも何回か、いつものドライフードを余り食べなくなる事がありましたが、この対処法で解決出来ました。

愛犬が8歳の時に一番大きなトラブルが起きました

その後、しばらくはドッグフードで問題に感じる様な事は起こりませんでした。しかし、愛犬が8歳の時に一番大きなトラブルが起きたのです。

それは散歩に行き、おしっこをするポーズを取るのに全然出ないという問題でした。焦った私は急いで近所の動物病院に連れて行くと、尿結石が出来ていてそれが詰まっているという診断でした。

すぐに尿結石は取れたものの、石が出来易くなっているので、与えるドッグフードを変える必要があると言われたのです。

そもそもパグは尿結石になり易い犬種だそうで、結石が出来なくなる様なドッグフードにするべきだとの指摘を受けました。

PHコントロールにより結石ができにくい外国製のドッグフード

そこで先生が紹介してくれた通りに、PHコントロールにより結石ができにくい外国製のドッグフードを動物病院で購入しました。

これで取りあえずは安心だと思うと同時に、動物病院でPHコントロールが可能なドッグフードを購入すると、かなり価格が高い点が気になりました。愛犬にはずっとそのドッグフードを食べさせる必要があるので、出来ればもっと安く購入したいと考えたのです。

そこで、帰宅後にネットで同じドッグフードが販売されていないか調べた所、病院で購入するよりは、かなり安く購入出来るサイトを発見しました。以来、ネット通販という形でそのドッグフードを購入し続けて今も食べさせ続けています。

お陰で尿結石の問題は、あれ以来生じていません。ですがパグはなり易い病気だと後で知っただけに、出来ればなってしまう前に今のドッグフードを選び、予防すれば良かったという思いはあります。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ