わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

手作りご飯で毛艶も良くなりましたが栄養バランスが崩れました。

ミニチュアピンシャー
私は35歳の主婦です。2歳上の旦那と今年10歳になるミニチュアピンシャー(オス)と、10ヶ月のピンシャー(オス)とプードルのミックス犬(オス)と暮らしています。

先住犬のミニチュアピンシャーは主人が元々飼っていたので、結婚してから初めて犬との生活が始まりました。

我が家のピンシャーは肌が弱く、若干のアレルギー体質なので愛犬家の友人などに色々聞いたりして、原産国がイギリスのラム肉で出来た無添加の物を与えてみる事にしました。

与え始めは食いつきも良く、肌の痒がりなどもなかったのですが一定期間与え続けて見ると、また痒がる事が増えてきたのです。

手作りご飯で毛艶も良くなりましたが体重が減りました

痒がりがひどいので、今度はインターネットなどで調べたご飯を手作りし、しばらく与えて見る事にしました。

蒸したじゃがいもと人参、キャベツなどの数種類の野菜、米、オリーブオイル少々、すりごまなどをしばらく与えてみました。

手間は掛かりますが、続けていく内に愛犬の毛艶も良くなり肌の調子も良くなっていくのが分かりました。しかし、体重が低下してしまいました。

手作りで野菜もふんだんに使っているので健康的だとばかり思っていましたが、栄養バランスが良くなかったようです。

魚由来のドックフードを勧めら与えてみることにしました

予防接種のタイミングで獣医師に相談したところ、魚由来のドックフードを勧められました。肉類と比較して魚由来のものはほとんどアレルギーを起こさないそうです。

まずは、原産国イギリスのサーモンを原料とする物を購入し、与えてみる事にしました。すると愛犬の食いつきも良く、吐くことも痒がる事もなく身体にあっている様子でした。

サーモン由来のドックフードといっても種類が多く、迷いましたが決めてとなったポイントは、パピーから成犬まで食べられるもので無添加のもの、穀類不使用なところです。

愛犬への食事は朝晩の2回、3匹に同じものを与えられると、経済的にも助かります。現在、ピンシャーはアレルギーの症状もなく健康的に暮らせています。

購入前にきちんと原材料の確認をしましょう

また、プードルミックスの犬もパピーの頃から魚由来のドックフードを与えていますが、アレルギーのような症状は1度もなく健康です。

何度も試行錯誤しながら行き着いたのが魚由来のフードでしたが、失敗例もあります。

サーモンと大きくパッケージに書かれていて購入した後に、原材料をよく見るとチキンエキスが含まれていたものを買ってしまった事があります。

チキンは合わないようで、痒がりました。購入前にきちんと原材料表をじっくりチェックするべきだったと反省しました。

愛犬の様子をしっかり観察しながらの健康管理

今、愛犬のドックフード選びに悩んでいる方がいたら是非1度、魚由来のものを試しに与えてみてください。アレルギー体質のワンちゃんには特におすすめです。

そして、購入の際はぜひ最初はお試しの少量パッケージのものを購入して、愛犬の食いつきや肌の状態、便などをチェックすることをおすすめします。

犬の体質も様々ですので、愛犬の様子をしっかり観察しながら健康管理をして行きましょう。

※愛犬の手作りご飯でお悩みの方はコチラの記事もご覧下さい。手作り食の危険性について解説しています。

【調査結果】犬の手作りごはんレシピの75%以上が栄養不足!手作り食の危険性とは?

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ