わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

17歳の高齢ミニチュアダックスフントがドックフードを食べない

ミニチュアダックスフント
私は、60代の専業主婦です。現在、主人と2人暮らしで17歳ミニチュアダックスの男の子を飼っています。一緒に暮らして17年が経ちますが、今まで病気なども無くとても元気に過ごしてくれています。

今までは、どこのスーパーでも売っているドックフードを購入していました。一袋に沢山入っているお得なエサから高級なエサまで、なんでも好んで食べていました。

種類に好みもなく小魚やお肉・チーズなど、とにかくどんな物でも食べて毎日便通も良く元気に走り回り、おやつも沢山食べていました。

しかし17歳になり、まったりとした生活になった今は歯も消化も弱くなりました。おやつも昔のようなジャーキーなどは食べなくなったのです。

老犬になった愛犬のフード探し

老犬になった頃から、主食はやわらかい缶詰や半生タイプのカロリーと栄養を少量で摂取できるようなエサを与えております。

硬いエサを食べる時痛がる様子が以前あったので、それからは柔らかいものをあげたら食べてくれるようになりました。

昔のように沢山あげてしまうと、消化運動の低下や戻してしまう事がありました。少量をあげてから欲しがるようであれば、追加で少量をあげるようにしてます。

味に飽きないよう缶詰タイプと、チューブなどで売ってるとても柔らかいものと半々を混ぜてあげることもあります。

ワンちゃんに合ったものをとことん探してあげる

犬にも好みもあるようで、味の種類によっては食べてくれません。なので、色んな味を試してみるのが良いと思いました。

スーパーなどでも売っているものなので手軽に買えますし、ワンちゃんに合ったものをとことん探してあげる事が良いと思います!

以前に比べてとても少食になっているので、とにかくカロリーや栄養がありそうなものを与えるようにしています。

おやつもできるだけ食べて欲しいので、今ではふりかけのようなお芋や鰹節などの歯に優しい柔らかさの物を食べさせてます!

歯が悪いので缶詰タイプが中心になっています。

今の食生活をまとめてみると、基本的に朝夕は缶詰タイプとチューブを半々に混ぜたものをお皿半分程度、散歩後に二回おやつという感じになります。たまに缶詰タイプを鼻で避けて、チューブの物しか食べないときもあります。

柔らかいものを食べている分、以前よりかは少し軟便かな?と感じるようになりました。ですが1日2回ちゃんと出してくれるし、色なども普通でお腹が痛そうな様子もなく元気なので問題はありません。

老犬でも歯が丈夫なワンちゃんもいるかと思うので、その場合は硬いフードのままの方が歯の丈夫さも保たれて良いかと思います!

我が家の愛犬のように歯の痛みを生じたり、戻してしまった、食欲が無いなどを感じたら少しでも参考にして頂けたらなと思います(*^◯^*)

[合わせてよく読まれている記事]

初めての缶詰選び。安全・安心な缶詰ウェットフードとは?

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ