わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

犬の散歩・シッティング料金の相場や安全性は?心配な人向け体験談レポート

トイプードル
急に用事ができて、どうしても1日だけ愛犬の散歩や世話ができない!でも、近所に頼める知人や友人がいない。そんな時は「ペットシッター」や「ペットホテル」の利用を考えた人も多いのではないでしょうか?

ペットシッターの意味は「ペットのお世話をする人」の事です。「ベビーシッター(子守りをする人)」と同じ意味ですね。

例えば、親戚の結婚式・葬式などで家族全員が早朝から日帰りで出かける必要がある。自宅に戻るのも深夜になる。
家族でお出かけ
しかし、ペットホテルに預けると前日の夜から翌日の朝まで預ける事になるので、2泊3日となり高額になる。ペットシッターなら1回の散歩だけで済むので安くなる。

または、夫婦で共働きしていて平日は1日12時間くらい犬がひとりで留守番をしている。その間、留守番のストレスで物を破壊したり、いつまでも鳴いていて近所から苦情がきた‥など。
無駄吠え
こんな場合は、ペットシッターに依頼して、代わりに散歩に行って遊んでもらったり、エサやりをしてもらったり‥と、代行してもらうことでワンちゃんもずいぶん楽になりますよ。

でも、「知らない人(ペットシッター)に鍵を渡して、留守中に自宅に入られるのに抵抗がある」という心配な人も多いでしょう。そんな方の為に、実際にペットシッターに依頼してみましたので、その体験をもとに注意点や選び方などを解説しますね。

もし、結論から先に知りたい方は下の「もくじ」の「まとめ」をクリックしてくださいね。

実際に、ペットシッターさんにお世話を依頼したワンちゃんの紹介

ラッキーちゃん
名前:ラッキーちゃん
犬種:柴犬(黒柴)
性別:メス
年齢:4歳

こちらは、わんたす編集部の看板娘「ラッキー」ちゃんです。過去にペットホテルやペットシッターの利用歴アリ。ペットホテルの場合は2泊3日の利用が多く、ペットシッターの場合は1日1回の散歩とエサやりの利用が多いそうです。

性格はみての通り人懐っこいので(笑)知らない人や知らない犬とも仲良くできます。知らない人にでも、お腹をみせて「遊んでくれ」と催促するような性格です(笑)

ペットシッターのメリット/デメリット(ペットホテルとの違い)

疑問
「ペットホテルとペットシッターはどちらが良いのかなぁ」と迷ったら、まずはワンちゃんの性格・気質を考慮してあげてください。ペットシッターとペットホテルはこのようなワンちゃんに向いています。

こんなワンちゃんに向いています!

ペットシッター
・他の犬と仲良くできない
・環境の変化に弱い、すぐに体調を崩す
・怪我や病気またはヒート中

ペットホテル
・他の犬と仲良くできる
・環境が変化してもそれほど気にしない

判断基準として「他の犬と仲良くできるのか?」「環境の変化に神経質か?」の2点を考えてあげてください。

ちなみに、ラッキーちゃんは他の犬とも仲良くできますし、環境が変わってもそれほど気にしません(笑)ですから、ペットホテルでもペットシッターでもどちらでも大丈夫です。

それでは次に、それぞれのメリット/デメリットをご紹介します。

散歩する犬
ペットシッターのメリット
・いつもと変わらない環境(自宅)でお世話してくれるのでストレスが少ない
・ペットホテルとは違い、他の犬から病気などに感染する心配がない
・自宅に来てくれるので送迎が不要
・細かい要望にも対応してくれる(エサやりの時間やブラッシングの方法など)
・1回分の料金はホテル1泊分よりも安い

ペットシッターのデメリット
・他人に鍵を預けるのが不安
・他の犬と遊ぶことはできない
・シッターさんがいない時に体調を崩してもすぐに対応はできない

ペットシッターの場合は、やはり鍵を他人に預ける必要があるので、そこが心配な人が多いのではないでしょうか?
家の鍵
また、遊びたい盛りの子犬の場合は、ペットホテルの方が他の犬とも遊べて楽しいでしょう(他の犬と遊べるかどうかはホテルにもよりますが)

万が一、体調を崩した場合、シッターさんがいるときは何らかの対応がすぐにできますが、いない時は何もできません。

しかしその一方で、いつもと生活環境は変わらず自宅で過ごせますので、わんちゃんのストレスが少ないのがメリットですね。

ペットホテルへ行く犬
ペットホテルのメリット
他人を自宅にいれる必要はない
・他の犬と遊べるドックランやプレイスペースがある(店による)
・WEBカメラによるライブ配信で愛犬の様子がわかる(店による)
・万が一、体調を崩してもすぐに対応できる(夜間も無人にならない店の場合)

ペットホテルのデメリット
・生活環境が変化するのでストレスを感じやすい
・長時間ケージやクレートに閉じ込めっぱなしの店が多い
・送迎が必要(送迎サービスもある)
・多数の犬を預かっているので、個別の要望には対応しにくい
・他の犬から何らかの病気がうつる可能性がある
・1泊分の料金はペットシッター1回分の料金よりも高い

ペットホテルの場合は、知らない人に合鍵を渡す必要がありませんし、体調を崩しても基本的にはスタッフがいますので、何らかの対応ができます。

また、送迎サービスや室外のドックラン、WEBカメラによるライブ配信‥などのサービスもあります。さらに動物病院が経営しているペットホテルもあります。

しかし、長時間ケージやクレートに閉じ込めっぱなしの店が多いですし、1泊分の料金はペットシッター1回分と比べて高くなります。
クレートに入る大型犬
さらに、生活環境が大きく変わるのでストレスを感じて体調を崩すわんちゃんも多いようです。
熱がある犬

盗難・虐待・散歩中のトラブルなどは大丈夫?選ぶ際の注意点

警告
ペットシッターを選ぶ際に最も重視するべきは、やはり「安全性」や「信頼性」ではないでしょうか?自分の留守中に知らない人(ペットシッターさん)が自宅に入るわけですから、心配ですよね。

近所の個人経営のペットシッターさんがオススメ
散歩中のフンの始末
自宅の近所に事務所がある、個人経営のペットシッターさんをオススメします。理由は、地元での評判を重視するからです。

ペットシッターさんを何人も抱えて、関東全域とか関西全域をカバーするような大手のペットシッターサービスはあまりオススメしません。

理由は、先ほどの逆で、そこに在籍するペットシッターさんは地元の人でもなく、単なるアルバイトの場合が多いからです。

地元で個人経営のペットシッターと単なるアルバイトのペットシッターのどちらが信用できるか?と言えば、やはり個人経営の方が信頼感はあります。
閃き
個人経営の場合は、地元で何か変な噂がたてば、すぐに依頼が来なくなりますから死活問題ですからね(汗)

あなたが女性なら、在籍しているのが女性ペットシッターばかりの個人経営の店であればさらに安心ではないでしょうか?
複数の女性
ちなみに、いつもラッキーちゃんが依頼しているのも、自宅の近所で開業している地元のペットシッターさんです。

まずは、資格(動物取扱業者登録番号)を確認!
注意!
ペットシッターとして開業する場合は、動物取扱業者として、都道府県知事または政令市の長の登録を受ける必要があります。まずはサイトに「動物取扱業者登録番号」が提示されているかどうか、確認してください。

ちなみに、ペットシッターとしてどこかの店で従業員として働く場合は「動物取扱責任者」の要件を満たす必要はありません。つまり、無資格でもペットシッターとして働く事は可能です。

しかし、開業する場合は動物取扱責任者の要件を満たす必要があります。ですから、「動物取扱業者登録番号」を必ず確認してください。

合鍵対策(ディンプルキー)について
ディンプルキー
ペットシッターさんに依頼する際に、もっとも心配なのは鍵を預ける必要があることでしょう。特にあなたが女性でしかもひとり暮らしの場合は「合鍵を作られたらどうしよう」と心配だと思います。

そんな場合は、少し費用がかかりますが、自宅の鍵をセキュリティカード付き(本人確認必要)のディンプルキーに変えるのもひとつの選択です。このディンプルキーとは、表面にデコボコと穴の開いた鍵で、合鍵を作るのが非常に難しく、しかもピッキングも難しいのが特徴です。
ピッキング
合鍵を作るには専用の精密な機械が必要で、近所の鍵屋さんで合鍵を作るのは困難です。ディンプルキーの合鍵を作る場合はメーカーに発注する必要があります。

しかも、セキュリティカード付きのディンプルキーならば、合鍵を作る場合は本人確認が必要なので、他人が勝手に合鍵を作るのはほぼ無理でしょう。もし、どうしても心配な場合は「セキュリティカード(本人確認が必要)付きのディンプルキー」に交換しても良いのでは?空き巣泥棒(ピッキング)対策にもなりますしね。
ディンプルキー
盗難・虐待
飼い主の目が届かないので、留守中に高価なアクセサリーや時計などを盗まれる事があるかもしれません。また、犬が鳴きやまない時は叩いたりして、虐待しているかもしれません。
腕時計
それが心配な場合は、ネットワークカメラ(防犯カメラ)を室内に置いて、自宅内の様子を監視(録画)しておくと良いでしょう。ネットに接続しておけば、外出先からスマホでも様子をチェックできます。

さらに、室内で何か物体が動いた時だけ録画する機能(動体検知)や暗視撮影機能も付いた製品もあります。愛犬やシッターさんが室内で動けば、全て録画されますから、後から動画をチェックできますね。
監視カメラ
最近は、安くて高機能の製品が販売されています。Amazonなどで「監視カメラ」「防犯カメラ」「ネットワークカメラ」などで検索してみてください。

さらに、家庭用の防犯金庫や銀行の貸金庫の利用なども検討されてはいかがでしょうか?小型の防犯・耐熱金庫でしたらそれほど高くありませんし、場所もとりません。それでも心配なら、銀行の貸金庫を利用するのも良いでしょう。
金庫
事故・怪我の場合はどうなるの?

「愛玩動物救命士」などの資格をもったペットシッターさんを選んでおけば、熱中症になったり、車にひかれたり‥という緊急の場合も、あわてずに応急処置をしてから、すぐに病院に搬送してくれるでしょう。
熱中症
また、ペットシッターさんが愛犬を散歩中に、他人の犬を噛んで怪我をさせてしまった時はどうなるのでしょうか?
犬に噛まれる
必ずペットシッター専用の賠償責任保険に加入しているシッターさんを選んで下さい。この保険に加入していると、お世話中の様々な事故・怪我に対応可能です。

例えば、散歩中に他の犬と喧嘩になって愛犬が怪我をした、自宅の鍵を紛失して鍵の専門業者にきてもらった、室内で家具などを壊してしまった‥など、お世話中の様々なトラブルに対応できます。必ず損害賠償保険に加入しているかどうか、確かめてください。

ただし、犬猫などのペットは法律上は「物」として扱われます。これは忘れてはいけません!

万が一、あなたの愛犬がお世話中にペットシッターのミスで死んだとしても、損害賠償額はペットショップで購入した価格以上にはならない事が多いようです。

理由は前述のように犬猫は法律上は「物」として扱われるからです。また、精神的な苦痛に対して慰謝料を求めても、認められない(または非常に低額)が多いようです。
裁判
ただし、ブリーダーやペットショップ所有の犬猫や、血統書付のチャンピオン犬などの場合は、購入価格を上回る財産的損害が認められた例があります。(参考:日本獣医師会雑誌 http://nichiju.lin.gr.jp/mag/06109/a7_3.htm)

初回利用前の面談・契約

ペットシッターさんと初対面
まずは初回の利用前に、ペットシッターさんとの面談があります。そこで、あなたの希望・要望やペットシッターさんとわんちゃんとの相性をみます。

ペットシッターさんの場合は、色々な細かい要望を聞いてもらえます。ブラッシングの方法やエサやりの時間や散歩コースなど、出来る限りの要望はきいてくれます。

ペットホテルと違って、多数の犬に対応するわけじゃないので、かなり柔軟に対応してくれますよ。初回面談時にやって欲しい事を細かく伝えましょう。そしてサービス内容や料金などについて納得ができれば契約です。
契約書
なお、ラッキーちゃんの場合は、過去に同じシッターさんに何度も依頼していますので、すでに初回面談と契約は済ませています。

(2週間前)シッターさんへ依頼(大型連休は混雑するので早めに予約!)

ラッキーちゃんの場合は、いつも2週間ほど前にメールで予約しているそうです。しかし、ここは注意が必要です。

ラッキーちゃんがいつも依頼しているペットシッターさんの話では、年末年始・GW・夏休みなどの大型連休は依頼が急増して、予約をお断りする事もあるようです(汗)
連休
混雑の度合いとしては、「大型連休(年末年始・GW・夏休み)>土日>平日」となり、平日なら恐らく数日前でも予約がとれると思います。

しかし、大型連休中なら1ヶ月前、土日なら2週間ほど前には予約しておいた方が良いでしょう。

具体的には、このようなメールを送ります。

※セキュリティの都合上、文面にはモザイクをかけて一部文章を修正しています。
Gmail依頼メール

今回は、16日夜の散歩&エサやりを希望です。

●注意点などを列挙しておきます。

・当日、私は朝●時頃に出て、夜●時頃に戻ります。

・夜(18時~21時くらい?)の散歩とエサやりをお願いします(早朝に私が軽く散歩してエサをあげてます)

・ドアの鍵は上下に合計2個あります(1個は新設しました)

・ケージはありますが、ケージにはいれてません(物を噛んだり、破壊したり‥という事はなくなったので)ですので、散歩から帰ってきても、ケージにいれないでください。

・帰る際に、電灯やパソコンはそのまま電源をつけておいてください

・散歩用の小さい黒いバッグを机の上においておくので、それを持って行ってください。

・夜の散歩が終わったらご飯をあげてください。これも散歩用の小さいバックにいれておきます。

・ゴミ袋は洗面所にありますので、ウンチをトイレに流してから、ビニールのウンチ袋はそこに捨ててください。

かなり細かく連絡事項を伝えていますよね?最初に、このような「やって欲しい事や注意事項リスト」を考えて、雛形として保存しておけば良いだけです。

次回からは何も考える必要はありません。コピペしてメールするだけです。そうすると、伝え忘れがなくなるのでお互いにハッピーですね。

(前日)用意しておくもの

必要なものを前日の夜に予め準備しておきます。当日になって慌てて準備して漏れがないようにするためです。

ラッキーちゃんの場合は、いつも「散歩とエサやり」を依頼することが多いので、このような散歩セットと料金が入った袋を机の上に置いておきます。

前日の準備
・1食分のドライフードが入ったビニール袋
・散歩用のウンチ袋(エチケット袋入り)
・リードおよび胴輪
・料金の入った茶封筒

料金や鍵の受け渡し方法については、それぞれやり方があると思いますので、詳細はペットシッターさんに問合せしてくださいね。

(当日)シッターさんが到着!合鍵で入室

犬の散歩
いよいよ当日になりました。飼い主さんは早朝にラッキーちゃんを散歩させたあと、ラッキーちゃんを置いて外出しています。夕方にシッターさんが来るまでラッキーちゃんは一人で留守番になります。

子犬の頃は、留守番中も色々とイタズラをして家具を破壊したり、ごみ箱を漁ったりしたそうですが、今はそのようなことはしないでおとなしく留守番しているそうです。

そして、予定の時間(17時頃)になってシッターさんが到着!1時間ほどで散歩とエサやりが終わり、帰る前にLINEで報告があります。

報告1
報告2
報告3
※本当はもっとたくさんの写真を送ってくれてますが、割愛します。

シッターさんによっては、LINEではなくて報告書としてPDFをメールに添付する場合もあるようです。これはその店の方針なので、どれが良いとは思いません。

ということで、今回のシッティングはこれで終了です!

価格や費用の相場はあるの?(今回の利用料金について)

精算
それでは今回の料金ですが、このようになりました。

シッティング内容
・夕方17時頃から約1時間
・近所の散歩とエサやり
・室内でのボール遊びなど
料金
3,000円(税別)

これは、かなり標準的な相場通りの料金です。関東や関西の大都市圏の場合は、「1時間」のお世話で「犬1匹で3,000円」「猫2匹で3,000円」くらいが相場でしょう。

時間を延長したり、何か特別な対応を要望しないなら、このくらいの料金ですむハズです。

また、今回は1回だけの依頼でしたが、1日2回でも予定が空いていれば問題なく対応してくれます。また、2泊3日の旅行に出かけるので1日2回、朝晩のエサやりと散歩を依頼するのも可能です。

介護が必要な老犬をお世話して欲しい

老犬介護
「高齢で介護が必要な愛犬をお世話して欲しい!」という場合もあるでしょう。もちろん可能です。

耳が遠くてほとんど聞こえてない、視力が低下してあまり見えていない、寝たきりなので食事や排泄をサポートして欲しい‥など、このような老犬介護のシッティングができる店も増えてきました。

ただし、ある程度の知識と経験が必要なので、できれば「動物看護士」の資格を持っているシッターさんを選ぶことをオススメします。料金はお世話の内容にもよるので、見積もりを依頼してみましょう。

(まとめ)ペットシッターは利用するべき?

いいね
それでは、ここまでの内容をまとめますね。

ペットシッターはこんなわんちゃんに向いてます
・他の犬と仲良くできない
・環境の変化に弱い、すぐに体調を崩す
・怪我や病気またはヒート中

メリット
・環境の変化が無いのでストレスが少ない
・1回分の料金はホテル1泊分より安い

デメリット
・鍵を預けるので防犯が心配

選び方など注意点
・評判を大切にする地元の個人経営店がオススメ
・動物取扱業者登録番号を確認する
・賠償責任保険に加入している事も確認する
・ペットは法律上は「物」として扱われるので、損害賠償額は低額になる
・本人確認が必要なディンプルキーなら合鍵を簡単に作れない
・ネットワークカメラや小型金庫で盗難・虐待を抑制できる
・大型連休中(年末年始・GW・夏休み)の利用は早めに連絡する!
・料金の相場は1時間3,000円くらい

色々な事情があって、どうしても愛犬の世話ができない!という事は一度はあるでしょう。そんな時は、シッターさんに散歩やエサやりを代行してもらうことで、あなたもワンちゃんもずいぶん楽になりますよ。

「ペットホテル」と「ペットシッター」のどちらが良いのか?については、「わんちゃんの性格・気質」と「料金」の2つの要素を考慮して決定されてはいかがでしょうか?

愛犬の心身の健康を守れるのは飼い主のあなただけです!エサやりも散歩もなく、長時間ずっとひとりっきりで留守番させるような事は避けたいですね。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ