わんたす|犬の健康とドックフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

わが家に来た当初はドライタイプのドッグフードを食べなかったパグ

パグ
私は郊外の一軒家で旦那と娘と3人で暮らしています。30代で共働きをしていますが、結婚したことをきっかけに、中古住宅に引っ越して、そして念願だった犬を飼い始めました。

飼っている犬はパグで室内飼いです。パグと言っても、ちょっと小さめのサイズです。年齢はもう10才ですから、おばあちゃんですね。性別はメスですから。なお、避妊手術はしていません。しかしこれまでとくに支障はないですね。

これまで大病もせずに元気に過ごしているのですが、しかし、ドックフードを食べなくなったことはありましたよ。まず最初は、ペットショップからうちに来た時に、ドックフードを食べませんでしたねぇー。ペットショップではウェットタイプなどの高級な部類のドックフードを食べていたせいでしょうか。

カリカリの乾燥タイプのドックフードはあからさまに嫌がってました

私たちが用意していた、カリカリなドライタイプなドックフードはあからさまに嫌がって食べませんでしたね。ちなみに、ペットショップから家に来た時点で、すでに子犬ではなかったものですから。ですから十分にドライタイプのカリカリドックフードは食べられましたよ。

ペットショップにいた時点で、すでに1才を過ぎていたもので、下世話な話になるのですが、だからこそ値段が安かったのです。

やっぱり犬は子犬が人気だということで、成犬になりますと値段がぐっと下がるのですよね。そのことを含めて、知り合いから紹介されまして、わが家にパグが来ることになったのです。幸い大人しめの性格で、トイレもちゃんと躾られていて、家で飼うにしても、とくに問題がない感じでした。

わがままな犬に腹がたってしまったのです。

しかし、私たちが用意したドライタイプのドッグフードを食べなかったのです。目の前にカリカリタイプのドックフードを出されても食べません。手で口の中に入れても「ペッ」と吐き出してしまうのですよね。ですからこちらも腹が立って、ごはんはそれ以上は出しませんでした。しかし頑なに食べないのです。

猫ほどではないとは聞きますけれど、信頼関係ができないことにはなつかないと聞きます。これがいいとは思いませんが、しかし当時の私は子育て前だということもあって、わがままな犬に腹が立ってしまったのです。それで、こちらも頑なにドライタイプのドッグフードしか出しませんでした。

やっと3日目で食べるようになりました

しかし、ごはんはドライタイプのドッグフードしかないのに、それでも食べないのですよね。そればかりか、ラグの毛をむしって食べたりしていました。そこでケージの中に入れました。トイレと餌と水と一緒に。するとようやく、ドライタイプのドッグフードを食べましたね。しかし、ここまで3日目です。

今では、ドライタイプのドッグフードをちゃんと食べるようになりました。どこかの時点で割り切ったのでしょうか。ですから今では、ドライタイプのドッグフードをメインに、時々、鳥のささみを煮たものも食べさせてあげています。ご褒美的に。

そりゃあうちがセレブな家でしたら、ウェットタイプのドッグフードをメインに出してあげていたでしょう。しかしそうではないですので、環境に慣れてもらうしかないわけです。ちょっと荒治療的な対策だったかもしれませんが、まあ結果オーライということでしょうか。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ