わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

我が家のミニチュアピンシャーはフードの味と料金を重視

ミニチュアピンシャー
私は、ヨガインストラクターとして働く30代の女性です。現在、夫と2人暮らしで、家を1日長く開けるときには、近所に住んでいる義実家で預かってもらっています。

飼っているワンコは、ミニチュアピンシャーでオスの7歳です。ドッグフードは、小さい頃にペットショップで与えられていた同じブランドの物をあげていました。

うちに来た当時は指定されたキッズ用ものを食べていましたが、美味しそうに食べているので、そのまま大人用に変えたものをあげていました。そのドッグフードはイオンペットで買うことができる国産のものです。

無添加・良質の食材・皮膚ケアを基準に選びました

ドッグフードを買いかえようと思ったキッカケは、そのドッグフードに飽きて来たのが見え見えで、だんだん食べる量が減って来たからです。

ふりかけをかけても食べなくなり、ひどいときには元気なのに1日半くらい食べないこともありました。そこで、2歳頃から徐々に買い替えることを決めたのです。

買う基準は、「なるべく無添加のもの」「体に良さそうな素材を使っているもの」「乾燥してフケが出やすかったので皮膚に優しいもの」を選ぶようにしていました。

全てを満たすものがないこともありましたが、この3つを基準に選んでいました。

ラム味と小粒のフードは嫌いだと分かりました。ワンコとの相性も大切

買い替えて失敗したのは、味が合わずにちっとも食べてくれないことがあったことです。チキン味や魚系は好きですがラム味は大嫌いのようで、食べなくなりました。

また、小粒のドッグフードだと吐いてしまうことが増えました。ほとんど噛まずに勢いよく食べるため消化が早いのか、すぐお腹が空いてしまい、戻してしまうようです。

商品自体に非はないのですが、うちのワンコと相性が合わずに、そういった場合には大きめの粒のドッグフードをさらに購入して混ぜて食べさせていました。

最終的には国産のチキン味のドッグフードに落ち着きました

最終的には、ネットで評判の良かった、国産のチキン味のドッグフードに落ち着きました。原材料や成分も体に優しいものが使われています。もともとチキン味が好きだったことと、粒の大きさが1番あっているようです。

安心、安全な素材が使われていることは人間側は満足しますが、ワンコは美味しければ良いみたいなので、ある程度、妥協する形で落ち着きました。

時々皮膚の潤いを保つためのすりごまをかけたり、魚介が大好きなので鰹節をかけて、味の変化をつけています。

健康のために手作りフードも試そうとしましたが、トマトやとうもろこし、わかめ、みかんなどは消化されずにそのまま出て来てしまい、体に負担がかかっているようでした。

食べるワンコ側は味重視。継続購入できる料金も重要

我が家のワンコの場合、体にあう野菜が芋類だったのですが月に数回あげる程度で、あとはほとんどドッグフードで健康に過ごしています。

買い替え体験から思ったものは、人間側は成分などがわかるのであげることで満足してしまいますが、食べるワンコ側はやはり味が重要なのです。

毎日のご飯が楽しみになるようなものを選んであげるのが1番だと思いました。また、素材にこだわっているドッグフードはとにかく高いので、安いドッグフードに比べると、1月で3倍ほどの値段がかかることがわかりました。

健康で長生きして欲しいけれど、ずっとあげ続けることができる料金なのかということも、よく考えて選ぶと良いと思います。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ