わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

プードルの甘噛みに悩まされました。しつけではなく、より良い関係を築いていくこと

プードル

私は50代女性会社員で、平日昼間は仕事なので同居の母が面倒を見てくれています。もともと中型犬に興味があり、ミディアムプードルの女の子を家族に迎えました。最初は大型犬を飼っていて、次は小型犬、そして今の子が三代目です。

とにかく甘噛みがひどく、甘えて来るたび、手をかじられてました。本人は威嚇して噛んでるのではなく、嬉しくてカジカジって感じです。喜ぶと、ありとあらゆる周りの物を、手当たり次第噛んでました。

とても臆病な性格で、すぐソファーの下に隠れてしまうので、叱ることも出来ず、しばらくは放置して様子を見ていました。だんだん慣れてきたら、とうとう髪をかじるようになりました。

耳をかじられて悲鳴を上げ出血しました

そしてある日、髪の中の耳をかじられた時は、あまりの痛さに悲鳴を上げ、血も飛び散り、しばらく動けず、その場にうずくまってしまいました。やはりサイズが大きくなると、力も強いです。

さすがに彼女もこの状況はヤバイと察知したようで、シュンとなりました。それからは、少しずつ、加減してくれるようになり、出血することはなくなりました。

ただ衣服や毛布など、人の体ではない物は、容赦なく噛んでいるので、ボロボロ状態ですが。買ったばかりのTシャツの襟をギザギザにされた時は涙が出そうでした。

叱らずに、すぐにその場で話しかけること

ずっと続けてきたしつけは、叱らず、とにかくやめて欲しいことを、その都度、彼女に話してました。犬のしつけといえば、短い言葉で、指示するのが主流ですが、個人的に、あまり好きではないので、緊急時以外は家族としてずっと話します。

こちらが思っている以上に、伝わっていると確信しています。犬の本能としての行動はありますが、人間とのコミニュケーションは可能だと思います。言葉が返ってくるわけではありませんが、態度で示してくれます。

家族の日々の行動を、じっと見ていて、理解しようとしている気がします。2歳になった今ではホントに軽く歯を当てる程度です。

しつけとしては、完全に歯を人間の体に当てないようにするのが、ベストでしょうが。それでも彼女の甘噛みは日々改善していると、よく出来ました!をつけたいです。親バカでしょうか。

甘噛みはほぼ無くなりました。しつけではなく、より良い関係を築いていく

一緒に生活するには、ルールが必要です。そのためのしつけと位置づけています。絶対にやめて欲しい事は厳しく、あとは楽しく、をモットーに考えています。

甘噛みの修正は95パーセントくらいでしょうか。小型犬より中型犬、中型犬より大型犬、サイズが大きくなれば、より力も強くなるので、危険な行為につながるクセは直さなければならないです。

でも、大きい子ほど、優しい性格だと思います。あくまで個人的な見解ですが。現在2歳になりましたが、大人になってもしつけは可能だと信じています。

何歳になっても彼女にずっと話しかけて関係を深めていきたいと思います。しつけというより、より良い関係を築いていくという言葉の方が好きです。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ