わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

キャバリアが耳を異常に痒がっていたのでアレルギーが発覚しました

キャバリアキングチャールズスパニエル
31歳女性、専業主婦です。夫と5歳の息子、1歳3ヶ月の娘と住んでいます。飼っている犬は、キャバリアキングチャールズスパニエルで、3歳のオスです。

犬が食べ物アレルギーなのではないかと疑い始めたのが1歳半くらいの時でした。1歳まではドライタイプのドックフードしか与えていませんでしたが、1歳を過ぎたあたりから食事の合間にオヤツをあげるようになり、この頃から耳を痒がるようになったんです。

キャバリアは垂れ耳なので蒸れなどから外耳炎になりやすいと聞いていたので、外耳炎かもしれないけれど、とりあえず診てもらおうと動物病院に行きました。

アレルギーの血液検査で乳製品のアレルギーが発覚

そこで血液を採取してアレルギーを調べてもらいました。その時に、アレルギーから皮膚がただれて耳の皮膚が炎症をおこしていると診断されました。

この検査によって、1歳8ヶ月の時にアレルギーがあることがわかったんです。耳への異常なまでの掻きむしりかたと、オヤツを食べてから数分後にぐるぐる回って激しい痒みの症状がきっかけでアレルギーを見つけることができました。

乳製品にアレルギーがあったらしく、犬用のおやつのチーズ、一口ヨーグルト、ササミ巻きチーズからアレルギーの症状が出ていたようです。

対策として、乳製品を排除して、おやつもなるべく自然の素材を生かしたものを与えようとしました。しかし、大好きだったチーズ系のおやつしか食べようとせず、吠えて好きなおやつが出るまで催促するようになってしまいました。

乳成分の入っていないチーズ風味のおやつを与えています

また、ふと大丈夫だと思って与えたものに、乳成分が入っていたりして、完全な排除は無理でした。

穀物などのアレルギーはなく、症状がそこまで重くないので、掛かり付けの動物病院でアレルギーの犬専用のおやつを購入しています。乳成分は入っていませんが、チーズ風味のものがあって凄く気に入ってくれたので、このおやつでなんとかしのいでいます。

お気に入りのおやつのおかげと、皮膚の痒みがなくなりイライラしなくなったのか、吠えることがなくなりました。

市販の抗生剤などを購入しないで動物病院に行く

アレルギーの診断が出るまでは、キャバリアだから外耳炎かもしれないという気持ちもありました。しかし、勝手に市販の抗生剤などを購入して耳につけなくて良かったと思いました。やはり動物病院に連れていきしっかりと検査をしてもらうことが大切だと気づきました。

私の場合、軽度のアレルギーだったので皮膚炎ですみました。しかし重度の場合は呼吸困難などの症状が出る場合があって、危ないと先生からお話を聞きました。

少しでもいつもと違うなと思ったら、迷わず動物病院にかかることをすすめます。何もなければそれに越したことはないし、採血をして詳しく調べてもりうことで、犬はもちろん自分も安心できると思います。

アレルギーを必要以上に怖がることはないと思いますが、犬の健康状態や何のアレルギーがあるのかをしっかりと把握することは大事だと感じました。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ