わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

成犬と子犬の留守番は何時間まで大丈夫?たった1つの最も効果的な留守番のストレス解消法とは?

ミニチュアダックスフント
愛犬が一匹で留守番をする‥。ちゃんとできるのか心配になりますよね。犬の祖先である狼や野生の犬は群れで生活する動物です。

飼い主さんである人間も犬にとっては群れの一員ですから、一匹で長時間過ごすことは、犬にとって自然なことではありません。彼らの習性に合いません。

特に、密接に強い絆で結ばれた飼い主さんが出かけて姿が見えなくなると不安になり、「分離不安症」となって吠え続けたり、体調不良になったりすることもあります。人間からすると「無駄吠え」と言われますが、犬にとっては無駄ではなく理由があることを理解してあげましょう。

ケージに入ってひとりで長時間留守番している犬の気持ちは、人間に例えるとこんな感じではないでしょうか?

こんな感じの狭い檻の中に布団とトイレだけがあり、何時間もずっとひとりであなたの帰りを待っている‥という状況です。

このような状態が続くと無駄吠えや食糞など問題行動、さらに子犬なら最悪の場合、体調を崩してあなたが帰ってきたら死んでいた‥という事もありえます!
脱水症状の犬
それでは、どうしたら、愛犬が少しでもストレスが少なく留守番できるようになるのでしょうか?実は、留守番のストレスが解消できる最も効果的な「ある方法」があります。その方法を一緒にみていきましょう。

結論を先に知りたい方は、下の「もくじ」の「まとめ」をクリックしてくださいね。

犬の留守番は4時間が限界

【注意】こんな症状があれば、留守番のストレスかも?
□無駄吠え
□足や尻尾など、体の一部を執拗に舐める・噛む
□うんちを食べる(食糞)
□家具・クッション・ティッシュなどの破壊行動を繰り返す
□下痢・便秘・嘔吐・食欲不振など、病院に行っても原因がハッキリしない体調不良が続く

吠える犬
犬にとって留守番は何時間くらいが適切でしょうか?会社勤めの方だと、9時から18時まで仕事をするとして通勤時間も入れると10時間以上になることもありますよね。

日米の25~45歳の女性ドッグオーナー1,759名(うち日本は759名)を対象としたアンケート調査では、日米ともに飼い主の約半数は、週4日以上お留守番させていました。

さらに、4時間以上のお留守番が日米問わず約7割に登り、特に日本では、8時間以上の長時間のお留守番が米国と比較しても多いことがわかりました。

(愛犬のお留守番に関する実態調査より)

日米ともに飼い主の約半数は、愛犬に週4日以上お留守番させている
アメリカ
日本

日米ともに約7割が4時間以上、日本では8時間以上の留守番が多い
アメリカ
日本(出典:愛犬のお留守番に関する実態調査 https://shopjp.furbo.com/blogs/news/dogsurvey1)

さらに、わんたす編集部が独自で実施したアンケートでも、同じような結果がでました。100人の犬の飼い主さんにアンケートをとったところ、1日4時間以上が71%になりました。

また、7-9時間が最も多く、10時間以上と合計すると44%と約半数になりました。

(わんたす編集部・独自調べ)100人の犬の飼い主さんに聞きました。愛犬は1日平均何時間くらいお留守番してますか?
アンケート調査結果
※わんたす編集部が株式会社マクロミルのアンケート調査サービスを利用して、2018年7月にインターネットで100人の犬の飼い主さんから回答を得ました。

それでは、犬が一匹で留守番するのは何時間が限界なのでしょうか?

イギリスで犬の飼い主31,500人を調査した結果、イギリス国内の230万頭の犬が、5時間以上、日常的に留守番しているという調査結果が出ました。

そして、イギリスの獣医師会では、犬の留守番は4時間が限界だとアドバイスしているとの事です。

(イギリス・ガーディアン誌より)
イギリス(出典:One in four pet dogs ‘suffering from loneliness

動物愛護先進国と言われているイギリスでは獣医師が「4時間が限界」とアドバイスしています。しかし、それでも現実的には4時間以上になっている事がわかりますね。

最も効果的な、たった1つの留守番のストレス解消法

万国旗
日本・米国・イギリスと、どの国でも長時間の留守番をしている犬が多く、それに伴ってストレスを抱えている事がわかりました。それでは、この留守番のストレスを解消する方法として、何があるのでしょうか?

わんたす編集部が100人の犬の飼い主さんに実施したアンケートによると、留守番のストレス解消法としては、「帰ってからご褒美をあげたり散歩させる」「おもちゃを置いておく」の回答が多かったですね。
おもちゃで遊ぶ犬

(わんたす編集部・独自調べ)100人の犬の飼い主さんに聞きました。愛犬の留守番のストレス解消法は?

好きなおもちゃをわかる場所に置いていくこと、帰ったらたくさん構ってあげることです(福岡県・30代・女性)
・人がいないならいないで寝てるみたいなので 留守番中の解消法は分からないですが、帰ったらいっぱい相手してあげる(高知県・40代・女性)
・帰宅したら思いっきり遊んであげます(岐阜県・50代・女性)
・なるべくたくさん遊ぶようにしていますが,すぐに忘れてしまうのか、それとも,それはそれ,留守番は留守番と割り切っているかのようで効果はありません(東京都・50代・男性)
おもちゃを置いていきます(秋田県・50代・男性)
・帰ったらずっと一緒にいるようにして遊んであげる事がストレス解消になるかなとは思っています(愛知県・30代・女性)
何も言わずにそっと外出するようにして、家族そろって出かけるときは、一番なついている人から先に外に出るようにしてます(愛知県・40代・女性)
・おもちゃを与えて、暇しないようにしています(埼玉県・20代・女性)
・毛布など落ち着くアイテムを多めに置いている、快適な室温を保っている(福岡県・30代・女性)
事前に運動させて満足ののちハウス(東京都・50代・男性)
・短時間のときは何もせず、まれに長時間になるときはおもちゃを多めに置いておきます(東京都・40代・女性)
朝晩の散歩でストレス解消(宮城県・30代・女性)
・帰ってからたくさんご褒美をあげます(兵庫県・60代・女性)
・留守番がストレスにならないよう、子犬の頃からケージの中で一匹だけで安心して過ごせるよう慣らしてきました。ストレス軽減はやはり慣れかと思います(北海道・30代・女性)
※わんたす編集部が株式会社マクロミルのアンケート調査サービスを利用して、2018年7月にインターネットで100人の犬の飼い主さんから回答を得ました。

実は、留守番のストレス解消法として、最も効果的な方法が研究によって明らかになりました。
試験管

イタリア・パルマ大学の神経科学の研究者らが、保護施設で暮らす97匹の犬のストレス状態について調査しました。対象は2~3年間この施設で暮らしている2~7歳の健康な犬です。

そして、ストレス状態を客観的に計測するために採血しました。ストレスによって変化すると言われている血中のコルチゾールや白血球の値を調べたのです。

すると、この採血によるストレス値を下げた方法がたったひとつだけありました。それが「散歩」です。

この保護施設のボランティアによって毎日、定期的に散歩に行っている犬はストレスが低く、友好的でストレスによって引き起こされる行動も少ない事がわかりました。

イタリア(出典:A Simple Way of Reducing Long-Term Stress in Dogs?(出典:S. Cafazzo, L. Maragliano, R. Bonanni, F. Scholl, M. Guarducci, R. Scarcella, M. Di Paolo, D. Pontier, O. Lai, F. Carlevaro, E. Bucci, N. Cerini, L. Carlevaro, L. Alfieri, C. Fantini, E. Natoli, (2014). Behavioural and physiological indicators of shelter dogs’ welfare: Reflections on the no-kill policy on free-ranging dogs in Italy revisited on the basis of 15 years of implementation. (Physiology & Behavior,2014-06-22,Volume 133,Pages 223-229,2014 Elsevier Inc.))

散歩の重要性は多くのドックトレーナーや獣医師などが従来より指摘していましたが、それが証明された形になります。この調査結果にあるように、「散歩」がストレス解消の唯一の方法のようです。

十分に散歩をさせずに運動不足で、しかも基本的な躾ができていないのに、長時間の留守番‥。こういう飼い方をしていれば、ストレスで問題行動がでて当然だよ!

狭いケージはNG!ケージとクレートで安心できる寝床とトイレスペースを確保

ケージを2つ繋げる
ケージに入っている犬
直射日光やすき間風が当たらない、なるべく快適な場所に置いてあげましょう。長時間の留守番があるなら、なるべく広いケージが必要です。

ケージや柵をいくつか繋げて、その中で犬が自由に動けるようにした上で、ケージの中にクレートを入れてください。もしくは、室内フリー(放し飼い)が理想です。

ケージの繋げ方はこちらの動画が参考になります。大型犬なので、2つの大きなケージを繋げて、さらにそれらを柵で囲んで遊べるスペースも確保しています。大型犬でもこのくらいの広さなら、あまりストレスは感じないでしょう。

ただし、この動画ではクレートがありません。クレートの入口の扉を外していれておきます。クレートがあった方がわんちゃんは安心できます。

留守番(5時間の犬の行動)

設置のポイントは、「クレートを設置して犬を安心させる」「寝る場所(クレート)とトイレの場所はわける」になります。狼や犬は洞穴や大きな岩の隙間などの少し暗くて狭い場所を好んで巣穴にします。

クレートはそれらの少し暗い巣穴に環境がにているので、クレートがあった方が安心して過ごせます。

また、動画のように、トイレと寝る場所は分けた方が良いです。狼や犬は外敵や獲物に自分の巣穴の位置を悟られないように、巣穴(寝る場所)とは別の場所で排泄すると言われています。

それに、トイレトレーニングに失敗して、トイレシーツよりもはみ出してうんちやおしっこした時も、場所を分けた方が掃除もしやすいですし、衛生的です。さらにこの動画のように遊べるスペースも確保していれば問題ありません。
オシッコ
小さなケージ内に寝る場所(クレート)とトイレシーツを置いて、ずっとひとりで長時間留守番させる‥という状況は、ストレスで問題行動がでやすいので避けましょう。

(オススメ!)ケージとクレートの設置方法

まずは2つのケージを繋げて、その中に入口の扉を外したクレートをいれ、トイレと寝床(クレート)を分けます。

大型犬・中型犬なら、前述の動画のようにサークルや柵などでそれらを囲います。このくらいの遊ぶスペースがあれば、ストレスは少ないでしょう。
大型犬・中型犬

小型犬で運動量の少ない子なら、遊ぶスペースは無くても良いでしょう。
小型犬

給水器はペットボトルを差し込む、ケージに挟むタイプのものなら、留守中に水をこぼしてしまう心配はありません。

万が一に備えてクレートを購入する
キャリーに入る犬
犬を飼うと、クレートに入れて出かけることもあります。留守番の時に必要なのはもちろんですが、万が一の病気や災害などに備えて、クレートも購入しておきましょう。

クレートを選ぶポイントは、わんちゃんが中で膝を伸ばして立ったときに、頭をかがめたら立てる程度の高さ。クレートの中で180度の方向転換ができる横幅が目安です。

大きすぎると安心できないですし、小さすぎるとストレスを感じます。ちょうど良い大きさを選んで下さい。

予めクレートに入っておとなしくするトレーニングをしておけば、来客時や車での移動でもストレスを感じずに、クレート内でおとなしくできるわんちゃんになりますよ。

留守番には「正の強化」で!(犬のしつけは「褒める」のが基本)

トレーニング中の犬
飼い主さんの事情や環境で、留守番をさせなくてはいけないこともあります。準備やトレーニングをすることで、犬が楽しく留守番できるようしましょう。

コツは「正の強化」でトレーニングをすることです。「留守番=いやなもの」ではなく、「留守番するといいことがある」と思わせることがポイントです。

つまり、犬が人間にとって望ましい事をしたら、ご褒美のおやつ(=犬にとって良い事)を与えることで、望ましい行動を強化するわけです。これを「正の強化」と呼びます。

まずは、短時間(5分程度)だけ留守番をさせます。それがちゃんと出来たら、おやつをあげます。徐々に留守番の時間を長くして、最終的には何時間でも留守番できるようになるわけです。

犬のしつけの基本は「褒める」ことです。できなかったとしても、叩いたり、叱ったりしないでくださいね。ご褒美のおやつを与えないだけでOKです。

クレートトレーニング

クレートに入るトレーニングはこちらの動画が参考になります。この動画は子犬用ですが、クレートトレーニングのやり方がよくわかります。いきなりクレートに入れるのではなく、ほめながら少しずつ慣れさせていくことが大切です。

子犬のしつけクレートトレーニング



留守番中は室内フリー(放し飼い)が理想ですが、テーブルの上のものを食べてしまったり、コードを齧ってしまったりして事故につながることがあります。

前述のようにケージ2つを繋いで、サークルで遊ぶスペースを確保した上で、その中にクレートを入れて寝床を作っておきましょう。

わんたす編集部のライターさんの愛犬は、留守番中、寂しくなってリビングの掃き出し窓に前足をかけているうちにカギが開いてしまい、自分で窓を開けて庭に出てしまったそうです。
走る犬
この時はたまたま事なきを得ましたが、道路にでて交通事故にあう危険性もあります。犬は思わぬ行動をとると予想しておきましょう。

トイレトレーニング

そそうした犬
ひとりで留守番させる前に、トイレトレーニングは必須です。これを怠ると、家に帰ってきたらケージ内がウンチまみれ・小便まみれ‥という事になりますよ(汗)

こちらの動画は生後3ヶ月の子犬のトイレトレーニングの解説をしています。参考にしてください。

3ヶ月までのトイレトレーニング

留守番トレーニング

クレートトレーニング、トイレトレーニングが出来たら、次はいよいよ留守番トレーニングをします。これについては、こちらの3つの動画が分かりやすいですね。

犬のしつけ講座:お留守番のさせ方

お留守番のトレーニング

ワンコがお留守番上手になれる、 最新しつけ方法

※この動画では、クレートにいれて留守番の練習をしていますが、長時間の留守番をずっと続けるような場合はクレートだけに閉じ込めるのはやめてください。

前述のとおり、ケージと柵である程度、動けるスペースを確保してください。その上で、少しづつ、留守番ができる時間を長くしていく形になります。

留守番する時間を徐々に長くする
しっぽをふる犬
動画にあったように、これから出かける前は、特別な挨拶はしないで静かに家の外にでます。帰ってきてからも挨拶はせずに、何事もなかったように静かに家に入ります。

もしくは、コングにおやつをいれて、おやつが簡単にとれないようにして、犬が夢中になっている間に出かけます。

最初は、家を出て5~20分程度留守番させて黙って戻ってくる、というのを繰り返しだんだん時間を長くしていきます。

ここで犬の吠える声がした時に戻ると、「吠えると飼い主は戻ってくる」と思ってしまうので、吠えている間は戻らないようにします。

留守番前にたっぷり運動!
散歩する犬
出かける前にたくさん運動をさせておくと、留守番中は疲れてぐっすり寝ていてくれます。早めに起きて、たっぷり運動させておきましょう。もしくは、ボール遊びなどで運動の強度をあげても良いですね。

十分に散歩をさせずに運動不足で、しかも基本的な躾ができていないのに、長時間の留守番‥。こういう飼い方をしていれば、ストレスで問題行動がでて当然と言えます。仕事に行く前の散歩は大変かもしれませんが、犬のためにもがんばりましょう。

出かけるそぶりをみせず、帰宅後は知らんぷり
シェルティー
犬は飼い主さんの動向に敏感です。出かける前にばたばたと用意すると飼い主さんが出かけてしまうことを察知して犬も不安になり、落ち着かなくなります。

どうしてもばたばたしてしまう場合は、休日も同じように用意する様子を見せると、飼い主さんの行動を留守番に結び付けなくなります。

また家をでるときに「行ってくるね、いい子にして待っててね!」などやりがちです。飼い主さんの様子をみて、「ひとりぼっちになる」という不安を犬はもってしまいます。

ここは我慢して、なにも言わずさっと黙ってさりげなく出かけましょう。コングに夢中になっている間に出るのもおすすめです。

帰ったときもすぐに犬のところに行くのではなく、いったん間をおいて犬が落ち着いたら犬のところに行くようにしましょう。

その他の準備

暑さ対策・寒さ対策
暑さでバテてる犬
犬は暑さが苦手です。電気代がかかりますが、外出中もエアコンはつけたままにしましょう。停電などが起こっても大丈夫なように、体を冷やすマットなどを置いておくと安心です。エアコンの風が犬に直接あたると、冷えすぎてしまうので風向きも確認しておきます。

冬も暖かく過ごせるようにエアコンをつけ、あたたかいマットや毛布を用意してあげましょう。特に子犬は体温調整がうまくできない子も多いので、冷暖房は必須です。

危険なものを取り除く
警告
犬が誤飲・誤食しないように、細かいグッズなどは片づけておきます。

特に子犬の場合はなんでも口に入れてしまいます。電気コードやコンセントも、カバーをかけるなどしてかじられないようにしましょう。

留守中にかじって出火することもありえますから、十分に注意してください!
火事

ラジオ・音楽
ラジオ
留守番中、音楽やラジオを流したりしておけば、ある程度は気が紛れます。特にラジオのトーク番組は人の話し声なので、効果があると言われています。

ラジオ自体は犬から見えない場所に置いておき、「姿は見えないけど、人の声がする」ような状態にします。

こうすると、犬にとっては、誰か人間がそばにいるのと同じような状態になるので、効果的だと言われています。

おやつ・コング・おもちゃ・知育玩具など
おもちゃで遊ぶパク
おもちゃや知育玩具を与えたり、コングを与えたりして、退屈にならない・寂しがらない工夫も必要です。

おやつは燻製などの少し固めで、噛み応えがあって、すぐに食べきれないものを与えてください。

犬が夢中になるので留守番の寂しさを紛らわすことができます。1匹でいるのも結構いいことがあるな、留守番するとおいしいおやつが食べられる!と思わせることがコツです。

コングの詰め方はこちらの動画を参考にしてください。硬いフードと柔らかいフードを交互に詰めることで、すぐに取り出せない、わんちゃんが飽きない工夫が必要です。

犬のオモチャ コングの詰め方

ただし、このようなコング、知育玩具、おやつなどは一時しのぎにしかなりません。いずれ飽きます。

ですから、根本的な対応としては、「しつけや留守番トレーニングができた状態」で、なおかつ「留守番前にしっかり散歩しておく」ことが大切です。

十分に散歩をさせずに運動不足で、しかも基本的な躾ができていないのに、長時間の留守番‥。こういう飼い方をしていれば、ストレスで問題行動がでて当然と言えます。
無駄吠えする犬

フードと水の用意
空腹の犬
フードは決まった時間に食べられるように、自動給餌機(オートフィーダー)を置くと便利です。これは予定の時間になれば自動でエサがでてくる装置です。

残業などで帰宅時間がいつもより遅くなりそうな場合なども対応できます。また、スマホのアプリで遠隔操作して餌を与える事ができるものもあります。
スマホで操作する女性
さらに、自動給餌器とWEBカメラ機能がセットになっていて、スマホで愛犬の様子がリアルタイムで確認できるものなど、高機能な製品もあります。

Amazonなどで「犬 自動給餌器」で検索してみてください。

あまり空腹が続くのは犬もつらいので、夜遅くなる場合は特に気を付けてあげましょう。水入れは倒す心配のない、給水ボトルを用意しておくと安心です。

重度の分離不安症かも?獣医師に相談して!

動物病院
犬によっては不安感が強い子もいます。分離不安のため暴れる・破壊行動を起こす・吠え続けて近所から苦情がきているなどの問題行動を起こすほか、嘔吐や下痢・体の震えなど体調不良の症状が出ることもあります。

問題行動があまりに多い場合は、早い段階で動物病院に行って何か病気がないかを確認します。分離不安がなかなか改善されない場合は、精神安定剤などお薬を処方してもらうなどの治療をしてもらいましょう。

犬が留守番中に体調を崩したらどうする?怪我や事故の場合は?

心配なのは、犬が留守番中に体調を崩すことです。また、室内で怪我をすることがあるかもしれません。しかし外出中ではそれを確認することができません。

そこでおすすめなのは、留守中の犬の様子をスマホで確認できるカメラを室内に設置すること。商品によってはマイク機能がついていて、スマホから声をかけることができるものもあります。
スマホで操作する男性
最近は安くて高機能の製品が発売されています。リアルタイムで確認するだけでなく、録画機能はもちろん、室内で何か物体が動いた時だけ録画する動体検知機能や、暗視撮影機能などもあります。

Amazonなどで「ネットワークカメラ」「WEBカメラ」「防犯カメラ」などで検索してみてください。

様子がおかしいことがわかれば、事情が許せば帰宅することができます。また日ごろから、近くのペットシッターさんとつながりを持っておくことも大切です。近くに実家など頼れる人がいる場合は、時々見に行ってもらうようにすると安心ですね。
ペットシッター

子犬は生後何ヶ月からひとりで留守番できるの?注意点や準備すること

生後2ヶ月、3か月程度の子犬の留守番は可能でしょうか。人間で言うとこの年齢はまだ3歳から5歳程度であり、さらにこの時期は犬にとって社会化の時期なので、できるだけ長時間の留守番は避けるべきです。

また、生後6ヶ月未満の子犬の場合は消化器官が未発達なので、1日3~4回程度、小分けにして食事を与えることがあります。
ミルクを飲む犬
さらに、体力や免疫力の低い子犬は突然体調を崩すこともあります。最悪の場合、あなたが家に帰ってきたら死んでいた‥という事もありえます。
死んでいた
例えば、生後3ヶ月の子犬は、人間で言えば4~5歳くらいです。こんな小さな子供を放置して、ひとりで何時間も留守番させませんよね?

また、子犬の頃からひとりで何時間も留守番させていると、精神的に不安定な犬になりやすいです。例えば、日中、ずっと吠え続けて近所から苦情がきたり、食糞したり、常にひどく怯えていたり。

そもそも、犬は群れで生きる動物です。長時間の単独行動は犬の習性に合いません。特に子犬の頃からの長時間の留守番はオススメできません。

しかしどうしても留守番させる必要がある、という場合は少しずつ訓練して1匹で過ごす時間に慣れさせます。

子犬の留守番で準備すること

ゴールデンレトリバーの子犬
子犬も成犬も留守番で必要なことはほぼ同じです。しかし、子犬の場合は室内フリー(放し飼い)にするのはやめましょう。子犬は好奇心旺盛なため、自由に歩き回れると誤飲や誤食などの危険性が高いためです。

2階建て以上のお家だと階段を上っていってしまい、降りられなくなることもあります。短時間の留守番でも、サークルやケージに入れておきましょう。

こちらの動画では、生後2ヶ月の子犬が留守番している様子がわかります。途中で1人であることに気付いて寂しがる様子を見せますが、サークルの中でとてもおとなしくいい子で留守番していますね。

柴犬かえで 生後64日目 誰もいなくて寂しい・・・ 子犬

この動画のように2つのケージを繋げて、トイレと寝床(ベット)は分けて下さい。動画ではありませんが、寝床としてクレートをケージ内に入れておくとさらに良いですね。ただし、クレートそのものに長時間入れておくことは避けましょう。

退屈にならないよう、体の大きさにあったコングやおもちゃを置いてあげるのもおすすめです。この動画のような「ビジーバディ」というおもちゃも良いですね。

子犬の甘がみ予防や留守番の退屈しのぎ ビジーバディの使い方

さらに、ペットシッターさんに頼むと、留守番中も安心です。子犬は免疫力や体力がまだまだ弱いので、長時間の留守番になるようであれば、依頼するのもひとつの選択肢です。

散歩する犬

長時間の留守番が継続的に続く場合は、子犬にとってストレスも大きくなります。犬の保育園や幼稚園などに預けるなどして、子犬の社会化がきちんとできるようにしてあげましょう。寂しさもなくなるのでおすすめです。

この動画では、犬の幼稚園・保育園の1日がわかります。送迎もしてもらえますし、他の犬と遊べて寂しさもまぎれます。さらに、しつけもしてもらえるので子犬のうちは預けるのもひとつの手ですね。

『犬の幼稚園の1日を紹介しますっ。』

(まとめ)犬の留守番とストレス解消法

それでは、ここまでの話をまとめますね。

・犬の留守番は4時間が限界。それ以上はストレスになっているのでは?
・最も効果的な犬のストレス解消法は「散歩」
・十分に散歩をさせずに運動不足で、しかも基本的な躾ができていないのに、長時間の留守番‥。こういう飼い方をしていれば、ストレスで問題行動がでて当然
・2つのケージを繋げてトイレとベットは分ける。柵で囲って遊べるスペースも確保する(室内で放し飼いが理想)
・留守番トレーニングは必須
おもちゃやおやつは一時しのぎに過ぎない。すぐに飽きる。十分な散歩が必須。
・子犬に継続的に長時間の留守番をさせるのはNG!ペットシッターや犬の保育園を利用して!

記事内でも繰り返しお伝えしましたが、犬にとっては散歩は本当に重要です。散歩せずに運動不足であれば、他にどんな事をやっても犬のストレスは解消しないでしょう。

つまり、無駄吠えや食糞、家具の破壊などの問題行動が続く事になります。
散歩中の柴犬
例えるなら、ラーメン屋さんに行って、お金を払うつもりはないけどラーメンを食べたいと言っているようなものです。もしくは、給料を払うつもりは全くないけど、従業員を働かせようとするブラック企業のようなものです。

つまり、散歩は犬にとって絶対に必要なものなのです。犬を飼っていながら散歩を疎かにすることはあり得ない話なのです。

わんちゃんの心身の健康を守れるのは飼い主のあなただけです!しっかりと調べてくださいね。

※長時間の留守番を継続的にする場合は、ペットシッターやペットホテルの利用をお勧めします。わんちゃんのストレス解消に役立ちます。ペットシッターさんの選び方やペットホテルとの違い、料金の相場などは、こちらの記事も参考にしてください↓

犬の散歩・シッティング料金の相場や安全性は?心配な人向け体験談レポート

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ