わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

雑食だと思っていたポメラニアンにも実は食物アレルギーがあった!

ポメラニアン
私は30代女性で、夫と娘と愛犬の3人と1匹で暮らしです。我が家には、ポメラニアンの12歳のおばあちゃん犬がいます。

これは私がこのワンちゃんに合うドックフードを見つけるまでに、奮闘した中で経験した犬の食物アレルギーについてのお話です。

我が家のワンちゃんはウチに来て間もない頃、ドックフードが口に合わなかったため食が細い時期がありました。あまりにも食べないので、栄養失調になってしまうのではないかと心配でなりませんでした。

ワンちゃんの好きそうな食材を与えてみることにしました

そこで、ドックフードに何かワンちゃんの好きそうな食材を加えてあげれば少しは食が進むのではないかと思い、自分で調理した食材を加えてあげていました。

茹でてほぐした鳥ささみ肉、蒸かしたさつまいもや、カボチャ、ニンジン、キャベツなど様々な食材を試して与えていました。

ドックフードの食い付きは改善されませんでしたが、1つ発見した事がありました。それは、キャベツの芯の部分は喜んで食べるという事です。

キャベツの葉の部分はあまり食べたがらないのでキャベツの味が好きなのではなく、芯のシャキシャキっとした食感が好きなのではないかと思います。

食物アレルギーであることが分かりました

キャベツの芯を見せると、ふわふわのしっぽを激しくふって喜ぶ姿に気をよくした私は、シャキシャキ食感の食材を選んで、おやつにあげるようになりました。

ある日キュウリをおやつに与えたのですが、夜中にワンちゃんが嘔吐し更に軟便になってしまったのです。

何かの病気かもと心配になり翌朝、動物病院へ連れて行きました。すると、先生に「食物アレルギーですね」と言われたのです。

雑食だから何でも食べると思っていたワンちゃんにも食物アレルギーがあるのだと、そこで初めて知り大変驚きました。

ネットで犬の食事について調べるようになりました

幸い軽い嘔吐だったので、病院の先生からはドックフードだけを与えていれば2~3日で完治すると言われました。無知なばかりにワンちゃんに苦しい思いをさせてしまい、すごく反省しました。

これがきっかけで、ネットで犬の食事について調べるようになりました。犬の食事にも好ましくない原材料があることや、アレルギーが出やすい野菜のことを知ったのです。

それ以来、シャキシャキ食感だからといってむやみに色々な野菜を与えなくなりました。

ドックフード以外の食材を与えた後は様子をしっかり見てあげましょう

これらの体験から得た教訓ですが、ワンちゃんに野菜などを与えたいと思っている方は、市販のドックフードの原材料欄に書かれている野菜を試して与えることをお勧めします。

犬の食事を研究しているメーカーが原材料に使用している野菜なので、ある程度は安全ではあると思うからです。

しかし、中にはそれでもアレルギー症状が出てしまうワンちゃんもいると思うので、ドックフード以外の食材を与えた後は、アレルギー症状で良く見られる嘔吐や軟便、体を掻く・舐めまくるなどがないか様子を確認して下さい。

いろいろ試した中で好みの味が見つかりました

我が家のワンちゃんも、その後いろいろ試した中で好みの味のドックフードが見つかりました。

大好きなキャベツの芯と生のニンジンでモリモリ食べるようになったのです。

モリモリ食べすぎて、病院の検診でぽっちゃり体型を注意されてしまったくらいです(笑)

[合わせてよく読まれている記事]

愛犬が食物アレルギー?皮膚が赤い原因は?実際にアレルギー検査に行ってきた!

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ