わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

キャバリアキングチャールズスパニエルのお散歩の引っ張り癖

キャバリアキングチャールズスパニエル
私は、専業主婦をしている32歳の女性です。夫と4歳の息子、1歳の娘の4人家族と愛犬と暮らしています。

飼っている犬は3歳になるオスのキャバリアキングチャールズスパニエルです。

散歩の時にかなり強くリードを引っ張って飼い主よりも先を歩き、好き勝手に凄い力で道路に出てしまったり、かなり危険で本当にやめさせたくて困っていました。

リードを引っ張るようになったのは、愛犬がお散歩の楽しさを覚えた生後7ヶ月くらいの時です。

ハーネスをやめて首輪にしましたがなおりません

問題行動を解決する為に、まずハーネスを使うのをやめました。

かかりつけの動物病院で相談したところ、ハーネスだと引っ張っても痛みがないのでどんどん好きな方に行ってしまうとのことでした。

首輪にするとリードを少し弛ませた後にピッと引くと痛みを感じ、引っ張ったら痛いと学習するので引っ張らなくなるそうで、首輪にリードをつけるスタイルにしました。

しかし、教えていただいたようにリードを弛ませた後に強く引っ張ってもその時だけで、後はぐいぐい何ら変わらず引っ張られました。

引きが強すぎて首輪がちぎれてしまい愛犬が道路に…!

それどころか、引きが強すぎて首輪がちぎれてしまい、愛犬が道路に飛び出してしまいました。

運よく車が来ていなかったので、急いで追いかけて抱きかかえ大事に至りませんでしたが、今振り返ってもゾッとします。

その後、愛犬のお散歩仲間に相談をしてみると、鎖のリードと首輪が一体型になっているものが良いと進められて、近くのペットショップには販売されていなかったのでネットで購入しました。

絶対切れそうにないかなり太い1本の鎖で、先端に頑丈そうなフックがついているので鎖を愛犬の首に巻いて丁度の長さでフックで鎖にとめる形で使用します。

なかなか引き癖が治らず苦戦しました

鎖は切れる心配はありませんでしたが、とにかく重くて困りました。

9キロの愛犬が思いっきりリードを引っ張るだけで転倒しそうになるのに、鎖まで重くてお散歩は正直恐かったです。

鎖を引っ張ると愛犬も首が痛そうなのですが、それでもやはり引き癖はなかなか治りませんでした。

お散歩が大好きすぎて興奮して引っ張るので、待てと言って落ち着かせたりもしたのですが、全く引き癖が治らなかったのでしつけは失敗に終わりました。

お散歩中に話しかけると、こちらの顔をみるようになってきた!

最終的には、お散歩中に沢山話しかけるようにしました。どうしても無言で黙々と歩いてしまいがちだったのですが、名前を呼んだりダメと声をかけたり、通じないかもしれないけれどスキンシップをもっととるつもりで話しかけました。

お散歩時に話しかけるようになって1ヶ月くらい経つと、歩きながら愛犬が私の顔をみるようになってきたんです。

今までは好き勝手に行きたい方向に行っていたのに、「次は何を話してくれるのかな?」とでも言わんばかりにチラチラこちらを気にしてくれるようになりました。

この体験から、無理やり痛みや力で押さえ込むしつけの方法ではなく、愛犬の気持ちに寄り添って沢山スキンシップをとってあげることが大切なんだと気づかされました。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ