わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

ドックフードの保存環境が悪くて、異臭がして食べなくなりました。ごめんなさい!

コリー
私は40代後半の主婦、戸建ての家に子供二人と一緒に両親と住んでいる3世代同居で、昼間は近所のフードコートでパートとして働いています。

今年14歳になるオスのコリー犬は、広めの庭で悠々自適にのんびりしている毎日を過ごしています。

この犬が徐々にドッグフードの食いつきが悪くなったのは一昨年の夏のことでした。いつも食べさせていたのはドライフードで、カップ1杯を朝晩2回あげています。

老犬なので食欲がないのはしかたがない?

もう若くはない犬なので、食欲が落ちるのは仕方がないのか?とも思いましたが、日に日に食べる量が少なくなっていくので心配です。以前だったら、散歩から帰ってくるともらったドライフードは全部食べきる勢いだったのに、ぽつぽつと食べておしまい。

気が向くと、たまに食べるのですが、次のエサのタイミングにも全部食べきらないようになったのです。どうしたもんか?とエサをストックしている入れ物をキレイにしていたら、なんとなく「臭いが違う」と気が付きました。

お肉と野菜配合のドライフードなのですが、油っぽい臭いがするのです!そういえば、このドライフードを入れて置くプラスチックの容器は、散歩から帰ってきたらすぐにあげられるように縁側に置いてあります。

直射日光?でドックフードから異臭が

ここは、日中には日差しが当たるので、もしかして品質が悪くなってしまったのかもしれません。そこで、直ぐに同じドックフードを買い直すことにしました。別のものでは原因が解り辛いと思ったので、まったく同じドライフードを買ってみることに。

さっそく、新品を開封して与えるあっという間に完食。そう、日差しが強くて乾燥しているドライフードも熱にやられて品質がおかしくなっていたようなのです。

幸いにも下痢をしたりすることはなく、単に食が進まなかっただけなので助かりました。それからは格安特大サイズを購入するのは止めて、こまめに買い足す方針へと変更。日差しが絶対に当たらない場所に、ストック用の容器を移動させました。

人間の私でさえ感じるほどの異臭なのですから、犬にとってはさぞかし嫌な臭いだったことでしょう。いやいや、毎年「今年の暑さは異常」と思っていましたが、犬のエサにまで影響が及ぶとは考えてもいませんでした。

ドックフードにささみや野菜も混ぜてあげています。

人間もそういった時期には食中毒やらの気遣いが必須ですが、犬もそれなりに気を使わないと可哀想な思いをさせてしまうことになるのだと反省。

それ以降、夏のドライフードは量を少なめに加減して、茹でたキャベツやじゃがいもなどの野菜、さらに鶏のささみなどもあげるようにして、食欲が落ちない工夫を始めました。
食べられないって体力の低下に直結しますから。お年寄りなので今まで以上に労り、気遣おうと家族とも話しています。少しでも長生きして欲しいですからね。

[合わせてよく読まれている記事]

意外と知らない!ドライドッグフードの保存方法(酸化したフードの見分け方)

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ