わんたす|犬の健康とドックフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

犬のグレインアレルギーと牛肉アレルギーでドッグフードを替えました

パグ
現在は賃貸マンションに引っ越しましたが、以前は60代の両親と一緒に一戸建ての実家で暮らしながら犬を飼っていました。犬はそのまま今も実家で両親と暮らしています。

犬種はパグで、年齢は7歳の男の子、名前は「くんぞう」です。私が大学に入った頃、両親が里親募集に出ていたくんぞうを見つけ、飼うことになりました。家に来た時、彼は1歳でした。

くんぞうにアレルギーがあると気づいたのは、家に来て1か月ほど経ったときでした。最初は、ドックフードもよく食べて走り回り、元気でしたが、次第に肉球をかじる癖が出てきました。

肉球をかじるようになり、しかも脱毛が激しくなりました

最初はストレスかな?と思い散歩の回数を増やしたりしたのですが、その癖は治りません。さらに、体中を舐めたり、足が届く所を掻きむしったりするようになりました。それと同時に、毛もたくさん抜けるようになり脱毛が激しくなりました。

犬を初めて飼う私たちは、散歩中に草むらでノミやダニを付けてしまったのか?と心配になり、あまりにも痒がるので、病院に連れていくことになりました。アレルギー検査をしたところ、くんぞうに「小麦アレルギー」があると診断されたのでした。

私たちは、小麦を与えた記憶が全くなく、また、そもそも犬に食物アレルギーがあることを知りませんでした。

安いドックフードには、かさ増しのために小麦が多く入っている

獣医にエサに小麦が含まれている可能性があると指摘され、早速、家のドッグフードやおやつを確認すると、たしかに小麦が入っていました。

ソフトタイプの安いエサだと、かさましで小麦が入っていることがよくあるそうです。

私はすぐにグレインフリーのドッグフードを与えることにしましたが、味が好みでないのかあまり食べず、食事自体がストレスになっているようでした。

私たちはそのストレス対策として、噛める牛のひづめを与えました。しかし、後でわかるのですが、この対策が失敗でした。

ドッグフードを変えても、症状は良くなりません。そのため、またお医者さんに診てもらい、彼が持つ食物アレルギーをさらに詳しく検査してもらいました。

牛肉アレルギーもあることが判明!

すると、小麦だけでなく、牛肉にもアレルギーがあることが判明しました!私たちは、ストレス解消にと牛の蹄を与えていましたが、これがどうやらダメだったようです。

最終的に、くんぞう好みのグレインフリーのエサを見つけ、ひづめをはじめとするドッグフード以外のものは一切与えず、おやつも鶏ささみを茹でたものだけにすることで、アレルギー反応はようやく落ち着きました。

犬の食物アレルギーは、素人目ではすぐに判断できません。また症状が軽いと、さらにわかりずらいかと思います。

症状が軽いとわかりにくいですが、病院でアレルギー検査をオススメします

犬の行動1つ1つに目を光らせて、少しでも痒がったり、目の充血があれば病院でアレルギー検査してもらうことをおすすめします。

また、食物アレルギーに悩んでいる方は、なるべく犬の痒みによるストレスを発散させてあげて欲しいと思います。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ