わんたす|犬の健康とドックフードのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

アレルギー犬用の穀物不使用なちょっと高価なペットフードで対策

シェットランドシープドッグ
私は地方で小学校教師をしている30代女です。結婚前に実家で両親と同居していた時に飼っていた愛犬のアレルギーに悩まされていました。

我が家の愛犬はシェットランドシープドッグのメスで、アレルギーが発覚した当時は、生後2年たったころからでした。

現在は、もう8歳になりましたが、アレルギー対策を講じてからは、ひどいアレルギーに悩まされることはなくなっています。

ドックフードを食べた後、必ず嘔吐してました

アレルギーだと分かったきっかけになったのは、愛犬がえさを食べた後、かならず戻してしまうようになってからでした。食べていたものは、近所のスーパーに売っているようなドライフードが主です。

まれに、缶に入っている柔らかいタイプのウェットフードをあげていました。また、持病があって薬を飲んでいたので、薬をチーズにいれたり見えないように隠すために、リンゴを入れたりもしていました。

我が家の犬は、食べることがとても大好きなので、好き嫌いなく何でも食べましたが、食べた後にどうも自分の体に合わないものがあったようで、すぐに吐いてしまうようになりました。

だいたい、一番最初にリンゴが出てくるので、リンゴが体に合わないのかと思い、あげるのを控えるようにして、ペットフードがこれまでと同じものをあげていたのですが、これが失敗でした。後でわかったのですが、そもそもドックフードがあってなかったのです。

動物病院で食べ物アレルギーを指摘されました

その後もなかなか症状が改善されず、だんだんとあげていたもののうち、ドライペットフードを食べなくなりました。割合的にはドライを多くあげていたので、自分のエサ入れに食べたものは食べずに、私たちのご飯中に、ちょうだいちょうだいとせがんでくるようになってしまいました。

これではまずいと思ったので、病気の疑いもあり、動物病院に連れて行って調べてもらいました。そこでどこも悪いところは見つからないので、食べ物アレルギーがあるのでしょうと言われました。ほかにも皮膚に少しかゆみが見られてたことも指摘されました。

動物病院で言われた対策として、基本的に人間の食べ物は与えないということ、アレルギー犬用のドライフードを食べさせるといいということです。

穀物を使っていないもので、動物性たんぱく質が多く配合されているペットフードがアレルギー犬には良いということだったので、外国産(イギリス)のペットフード工場で作られているものをあげることにしました。

幼犬から成犬まで食べることができるので便利でしたし、これを与えてから、吐くこともなくなり、毎日元気に過ごしています。

人間の食べ物をあげないで、アレルギー対策されたフードをあげてます

我が家では、リンゴやチーズ以外にも、ついつい人間が食べるものを与えがちでしたが、それが良くなかったことは明らかだったので、やはり犬には犬用のドッグフードを与えることが一番だと思いました。

また、少々値段ははりますが、アレルギー対策が最初からされているものを与えてあげることは、愛犬の健康のためにもよいということが分かりました。

その後に飼った、別の犬には最初からそのアレルギー対策のペットフードをあげているので、吐いたり皮膚をかゆがったりということはありません。

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ