わんたす|犬の健康とドックフードのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

愛犬の食物アレルギー(穀物)は無添加の穀物フリーのドックフードで克服しました

フレンチブルドック
私は50歳の専業主婦で夫と2人暮らしをしています。飼っている犬はフレンチブルドックのオスで4歳です。

初めて犬を飼ってドッグフードは、ホームセンターに売っている安いドッグフードを与えればいいと安易に考えて与えていました。

しかし、1歳前ぐらいになった時に愛犬のお腹に赤い湿疹が出来て、足の肉球部分も赤くなっており、しきりに痒いのかずっと足を舐めていました。何か悪い病気にでも罹ったのではないかと思い急いで、動物病院に愛犬を連れて行きました。

すると獣医さんから、ドックフードはどんな物を与えているかを聞かれて、ホームセンターで飼った安いドッグフードを与えていると答えました。それ以外に何か与えているかを聞かれましたが、何も与えていない話をしました。

すると獣医さんから、ドッグフードによる食物アレルギーであることを告げられました。

安い市販のドックフードには穀物が多く含まれている

ドッグフードはどれでも同じだと思っていましたが、市販の安いドッグフードには犬がアレルギーを発症しやすい穀物が含まれていることを教えてもらいました。対策としては、ドッグフードをアレルギーが出にくいドッグフードに換えることと、湿疹が出た部分に塗り薬を処方されました。

ドッグフードは、動物病院で獣医さんから勧められた穀物フリーのドッグフードを購入して帰りました。それから、そのドッグフードを食べさせるようにしました。

ただし、湿疹が出た部分に薬を塗るのにとても苦労しました。愛犬が薬を塗られるのを嫌がり、夫に愛犬を抑えてもらい薬を塗っていました。そのため、私しかいない時には薬が塗ることが出来ませんでした。

とくに我が家の愛犬は、肉球を触られるのが嫌いでこの部分に薬を付ける時が一苦労でした。二度と愛犬に食物アレルギーを起こさせないために、ネットなどで調べて犬が食物アレルギーを起こす原因や対策を勉強しました。

犬が食物アレルギーを起こす原因と対策を勉強

ドッグフードも、動物病院で購入することにして与える物はアレルギーが出ないかを確認して与えるようにしました。おかげで、それ以来アレルギーは現在ま出ていません。

初めて犬を飼ったので、初めて知ることばかりでしたが、犬が何に対してアレルギーを起こしやすいかが分かりました。与える物によって犬は食物アレルギーを起こしてしまいます。

とくに、市販の安価のドッグフードは質が悪い物があるので今、愛犬のアレルギーで悩んでいる人はドッグフードの見直しをしてみることが大切だと思います。

愛犬に辛い思いをさせないためにも、犬にとってアレルギーが出にくい食べ物が何かを知っておく必要があります。

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ