わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

犬もジャンクフードより手作りおやつ、市販のドックフードはストップ!

トイプードル
我が家の愛犬はトイプードルの女の子、ポンちゃんと言います。私と夫が結婚してからすぐに飼い始めたので、今年で5才になります。私は30代の専業主婦、夫は会社員です。

子どものいない私達夫婦にとって、ポンちゃんは我が子のように可愛い存在です。ポンちゃんはもともと皮膚が荒れやすく、小さいころから常に体を掻きむしる癖がありました。

特に首周りがとても痒いらしく、頻繁にお風呂に入れてあげたり、ノミダニフィラリアのお薬も毎月欠かさず投与していました。しかし、年齢を重ねるとともに皮膚の炎症は悪化しているように感じました。あまりにも可哀想で、一度病院の先生にじっくりと相談してみました。

先生いわく、皮膚の湿疹の原因として考えられるのは、お風呂に入った際のシャンプーの洗い残し、もしくは食べ物のアレルギーが原因であることが多いと言われました。

まずは、市販のおやつをストップ!

この時ポンちゃんは2才、食べ物は犬用のものなら何でも、特に気にすることなく与えていました。アレルギーと言っても何のアレルギーかも分からないので、とりあえず市販のおやつを与えるのをストップしてみて下さいと言われました。

スーパーやペットショップに売っている市販のおやつには、添加物や保存料や小麦など、ワンちゃんにとって毒性の強い物やアレルギーがでやすいものが多く含まれており、それにアレルギー反応を起こすワンちゃんが多いそうなのです。

それ以来、市販のおやつを与えることは完全に止めました。最初こそ、大好物のジャーキーやチーズ、クッキーが食べられなくなったポンちゃんが可哀想でたまりませんでした。夫と二人、犬の手作りおやつの作り方を勉強して、ワンちゃんが食べても大丈夫な食材を、手を変え品を変え与えてみることにしました。

皮膚がキレイになりました

すると、みるみるうちにポンちゃんの皮膚が綺麗になっていきました。掻きむしって、ひどい時には毛が抜けてしまっていた首元もすっかり、新しい毛が生えてきているではありませんか!

おまけにポンちゃんは市販のおやつより、手作りのおやつの方が食いつきが良いのです。これには夫と二人、大喜びしました。確かに毎度毎度手作りするのは大変ですし、保存料なども使っていないので長持ちしません。

頻繁に作らなければならないのは面倒ではありますが、何よりも愛犬の健康な姿が一番嬉しいです。

保存料や着色料よりも自然のもの

私も軽度のアトピーがあるので、体の痒いことのストレスや苦痛は痛いほど分かります。ポンちゃんが何度も何度も体を掻きむしる姿を見るより、少しくらい手のかかるおやつを作った方がずっといいです。

もし、愛犬が異常なほど体を掻きむしっていたり、皮膚におかしなところがあったら、まずは病院に行ってください。そのうえでもし、原因が分からなかったり、改善しないようなら、市販のおやつから手作りのおやつに変えてみることをお勧めします。

犬も人間と同じ、着色料や保存料がたくさん入ったものを食べるより、自然のものを食べる方が体にいいのは当たり前ですから、手作りおやつ、とってもお勧めです。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ