わんたす|犬の健康とドックフードのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

犬だから肉にアレルギーがあると思ってませんでした。ドックフードの牛肉入りに反応します

マルチーズ
我が家は現在、夫と私、1歳と0歳の娘が一緒に住んでいます。犬は、マルチーズで年齢は2歳のオスです。我が家のマルチーズのフードアレルギーに気づいたのは、マルチーズが1歳になってすぐでした。

生後3ヶ月の時にペットショップで購入したマルチーズは、普通よりも小さく、ペットショップでも予定よりも早く産まれた子だと聞きました。ですので、食事は1歳が過ぎるまでは固形のものは避け、ジャーキーなどのおやつもあげていませんでした。

そして、1歳が過ぎた頃に、サイズも一人前になり問題ないと判断して、ビーフジャーキーを上げたところ、すぐに手足の痙攣が始まり、驚いて病院に連れて行くと、毛をかき分けてみると皮膚に帯状疱疹のようにボツボツができていました。

検査をしたら、牛肉アレルギーが陽性でした

お医者さんにはすぐに、牛肉のアレルギーを疑われ、検査をされました。検査結果は陽性でしたが、比較的弱いアレルギーのようでした。しかし、犬ですので、肉のアレルギーなんて…と思っていたわたしたちは、ジャーキーこそ食べさせなかったものの、それからはアレルギーのことを気にすることなく、一般の市販のドックフードを購入していました。

すると、ある日また同じような痙攣が起こり、その日に食べたドックフード缶を見てみると、牛肉がメインのもののようでした。すぐにドックフード缶をもって病院にいくと、もう一度検査をされて、前よりも強いアレルギー反応を起こしていることが分かりました。

おそらく他のドックフードにも牛肉は入っていたのですが、そこまで多くなかったために、あまり反応が出なかったのだと言われました。

そして、痙攣した時に食べたドックフード缶が、いただきものだったのですが、今まで食べたことがないもので、牛肉メインになっていたために反応が強く出たのだと診断されました。

アレルギー対応のドックフードをネットで購入

それから、半年くらいはアレルギー対応のドックフードをインターネットなどで購入して対策をし、ここ最近は徐々に牛肉が少なめの市販のものも試してみるようにしてきました。

現在ではあまり大きなアレルギー反応はありませんし、定期的に検診にもかかることで対策をしています。

犬といえど、人間と同じようなアレルギーがあるということを教えてもらいました。わたしは犬だから肉なら大丈夫だろうと思っていましたが、人間と同じように特に小さく生まれた子には、健康そうに育っていても気をつけてあげるべき部分は多いのだと教えられました。

サイトマップ