わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

やっと、愛犬は鶏肉アレルギーだとわかった!

ジャーマンシェパード
私は13歳のジャーマンシェパードの女の子を飼っている30代の専業主婦です。元は義弟の犬でしたが、面倒を見れないという理由で10歳で我が家に来ました。

うちに来る前からよくお腹を壊したり、体や耳を掻きむしり、酷い時は一部の毛が抜けてしまったり、耳は耳垢でふさがり掻くため出血したりする事が多々あったようです。義弟はストレス、食べ物、シャンプー液が原因でいろいろ試したようですが、改善は見られなかったと言っていました。

家に来てからは、ドックフードは獣医の勧めるものを与え、シャンプーもオーガニックの物に変更したりしました。少し改善は見られましたが、完治することがなかったので、獣医には年齢によるものであると言われてしまいました。

鶏肉中心の手作りフードを与えました

その後、犬を飼う友人に手作りごはんを勧められ、はじめる事にしました。友人がレシピをくれたのでそれを参考にしました。レシピは鶏肉が主に中心でした。

手作りご飯を始めたその夜に、我が家にきてからはじめて下痢をし、夜中に何度もトイレに連れ出さなくてはいけない状態でした。その日は初めての手作りご飯だったため、犬の体が対応できず下痢は一時的なものだろうと思い、数日続けて様子を見ることにしました。

数日後、犬も鶏肉ばかりでは飽きるだろうと思い、牛肉に替えたところ、下痢が止まりました。ここであれっ?と疑問に思い、次の日に鶏肉を与えると、また下痢がはじまりました。ここで、愛犬が鶏肉アレルギーであることが判明したのです。

今までのアレルギー症状がピタリと無くなりました!

ここからは、鶏肉を与えることを一斉止めました。下痢はおろか、今までのアレルギー症状が信じられないほどピタリと無くなりました。今までの苦労は何だったのでしょう!完全に症状がおさまったのです。

なるべく手作りでと思いつつも、時間が無いとき用にドックフードも欲しいと思い探しはじめました。すると、今まで気づきませんでしたが、ドックフードには色々なものが入っていますね。穀物、肉(鶏、牛やその他)、添加物、ここには書ききれないほどです。

あまりにも色々なものが入りすぎて、愛犬の体に本当によいものなのか疑問が湧いてしまい、結局ドックフードには戻らず、手作りのご飯を与えています。犬のアレルギーを断定するのはとても難しいと思いますが、食べ物のアレルギーであれば、原因であるそれを排除することで抑えることができます。

ドックフードにはビタミンも入っています

今回の私の愛犬のように、一度食べさせているドックフードを辞め、手作りご飯にすることで、何のアレルギーを持つのか見つけることができるかもしれません。ただし、ドックフードには愛犬の必要なビタミンやミネラルも含まれています。

手作りご飯に変更した場合は、獣医師に相談のうえ、サプリメントなどで不足しがちな栄養を補うようにする事もお勧めします。

 

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ