わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

歯茎が痛い?ドライドックフードを食べてくれない14歳になった我が子との向き合い方

ミニチュアピンシャー
私は昨年、結婚をして長いこと暮らしていた実家を出て、今では自分の家と実家を行き来している30歳女です。

愛犬は実家で暮らしています。うちの子はミニチュアピンシャーの14歳の女の子です。

14年間一緒に暮らした愛犬と離れる事は、両親と離れるのと同じくらいつらい事でした。

愛犬が突然ドライフードを食べなくなった!

愛犬は、12歳をすぎたころから歯が悪くなり、ドライフードを食べなくなってしまいました。

どうやら硬い物を噛むと、歯か歯茎が傷むらしく、ドライフードを口に運んでも噛まずにゴクンと飲み込んでいたように見えます。

同じく乾燥したお肉や、おやつのクッキーのようなものも同じ理由で食べなくなってしまいました。ドライフードは多少お値段が張っても、無添加で良質なものを選んで購入していました。

最初は食べっぷりも良く、食事に関してはすっかり油断していたのでどうしたものか…と悩みました。

正直添加物が気になり、辿り着いたのは

私はまず最初に、ドライフードにお湯を入れふやかして与えてみたのですが、最初のうちは一生懸命食べてくれましたが、そのうち嫌な顔をしてしぶしぶ食べるようになりました。

このごろ足腰も弱り散歩も長くは出来ず、そんな中で楽しみの1つであろう食事が嬉しそうでないのは、なんとも心が痛みました。

そこで、缶詰のウェットフードのお肉などを混ぜて与えてみると、まあまあ良く食べるようになったので。しかし、正直添加物が気になっていました…。

以前、肝臓が悪く病院にかかっていたこともあったため正直心配でした。しかも毎日食べるものなので、どうにかならないかとあれこれ調べました。そこでたどり着いたのが手づくりのごはんです。やはり原材料が分かるののは安心です。

鶏肉と野菜を鍋で煮るだけで食いつきが違う!

初めて作ったのは、鶏肉とブロッコリーとかぼちゃをお鍋でぐつぐつ煮たものです。嬉しくて大笑いしてしまうほどガツガツ食べてくれ、すごい食いつきでした。笑

最近では見られなかった最後にごはんの容器をなめる「あ~美味しかった」のしぐさも見れて、私自身も幸せでした。

最近は、固形の肉を細かくしやすいように圧力鍋で作っています。なんだか面倒くさそうですが、買ってきた肉と野菜をぼこぼこと鍋に入れて、圧力をかけほっておくだけなので簡単です。

更に多めに作っておき冷凍するととても便利です。鶏肉、牛肉、鹿肉などを煮ています。もちろん、市販の物も上手に使って手抜きをしつつ、世界で1番幸せな子だったと胸を張って言えるように、これからも一緒に歩んでいきたいです。

[合わせてよく読まれている記事]

【調査結果】犬の手作りごはんレシピの75%以上が栄養不足!手作り食の危険性とは?

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ