わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

食べないボルゾイには缶詰とドライと手作りのミックスで対応

ボルゾイ
私はリカーショップ勤務の30代男性です。実家には数年前までペットとしてボルゾイがおりました。そのボルゾイ、実は親戚の知り合いが引越し先の事情からどうしても一緒に暮らせなくなってしまったとのことで、実家へと貰われてきたのです。

当時は3歳から4歳くらいのオスで、成犬のボルゾイの体型にまで成長しており、最初みたときはびっくりしたのを覚えています。当時の家族構成は父と母、そして姉と私の4人家族、親は自営業なので常に家にいてボルゾイと一緒に過ごせる環境です(それが家へと貰われてきた大きな理由のひとつでもあります)。

何分、犬を飼うのは久しぶり、さらに大型犬は初めてということから室内で飼うのは多少抵抗がありました。そこでリビング横の土間が丁度いいスペースとなり、寂しくないとのことで、そこがボルゾイの定位置となりました。

今まで食べていたドライフードを全く食べません

食事に関しては、親戚の知り合いの方が常に与えていたドライフードが中心です。比較的ヘルシー志向のドライフードで、海外メーカーのものですがホームセンターなどでも気軽に購入できるものです。

しかし与えてみたところ、クンクンとニオイは嗅ぐものの、まったく口をつけようとしない。初めは(3歳から4歳くらい)、家に貰われてきたという寂しさから、ショックを受けていると考えていました。

しかし、環境が変わって嗜好が変わったのか、どうやらお気に召さないご様子で「これ違いますよ」て視線で訴えてくるではありませんか。

ただ、我々が食べているオカズの残り物やジャーキーやサツマイモなど、おやつに関しては、喰いつきが良好なので食欲がないという訳ではなさそうです。

缶詰やウェット系フードは食べることが判明

そこで、ドッグフードを変更することに乗り出します。ドライはカタめなのでソフトタイプを手始めに、ちょろちょろっと食べますがこれもイマイチ、次に半生系のフードも同じようなリアクションです。

そしてウェット系を与えると、やっとのこと普通に食べてくれることに、その姿にひとまず安堵です。あと缶詰もOKでこちらも喰いつきがよく、大型犬ならではなのかガツガツ食べてくれました。

ただ、これだと月々のコストが掛かりすぎるのと栄養面のカバーはドライフードっていうイメージがあるため、ウェットや缶詰の量を減らし、ドライフードの上にトッピングして与えていました。

これだと缶詰の味がドライにしみ込んでおいしくなったり、柔らかく食べやすくなるのでしょう、初期に編み出したベストの形です。ガツガツ美味しそうに食べてました。

高齢になってからは手作りフードとのミックス

晩年になると健康面を気にして、手作りフードをトッピングする方法に切り替えました。余った野菜などを煮込むだけの簡単フードです。

鶏肉などを少しだけ入れてみるのも良い方法で、出汁が出て味わいが一気に増すようです。このフードはスープでドライフードもひたひたにできるのがポイント、ウェット系の効果を上回ります。

面白いことに、晩年は来た当時食べなかった半生タイプやソフトタイプも食べるようになったのは、我が家の一員となっていた証でしょうか。

最近の犬っておいしいものを食べてるんで、味気なくカタいドライフードは敬遠する傾向かも、そうなった時は手作りフードが最も近道な方法かと思います。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ