わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

12歳の老犬ポメラニアンでも、無駄吠えや甘噛みはしつければ何歳の犬でも問題行動は改善される

ポメラニアン
私は30代の主婦で、夫と娘とワンちゃん1匹と同居しています。飼っているのは12歳のポメラニアンのおばあちゃん犬です。

うちの子はペットショップなどで購入したのではなく、主人の知人が病気になり飼えなくなったとのことで、2歳の時に我が家にやってきました。

私たち夫婦は犬好きだったのですが、住居の関係でこれまで犬を飼うことができず、ペット可のマンションに引越ししたことでようやく犬を飼うことができました。

我が家にやってきた白いふわふわのわたあめのような白ポメちゃんは、それはそれはやんちゃな子でした。

沢山の問題行動の中でも特に無駄吠えがひどかった

問題行動としては無駄吠えや家具を甘噛みしたり、台所に侵入してゴミをあさるなど多々ありました。

前の飼い主さんは子供のいないご夫婦だったので、しつけなどはいっさいせず甘やかして飼っていたそうです。

特に無駄吠えはひどく、外で物音がしたりチャイムがなるなどすると、疲れるまで永遠に吠えていました。

『静かに!』と注意してもまったく吠えるのをやめない子でした。ペット可のマンションであっても、さすがにご近所からクレームがくるのではないかと毎日ひやひやして過ごしていました。

躾を諦めかけていた時に半信半疑で見たTV番組がきっかけでした

私達夫婦は、赤ちゃん犬の時からしつけていないともうしつけは通用しないのではないかと半分諦めていました。

しかし、某テレビ番組のおかげで問題行動を改善することができたのです。

新聞のテレビ欄を何気なく見ていた時に、『問題行動のワンちゃんが生まれ変わった!』という文章を観て半信半疑でその番組を観ました。

番組の内容は凄腕ドッグトレーナーが問題行動を起こすワンちゃんをしつけるというのものでした。

悪いことをすると嫌な音が鳴ると認識させる

準備するものは空き缶に小石などを入れたものを数本、犬のゲージ近くに紐で吊るしておくだけでした。

そして、無駄吠えやごみあさりなどの問題行動をしたら、隣の部屋で隠れているドッグトレーナーが紐を緩めて空き缶を落とし、その音でワンちゃんをびっくりさせるというしつけ方法でした。

このしつけを数回繰り返すと、悪いことをすると嫌な音が鳴るとワンちゃんが認識し問題行動を起こさなくなるのだそうです。

藁をも掴む思いで実践しました

ウチの子と同じような問題行動を起こすワンちゃんが、わずか30分のしつけで良い子になったのです!

そんな姿を観て、私達夫婦は藁をも掴む思いでこのしつけ方法を実践してみることにしました。

主人が出かけたふりをして隣の部屋に隠れ、紐を操作する係になり1週間ほどかけてしつけをししました。

すると、今までの行動が嘘のように無駄吠え・ごみあさりの問題行動をしなくなったのです。

叱るタイミングに気をつけよう

また、この番組を通して犬のしつけに関して気づかされ、学んだことがあります。それはワンちゃんが問題行動を起こしたら、すぐにその場で叱るということです。

これまで私はワンちゃんが問題行動を起こした後、しばらくしてから注意や怒ったりしていたのです。

ドッグトレーナーいわく、人間の言葉が100%理解できるわけではないので、悪いことをしてしばらくして叱っても、ワンちゃんは何に対して言われているのか分からないので効果がないとのことでした。

言われてみればそうだなと納得し、それ以後は叱るタイミングに気をつけました。

※犬の無駄吠えや唸りに困っている方は、こちらの記事もご覧下さい

犬が「う~」と唸る理由と100人に聞いた効果のあったしつけ法

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ