わんたす|無添加ドッグフードと犬の健康のお悩み解決

無添加ドッグフードと犬の健康のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし

ミニチュアピンシャーが食べないのは嫌いな味だっただけ

ミニチュアピンシャー
私は30代女性で、スポーツ系のインストラクターをしています。

現在は、夫と犬と2人と1匹で暮らしています。飼っている犬種は、ミニチュアピンシャーの7歳の男の子です。

どうしても二人とも面倒が見られない時には、義実家に預けています。そこには義父母と義祖母がいて愛犬のことをとても可愛がってくれています。

そんな我が家の愛犬が突然、フードを食べなくなったのです!

トッピングをかけたり工夫しましたが

あれは愛犬が3歳頃のことです。食べなくなったフードはネット通販で買ったもので、ラム肉のドッグフードです。

食べなくなった理由は、最初はわからなかったのですが、結果的にラムの味が嫌いだからということがわかりました。

食べなくなってしたことは、まずはトッピングをかけることでした。犬用のふりかけや鰹節をかけてみたり、野菜を一緒にあげてみたりミルクをかけてあげたこともあります。

しかし、どれをしてもドッグフードだけを残していました。

何日も食べずにいたので心配でした

何日も食べずにいたのでこれはかわいそうだと思い、試しにチキン味のドッグフードを混ぜてあげるようになりました。

すると、少し味が薄れて食べやすいのか食べてくれるようになりました。それでも全部食べきることはなく、1食分を満足に食べてくれることはなかったです。

最終的には、ラムのドッグフードを変えることで解決しました。1週間はラムのドックフードを食べさせようと頑張っていましたが。

次の週末にお気に入りのチキンのドッグフードにしたところ、何事もなかったように食べられるようになったのです!

チキンに変えることにより食べさせることに成功しました

成功した理由は明らかで、味がチキンに切り替わった途端、食べられるようになりました。

あの頃はどんな味が好きなかを探している最中だったので、色々な味を試しました。中でも魚などの魚介系とチキンがお気に入りのようです。

ラムはダメだとわかったので、あれ以来買ってはいませんが、チキンや魚系だと3kgの袋を買っても最後まで飽きずに食べてくれます。

意外にも味にうるさいワンコだということがわかりました。

犬にも好き嫌いがあるということ

この体験から得た教訓は、犬にも好き嫌いがあるということです。死んでしまうのでは?というほど何日も食べなかったので、本当に嫌いなんだということがわかりました。

わがままを許していいのか最初は迷いましたが、人間にも好き嫌いがあるように犬にもあっても仕方ないか!と思うようになりました。

結果、好きな味に戻してあげたらいつも通り食べられるようになったのです。ドッグフードを食べない時には、その原因を一緒に探ってあげることが大切だと思います。

今でも時々味に飽きると食べなくなるので、その時はどうしたら食べてくれるかということを一緒に探すようにしています。

[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓
売れ残った犬はどうなるの?

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

迷ったらコレ!おすすめランキング

タニタ会長プロデュース・無添加ドッグフード

[特集記事]

売れ残った犬はどうなるの? 市販のドッグフードは危険

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ