わんたす|犬の健康とドックフードのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

今までは無水調理のナチュラルドッグフードを与えていました。食べず嫌いのわんこのドッグフード選び

マルチーズ
私は現在、アメリカで夫とわんこの2人+1匹の3人暮らしの40代会社員です。生後3か月の時に飼ったオスのマルチーズが今ではもう11歳です。

以前は、トリマーさんに勧められたドイツ製で無水調理のナチュラルドッグフード(成犬アダルト用チキン味)を与えていましたが、7年前、アメリカへ移住したのをきっかけで購入できなくなり、やむを得ず切り替えました。

無水調理のナチュラルドッグフードはドライフードほどの固さもなく、喜んで食べていたので、購入できなくなったことはかなりの痛手でした。そもそも、ドライドッグフードを嫌い、断固として食べない時もあったので、いろいろな種類を試したり、ウェットフードを混ぜてみたりと試行錯誤することとなり、かなりドッグフードを試しました。

フードはネットのクチコミやレビューを参考にしますが、実際に購入しないとわかりません

選ぶときには、インターネットの口コミやレビューを参考にし、オーガニックのものを選びました。食べてくれるものを見つけても、数日後には飽きて食べなくなってしまうので、その度にまたドッグフード探しの日々が続きます。

超高級なフリーズドライのドッグフードは目の色を変えて食べていましたが、さすがにお財布に優しくないので、断念せざるを得ませんでした。また、ウェットドッグフードをドライフードに混ぜることも幾度も試しましたが、犬を連れて旅行することが多く、旅行の時にウェットフードを与えにくいので、こちらのアイディアも断念しました。

最終的に、3ブランドのドッグフードを合計7種類買い揃え、曜日ごとに毎日違う味を与えることで落ち着きました。いずれもアメリカ産のオーガニックのもので、フィッシュ味、チキン味、ラム&アップル味、グレインフリー、ターキー味、スイートポテト味と多種多様に揃えました。

オーガニックと謳っていても、良い原材料とは限りません

愛犬が食べてくれることが最も重要ですが、やはり長生きして欲しいので、健康に良いものを選びたいですね。数多くのドッグフードが出回っている昨今で、嘘偽りなくオーガニックの商品を探すことは大変困難です。

特にアメリカではケージフリーなど、あいまいな言葉でオーガニックと謳っていても必ずしも良い材料を使っているとは限りません。インターネットの口コミやレビューだけではなく、ペットフード業界のニュースや投稿にも気を付けて注目する必要があると思います。

ちなみに、うちの子にはおやつは添加物のないフリーズドライのスイートポテトと、関節用サプリメントを与えています。

安全・安心なドックフードを与えてあげてください

よく、食べない子におやつを与えるとドッグフードを食べなくなるので、甘やかさない方がいいという意見もあります。しかし、体に良いものを選んで、しっかり運動や食べる量を管理してあげることで愛犬も食べるようになると思います。

ぜひ、時間をかけていろいろな情報網を活用し、安全かつ安心なドッグフードやおやつを試行錯誤して探してあげてください。

サイトマップ