わんたす|犬の健康とドックフードのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

「安いドックフードは嫌だワン!」手作りフードとウェットフードなら完食

フレンチブルドック
私は、医療関係の職場でパートで働いている30代女性です。3歳と6歳の子どもと主人との4人で暮らしていて、春にはもう一人家族が増える予定です。

我が家でもう一人(一匹)、一緒に住んでいるのが、この前8歳の誕生日を迎えたばかりのオスのフレンチブルドックです。結婚前から飼い始め、子どもたちよりも長い付き合いです。

飼い始めた頃から市販のドライタイプのドックフードを与えてきました。

そんな彼がエサを食べなくなったのは、去年引っ越しを機にこれまで購入していたドックフードが近くで手に入らず、他のドックフードに変えてからのことです。

手作りドックフードで完食

種類を変えるついでに、ワンちゃんには申し訳いと思いながらも、ドックフードのランクを下げて安いものにすることにしました。

すると、やっぱり安いドックフードは美味しくないのか、なかなか食べようとしないワンちゃん。しばらくエサを与えてもすぐには食べず、ずっとお皿に残ったままでした。

結局、彼が空腹に負けてエサを食べるまで待つ、という強硬手段に打ってでました。ただそれだと、1日にどれだけ食べたのか、果たしてエサは足りているのか、それに健康面はどうなんだろうという不安と疑問がありました。

それからしばらくして、エサに味付け前の人間の食事をのせてみました。(考えてみれば手作りドックフードですね。)ゆで卵や、味付け前の味噌汁の具などです。びっくりするぐらいすぐに完食してくれるようになりました。

ドライフードの上に缶詰のウェットをかけるとすぐに食べる

ペットホテルに預ける際は、ドックフードの上にウェットタイプの缶詰のドックフードをかけてもらいました。すると、すぐに食べてくれたそうです。

やっぱり犬でも新鮮な食事の方が美味しいと感じるんだな、と思った瞬間でした。ただ、毎回(1日2回、朝・夕に与えています)手作りを与えることは難しく、結局はドックフードのランクを一つ上のタイプに変更しました。

そちらに変えてからは、味が好みなのか以前に比べ、ドックフードだけでも進んで食べるようになってくれています。

飼い主の負担にならないペースで手作りごはん

問題は味を知ってからのワンちゃんの対応です。手作りドックフードの美味しさに目覚めてからは、特にわたしたちがご飯を食べているときの「おいらにもご飯くれ!」アピールが強くなっています。

人がずっとレトルトを食べているよりも、出来立ての手作り料理の方が美味しくて体にいいように、犬も一緒でレトルトのドライフードよりもウェットタイプが美味しいのです。

健康面を考えれば、手作りのドックフードを与えるのが一番ですが…。飼い主の負担にならないペースで作ってあげると、犬も飼い主も両方ハッピーで過ごせるのではないでしょうか。

サイトマップ