わんたす|犬の健康とドッグフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

食べない11歳高齢の柴犬に缶詰を与えるようにしたら‥

柴犬
私は、パートで受付業務をしている51歳女性です。4人家族で子供が2人と主人と暮らしていましたが、今は子供たちが巣立っていったので私と主人の2人暮らしです。

飼っているのは柴犬で、12歳の雌です。食べなくなってしまったドッグフードはどこのドラッグストアでも販売しているもので、ドライタイプです。

原料はあまりよく覚えていませんが、チキンミールが主で国産小魚やビタミンが入っていたと思います。

食べなくなってしまったのは今年の春先で、誕生日前だったので愛犬が11歳の頃です。

人間の食べ物を与えた結果

なぜ急に食べなくなってしまったのかというと、もともとカリカリタイプのドッグフードが好きではなく、よく人間のものを与えていました。

当然、人間のおかずのほうが味が付いているし美味しいので、いつのころからかドックフードをほとんど欲しがらなくなってしまったのです。

しかし、だからと言ってドッグフードを何も上げないというのも健康上良くないと思い、1日の規定量の半分以下にしてあげて、食べたら人間のものをちくわとか胸肉をあげていました。

ですが、人間のものって脂が多く含まれているからなのか、段々便が緩くなり、最後には下痢になってしまい漏らすようになったのです。

軟便や下痢など便が緩い状態が続きました

すぐに治るだろうと思ってそのままあげ続けていましたが、しばらく経っても全然治らなかったので結局病院に行くことになりました。

病院に行って下痢止めと病院食のドライフードをもらって食べさせました。しかし、それがよほどまずかったのか、唸り声をあげてなかなか食べてくれません。

なので、薬で下痢が治った際に、ほぼ手作りにして野菜と胸肉を細かく刻んでスープを少しとカリカリを入れて食べさせてみました。しかし、カリカリだけ食べなくて結局便が緩い状態になり、すっきり治りませんでした。

缶を開けたとたんに完食!

結局、もう一度病院に行って先生に相談したところ、ドライフードが嫌いなようだから缶詰フードにしてみましょうということでした。

缶詰フードは下痢を直したり、ダイエット効果のある脂肪分のない肉と野菜の入ったものでした。

これなら野菜もあるし、脂肪分ゼロなのでいい便が出るようになると言われ、帰ってから早速あたえてみると、缶を開けたとたんに完食したのです!

それから段々と便も普通に戻って行ったので、とても安心しました。

我流でやるよりプロの意見を取り入れることが一番

やはり脂肪分ゼロということと、ドライフードではない点が良かったのではないかと思います。

それと高齢であるから段々と腸が脂分に耐えられなかったところに、脂肪分がないものを与えたのが良かったのだと思います。

どうしても食べないようなら、かかりつけの獣医さんに相談するのが一番の解決だと思います。

逆に相談に乗ってくれないような病院であるならば転院したほうが良いのかもと思います。一人で我流でやるよりプロの意見を取り入れるのが一番です。

[合わせてよく読まれている記事]

初めての缶詰選び。安全・安心な缶詰ウェットフードとは?

7歳以上の高齢犬に与えるドッグフード選び3つのポイント

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ