わんたす|犬の健康とドックフードとしつけのお悩み解決

犬のお悩み解決!安全・安心なわんちゃんの暮らし・わんわんお助け隊

老犬への食のひと工夫。食べないときは‥

ミニチュアダックスフント
私は30代の会社員です。現在、実家暮らしで両親と同居をしており、犬を1匹飼っております。母が昔から犬好きで、今の住まいに引っ越してきたのを機に飼った愛犬です。

ミニチュアダックスフントで12歳になるメスです。家族の一員として我が家の全員が可愛がっており、なくてはならない存在です。

でも、10歳を過ぎて12歳になった頃から、食が細くなってきました。元々は何でもよく食べる食欲旺盛な犬でしたので、食べる量が減ってきたのを見て、高齢というものを一気に感じるようになりました。本当に寂しかったです。

高齢犬用のフードは食べなかった

今まで食べていたドックフードはドライフードでした。夏場などはそこに牛乳を入れたりして、食べやすいようにして与えていました。12歳になってから、それをあまり好まないのか、食べなくなってきたので、まずは高齢犬用のドックフードに変えてみることにしたのです。

それがうちの愛犬には合っていなかったようで、今までと味が急に変わってしまったからなのか、ますます食べなくなってしまいました。我が家にとってそれは一大事で、これで寿命が縮まるのではないかと、当時とても心配だったことを思い出します。人間のように何が嫌なのか、話してくれればどんなに楽だろうと思いました。

家族で話し合った結果、やはり今まで食べなれた味のドックフードは変えずに、それをベースに何か足していこうということになりました。

鶏肉のささみが気に入った!

うちの母が、昔飼っていた犬が、老犬になったときに鶏肉ささ身を好んで食べたことを思い出したようで、我が家は、今まで食べていたドライフードのドックフードを量を減らし、牛乳とそこに細かく割いた鶏肉のささ身を加えてみたのです。

やはり、香りも良いのか、愛犬は今までの食が細くなったのが嘘かのように食べるようになりました!たまに味のバリエーションを変えたいときはチーズを加えてみたりすると、さらに喜んで食べてくれました。

その時は家族全員が本当に嬉しかったです。12歳にもなると、いつまでも一緒にいられるわけではないことも現実となってきますし、少しでも長く生きて欲しいと願います。食欲というものがあるだけで、その不安が大きく拭われたように思います。

食べ慣れたドックフードを変えるのではなく‥

うちの場合ですが、ドックフードを食べなくなったのは老いも関係していると思いますが、急に高齢犬用のものに変えても駄目でした。

今までのドックフードをベースに、鶏肉やチーズを加えてみたところ、慣れた味がベースだったおかげなのかまたよく食べてくれるようになりました。

違うものに変える前に一度、今までのものにプラスしてみることも試してみる価値はあると思います。

 
[特集記事]
あなたに、この悲しい現実を知って欲しくて、記事にしました。ぜひご覧下さい↓

【NHKが報道】売れ残った犬はどうなるの?実際に店員さんに聞いてみた!【ペットショップ】

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ


 

サイトマップ

下の「いいね!」をクリックしてね!わんたすからの最新情報が届くよ